トイレつまりが起こっても、「ラバーカップ(すっぽん)なんて持っていない」「夜でお店は閉まっている」という状況もあるでしょう。

 

実は、ペットボトルでトイレつまりを直す方法もあります。ペットボトルなら自動販売機やコンビニなどですぐに用意できますし、中には自宅にペットボトルがある方もいるでしょう。

 

そこで今回は、ペットボトルを使ったトイレつまりの直し方をご紹介します。

 

どんなトイレつまりならペットボトルで直せるのか、どのようにペットボトルを使うのかなど、わかりやすくお伝えします。

ペットボトルで直るトイレつまりとは?

ペットボトルで直るトイレつまりは、以下が原因になっているケースです。

  • トイレットペーパー
  • 排泄物
  • 嘔吐物
  • 水に流せるシートやティッシュ

水に溶けるもの、水に流せるものが原因の軽度なトイレつまりなら、ペットボトルで直る可能性があります。

 

ただし、水に溶けるものであっても、大量につまっている場合はペットボトルで直らないかもしれません。

 

もしペットボトルでトイレつまりが直らない場合は、他の方法を実践するか、業者に相談することをおすすめします。

 

「業者へ連絡する前に、まずは自分で直してみたい」という方は、以下の記事も参考にしてみてください。

 

⇒【完全版】自分でできるトイレつまりの直し方を見てみる

ペットボトルで直らないトイレつまりもある

以下のような、水に溶けないものや水に流せないものでトイレつまりが発生した場合、ペットボトルでは直りません。

  • スマホ
  • おもちゃ
  • おむつ
  • 生理用品
  • ハンカチ
  • タオル
  • メモ帳やボールペンなどの文房具

ペットボトルを使うと、固形物が便器のさらに奥へ入り込む恐れがあります。

 

なお、おむつや生理用品は水で吸うと膨張するため、ペットボトルで直すのは大変困難です。

 

水に溶けないまたは水に流せないものをトイレに落としてしまったら、自分で解決しようとはせずに、業者へ相談しましょう。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

ペットボトルでトイレつまりを直す方法

ペットボトルを使ってどのようにトイレつまりを直すのか、やり方をお伝えします。

準備するもの

  • 500mlペットボトル
  • ゴム手袋
  • カッターやハサミ

トイレの排水口に合うサイズのペットボトルが望ましいです。ほとんどの場合は500mlで丸型のペットボトルが適しているでしょう。

 

ペットボトルは底から4cm程度をカッターやハサミでカットします。切り口が尖っていると便器に傷がつく恐れがあるため、切り口は極力きれいに揃えましょう。

 

カットしたペットボトルの底とフタは使わないので、捨てても構いません。

 

ペットボトルの素材によっては切り取りにくいものもあるため、指を切らないように注意してください。

ペットボトルを使ったトイレつまりの直し方

ペットボトルを使うときは、ゴム手袋をして作業しましょう。

 

また、作業中は水がはねて床が濡れる可能性があるので、床にビニール袋やビニールシートなどを敷いて防ぐことをおすすめします。

 

【ペットボトルを使ってトイレつまりを直す手順】

  1. 便器内の水量を調整する。
  2. ペットボトルの底を便器の水溜りに差し込む。
  3. ペットボトルの口を指でふさぎ、押したり引いたりする。
  4. 「ゴポゴポ」と音がしたらバケツなどで水を流し、排水されるか確認する。

便器内の水が多い場合は、バケツや灯油ポンプなどで水をくみ出してください。水が少ない場合は注ぎ足し、通常と同じぐらいの水量になるように調整しましょう。

 

ペットボトルをラバーカップ(すっぽん)のように使うのがポイントです。ペットボトルを何度か押し引きし、「ゴポゴポ」と音がすればトイレつまりは解消しているでしょう。

ペットボトルでトイレつまりが直らない際の解消法

「ペットボトルを動かすのが難しい」「排水口のサイズにペットボトルが合わない」などの理由で、なかなかトイレつまりが直らない場合もあるでしょう。

 

そんな場合は、以下の解消法もおすすめです。自宅によくある道具を利用して、トイレつまりを直します。

バケツを使って便器に水を流す

ペットボトルを使わずにバケツで水を流し、トイレつまりを直す方法です。バケツの他、ヤカンや洗面器なども代用できます。

 

トイレつまりが発生して便器内の水量が多い場合は、ペットボトルを使うときと同様に、水をくみ出してから作業しましょう。バケツなどで水をくみ出し、通常と同じ水位を目安に調整してください。

 

【バケツを使ったトイレつまりを直す手順】

  1. バケツなどに水を入れ、トイレの高い位置から排水口に向けて勢いよく水を流す。
  2. 排水されて水位が通常の位置に戻るまで、水を何度か流す。

水の勢いや水圧を利用するため、数cmほどの細い幅で水を流すのがポイントです。トイレットペーパーや排泄物が崩れやすいように、細い滝をイメージして高いところから細く水を流しましょう。

 

トイレつまりが直らず排水されないときは、再度水をくみ出した後に水を流してみてください。

お湯を流してトイレつまりを直す

お湯をトイレに流し、トイレットペーパーや排泄物、シート類などを溶けやすくしてトイレつまりを解消する方法です。

 

お湯は熱湯ではなく、40~60℃のぬるま湯を使いましょう。熱めのお風呂の45℃前後が目安です。

 

陶器でできている便器に熱湯を流すと割れる恐れがあるため、くれぐれも熱湯は流さないでください。

 

【お湯を使ってトイレつまりを直す手順】

  1. 便器内の水をできる限り抜いておく。
  2. 水を流すときと同様、お湯を高い位置から排水口に向かって流す。
  3. 1時間ほどそのまま放置する。
  4. 1時間後、バケツなどで水を流し、排水されるか確かめる。

お湯も細い幅で勢いよく流しましょう。トイレつまりの原因が溶けやすいように、約1時間放置するのもポイントです。

ビニール袋でトイレつまりを直す

ビニール袋もペットボトルと同じように、ラバーカップ(すっぽん)のような働きをします。

 

ただし、手が小さいまたは大きいために排水口へ拳が密着しない方は、他の方法を実践しましょう。拳を密着させた圧力でトイレつまり解消を狙うため、密着しなければあまり効果は得られません。

 

【用意するもの】

  • ビニール袋:2枚
  • ゴム手袋

【ビニール袋を使ったトイレつまりを直す手順】

  1. ゴム手袋を手にはめ、ビニール袋2枚も重ねてはめる。
  2. 拳を便器の排水口に密着させる。
  3. 排水されるまで、拳を押したり引いたりする。
  4. 排水されたらバケツなどで水を流し、トイレつまりが解消されたか確かめる。

ビニール袋が便器に入り込まないように、作業中はもう片方の手でビニール袋をつかみましょう。

 

ペットボトルが排水口に入らないときや、対処法でもトイレつまりが解消しないときは以下の方法もおすすめです。

 

⇒道具なしで自分でできるトイレつまりの解消法を見てみる

ペットボトルでトイレつまりが直らないなら

ペットボトルでトイレつまりを直すのはテクニックが必要で、うまくできない方もいるかもしれません。

 

ただし、強引にペットボトルで直そうとすると、便器や排水管が傷つく可能性があります。

 

もしペットボトルでトイレつまりが直らないときは、無理をせずに水道修理業者に相談しましょう。業者ならトイレつまりを迅速に解決し、すぐにトイレを使えるようになります。

 

私たち『クリーンライフ』でもトイレつまりの相談を24時間365日受け付けております。

 

最短30分で駆けつけ、お見積もりや出張料はかかりません。キャンセル料もいただきませんので、トイレつまりにお困りの方はぜひお気軽にご相談ください。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる