トイレや洗面所、キッチン、浴室、エアコンなど、住宅の様々な場所で起こる水漏れ

いざ起こると焦ってしまうものですよね。

 

すぐに直して欲しいけれど、修理にお金がかかりそうで心配!

どんな保険に入っていれば修理費用を肩代わりしてもらえるの?

 

そんな不安や疑問を持つ方のために、火災保険等を活用したおすすめの対処法をお伝えしていきます。

後半で、応急処置や注意点についても業者視点で解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

修理費用への保険適用

たとえば、賃貸で水漏れの原因が設備の劣化なら管理会社や大家さんに費用を請求できます。

 

しかし、戸建ての場合、どのくらいかかるのかも分からないままに業者に頼むのは不安ですよね。

適用できる可能性がある保険をご紹介します。

火災保険は適用できるか

一見「火災」と「水漏れ」が結びつかないかもしれませんが、多くの火災保険が台風や洪水、落雷といった、地震以外の幅広い「災害」に対応しています。

 

そのため、原因によっては水漏れにも火災保険が適用される場合があります。

 

<火災保険でカバーされる被害原因の分類>

被害の原因 被害の結果(例)
火災、落雷、破裂・爆発 火災による建物の損傷、落雷による家電故障
風災、雹災(ひょうさい)、雪災 台風や雹による建物や家財の損傷
水災 洪水による建物や家財の浸水
水濡れ、盗難など 泥棒による建物の損傷や家財の盗難
破損、汚損など 日常的な建物や家具家電の損傷

※保険会社によって多少区分の異なる場合があります。

 

保険会社によって最低限のプランでカバーしている被害原因が異なりますが、通常、表の火災〜水災くらいまではカバーされています。(「スリムプラン」などの名称が付いたプランでは、より被害原因が限定されている場合もありますので、ご確認ください)

 

落雷や雪といった自然現象だけでなく、盗難までカバーしている火災保険のプランがあるのは知らなかった人も多いのではないでしょうか?

 

火災保険では、「家電が濡れて壊れた」「壁紙が濡れて剥がれた」といった被害の結果でなく、「被害の原因が強風なのか雪なのか水害なのか」といった被害の原因に着目して保険金が下りるかどうか判断されます

 

そのため、加入しているプランが重要になってくるのです。

原因不明の水漏れ

 

壁が濡れている、しみができているなど、ぱっと見それだけで原因がわからない場合は、もしかすると暴風雨などが原因で、火災保険が適用できる雨漏りの可能性もあります。

 

水漏れで火災保険が適用されるケースとして、他には次のようなケースが考えられます。

 

  • 竜巻や暴風で配管が破損し水漏れが発生
    • 風災がカバーされている火災保険なら適用可能
  • 洪水などによる浸水で水漏れが発生
    • 水害がカバーされている火災保険なら適用可能。

 

火災保険は、住宅ローンや賃貸の条件となっており、加入していることの多い保険です。

 

保険証書などの書類が見当たらない場合でも、住宅取得に際して関わった銀行や不動産屋、管理会社などに確認してみましょう。

 

火災保険に入っているからといって自動的に適用されることはもちろんありません。

 

申請して初めて対象かどうかの調査があり支払われますので、まずは問い合わせてみることをおすすめします。

その他保険の適用は?

①個人賠償責任保険(日常生活賠償補償)

日常生活で個人や家族が他人にケガをさせたり、他人のモノを壊してしまったような場合に、支払われなければならない損害額を補償してくれる保険に、「個人賠償責任保険(日常生活賠償補償)」という保険があります。

 

集合住宅で下の階や共同部分に水漏れの被害が及んでしまったような場合、この個人賠償責任保険では、自らの過失であっても保険適用されます。

 

ただし通常のプランでは、自身の損害ではなく、他者に与えた損害部分に対してのみ補償されます。

 

個人賠償責任保険は、単独で加入することは少なく、火災保険、自転車保険、自動車保険など他の保険に「特約」として付帯していることが多い保険です。

  • 自転車保険:各社自転車に特化した最低限のプランから日常生活全般まで補償されるプランまで数種取り揃えており、このうちスタンダードプラン以上で個人賠償責任特約が付帯されることが多いです(損保ジャパン、東京海上日動など)
  • クレジットカード付帯保険:クレジットカード各社においても、「ハンディー保険」「ポケット保険」「トッピング保険」といった名称で個人賠償責任保険を取り扱っています。クレジットカードに自動付帯している場合もありますが上級グレードのものに限られます(アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード、ダイナースクラブ プラミアムカードなど)
  • 自動車保険:通販型(ダイレクト型)の場合、個人賠償責任特約は通常オプションとなっていますが、代理店契約の場合、実は付帯されていたというような場合もあります。代理店契約の保険に加入していて、特約について記憶がない場合は、一度問い合わせてみるといいでしょう。

 

②借家人賠償責任保険

賃貸の場合は「借家人賠償責任保険」に入っていれば、賃貸物件の修理が必要になっても補償される可能性が高いです。

 

こちらは、火災保険と違って「自らの過失」であっても保険適用されます。管理会社などに確認してみましょう!

水漏れが疑われる場合

水漏れの確認方法

水漏れが目視できる場合は発生状況が見てとれますが、

  • 使っているとは思えないような月額料金の請求が来た
  • マットや床がなぜかよく濡れている

といった間接的な水漏れの「疑い」の場合は、単に使いすぎによるものなのか、結露などが原因なのか、水漏れが発生しているのか、はっきりさせる必要があります。

 

全ての水道を止め、水道メーターをチェックしましょう。

 

水を使っていないにもかかわらずメーターの針がふれていたら、どこかで水漏れが発生していることがはっきりします。

水漏れの応急処置

水漏れが発生している場合、水道代がかさむだけでなく、壁や床などに被害を拡大させます。

刻一刻と流れ出す水を止めなくてはなりません。

 

まずは落ち着いて止水栓を止めます。

原因の場所が明らかな場合はその場所の止水栓を、原因の場所が突き止められない場合は水道メーター横の止水栓で全体を止めてしまいましょう。

水漏れ修理連絡

応急処置の次は業者に修理を依頼しましょう。

 

水漏れの多くはパッキンの劣化による軽微なものです。水道修理だけで済めばたいして費用負担もありません。

 

壁や床、さらには高額な家具、家電、最悪の場合隣の住戸にまで被害を広がれば多額の費用負担は避けられません。

 

断熱材に水気が達して建物の断熱効果がなくなってしまうような最悪のケースも想定されます。

 

賃貸物件でうっかり水漏れを起こしてしまったような場合は躊躇するかもしれませんが、事態を悪化させる前に、速やかに誠実に対応しましょう。

 

水漏れ蛇口

止水栓を止めたから大丈夫といって放置しておくと、水気は建物をすぐに悪くします。

木造であるかないかにかかわらず速やかに修理依頼しましょう。

 

とりあえず大丈夫でしょう、と思われる方は下記の記事もご覧ください。被害が拡大すると大変なことがよくわかります。

トイレの床の水漏れを放置すると危険な理由を見てみる

 

夜間などで管理会社や大家さんの連絡先につながらないときは、契約時の書類や水回り設備に記載のある夜間・休日対応の水道業者さんに問い合わせてみましょう。

 

漏電の危険があるので周囲の電気製品は使わず、特にコンセント周りなどで水漏れが発生した場合は近づかないようにしましょう。水道業者さんのアドバイスを得て電気会社に連絡するのが安心です。

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

まとめ

水漏れ被害への火災保険の適用は、その原因によってできる場合とできない場合があります。

 

また、被害が下の階やお隣さんに及んでしまった場合、他の保険に付帯していることの多い「個人賠償責任保険」や、賃貸の場合「借家人賠償責任保険」が使えます。

 

水漏れ対処の流れとしては、

  1. 水漏れの有無・場所特定
  2. とりあえず水を止めて被害を食い止める
  3. 水道業者で見積もり・対応相談(賃貸ならまずは管理会社や大家さん)
  4. 電気会社や保険会社に確認(必要に応じて)

の順で対応すると良いでしょう。

 

水道業者は無料で見積もりをとってくれます。

被害を拡大させて取り返しがつかなくなる前に、専門家に依頼しましょう!

 

水漏れトラブルにお悩みの方は

水まわりの修理に火災保険が適用できるかや水漏れ時の応急処置ついて、まとめてご紹介しました。

 

水漏れトラブルの修理を確実にすぐ終わらせたい方は、業者に相談するのがおすすめです。

 

私たち『クリーンライフ』でも水漏れトラブルの修理を24時間365日受け付けております。

 

お電話1本ですぐさま駆けつけ、最短30分で到着可能です。出張費やお見積もり、キャンセル料、夜間・早朝割増は0円、LINEやメールの無料相談も行っています。

 

水漏れが発生して今まさにお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる