トイレつまりは時間を問わず、急に発生します。しかし、トイレつまりは滅多に起こらないため、専用道具がなく、困ってしまう方も少なくありません。

 

そんなときに役立つのが、お湯です。特別な道具は不要で、お湯とバケツがあればトイレつまりが直る可能性があります。

 

そこで今回は、お湯を使ってトイレつまりを直す方法をご紹介します。すぐに試せる簡単な方法なので、トイレつまりを直す専用道具がない方はぜひお試しください。

お湯を使って直せるトイレつまりとは?

お湯でトイレつまりが直る可能性があるのは、以下のような水に本来溶ける物が原因のケースです。

  • トイレットペーパー
  • 排泄物
  • 嘔吐物
  • 「水に流せる」と書かれたシート類

こういった物なら、お湯でほぐれてスムーズに流れ、トイレつまりが直る可能性があります。

 

軽度なトイレつまりであれば、お湯ですぐに直ることもあるでしょう。

 

ただし、便器には水が溜まっているので、お湯を入れるとどうしても温度が下がります。便器内の水量や形状などでもお湯の効果は変わるため、必ずしもトイレつまりが直るとは限りません。

 

「自分でトイレつまりを直したい」という方は、以下の記事もご参考ください。

 

⇒【完全版】自分でできるトイレつまりの直し方を見てみる

お湯を使っても直らないトイレつまり

以下を便器に落としてトイレつまりが起こった場合は、お湯を流しても直りません。

  • お湯に溶けにくい物(おむつや生理用品など)
  • 固形物(スマホやおもちゃ、文房具など)
  • ペットのトイレ砂

お湯を流しても、トイレつまりの原因になっている物が便器や排水管の奥に移動するだけです。トイレつまりが余計に悪化してしまうため、お湯で直そうとするのは避けましょう。

 

なお、おむつや生理用品、ペットのトイレ砂は水を含んで膨張しやすいので、水もお湯も入れないでください。

 

お湯に溶けにくい物や固形物でトイレつまりが起こったら、自分で無理に取ろうとせず、業者に相談しましょう。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

お湯でトイレつまりを直すときの注意点は?

お湯を注いでトイレつまりを直す方法は簡単ですが、注意点もあります。

思わぬトラブルを起こさないために、次の2点に注意しましょう。

熱湯は使わない

便器は陶器製が多く、熱湯を入れるとヒビ割れする恐れがあります。熱湯は絶対に便器へ流さないでください。便器にヒビが入ると交換が必要になり、高い修理料金がかかるかもしれません。

 

便器に流すお湯は40~60℃、理想は45℃前後です。お風呂で熱めに感じるお湯が45℃前後です。

 

お湯を沸かす際は沸騰しないように注意しましょう。湯気が立ち始めた頃が40~60℃です。もし完全に沸騰した場合は、同量の水道水を混ぜれば50~60℃のお湯になります。

 

お湯を使うのが不安で、お湯以外でトイレつまりを直したい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

 

⇒道具なしで自分でできるトイレつまりの解消法を見てみる

便器の水を通常の水位まで減らす

便器の水が多く溜まっている状態では、当然ながらお湯を入れると溢れる可能性があります。

 

また、水が多い分お湯がすぐにぬるくなってしまい、トイレつまりを直す効果が下がります。

 

便器内の水はバケツや灯油ポンプなどを使い、なるべく抜きましょう。目安としては通常時のトイレの水位辺りまで減らせると安心です。

もしバケツも灯油ポンプもなければ、紙コップやペットボトル、牛乳パックなどを代用できます。

 

ぞうきんや新聞紙があれば、水を吸わせて抜く方法もおすすめです。

お湯とバケツを使ってトイレつまりを直す手順


お湯とバケツを使い、次の手順でトイレつまりを直しましょう。

  1. 便器内の水をできるだけ抜く。
  2. 高い位置から排水口に向かって水を流す。
  3. 2で直らなければ、水を再び抜く。
  4. 水を流したときと同じように、お湯を流す。
  5. 1時間ほど放置する。
  6. 1時間後、バケツで水を流し、排水されるか確認する。

排水口に水やお湯を流すときは細い滝のように、細い幅で少し高い位置から流しましょう。トイレつまりが軽度なら水の勢いで直り、お湯を使わずに直る場合もあります。

 

また、トイレつまりの原因を溶けやすくするには、時間を置くこともポイントです。紙類や排泄物が柔らかくなるように、お湯を入れたら1時間ほど放置しましょう。

 

1時間ほど放置した後にバケツで水を流して排水されるようなら、トイレつまりが解消したといえます。

レバーでいきなり水を流すと溢れる可能性があるため、まずはバケツで少しずつ流れるか確認しましょう。

お湯でトイレつまりを直すのが不安なときの対処法

お湯でトイレつまりを直すときは40〜60℃のぬるま湯を使いますが、中には「お湯で便器が割れないか不安」という方もいるでしょう。

 

そんな方はお湯を使わない、以下の方法もおすすめです。お湯を流してトイレつまりが直らない方もぜひお試しください。

バケツで水を流してトイレつまりを直す

バケツで水を流すときの水圧でトイレつまりを直す方法です。

 

お湯を準備する手間もなく、すぐに試せます。バケツがなければ、鍋やヤカンなどを代用しましょう。

 

【バケツを使ったトイレつまりの直し方

  1. バケツに水を入れ、トイレの高い位置から排水口に向けて勢いよく水を流す。
  2. 排水され、便器の水位が通常の位置に戻るまで水を数回流す。

水を流すときは細い滝のように、1~2cmほどの細い線を描くように流しましょう。

ビニール袋を使ってトイレつまりを直す

トイレつまりを直す道具として有名な「ラバーカップ(すっぽん)」のように、拳を動かす方法です。

 

拳が排水口に密着しない方はトイレつまりを直す効果が期待できないため、他の方法で直してみましょう。

 

【用意するもの】

【ビニール袋を使ったトイレつまりの直し方】

  1. ゴム手袋をはめた手に、ビニール袋を2枚かぶせる。
  2. 拳を排水口に当て、密着させる。
  3. 拳を押したり引いたりする。
  4. 押し引きを繰り返し、排水されたらバケツなどで水を流し、トイレつまりが解消したか確かめる。

ビニール袋が便器につまらないように、片方の手でビニール袋をつかみながら拳を動かしましょう。

ペットボトルを使ってトイレつまりを直す

ペットボトルもビニール袋を使う方法と同様、ラバーカップのように利用できます。手が小さいまたは大きい方は拳が排水口に密着しにくいため、こちらの方法を試すとよいでしょう。

 

【用意するもの】

  • 500mlペットボトル
  • ゴム手袋
  • ハサミやカッター

ペットボトルの底をハサミやカッターで3~4cm程度切ります。便器を傷つけないために、ペットボトルの切り口はなるべくきれいに整えましょう。

 

なお、切り取った底とフタは使用しません。

 

【ペットボトルを使ったトイレつまりの直し方】

  1. ゴム手袋をはめてペットボトルの口を指で塞ぎ、下側を排水口に差し込む。
  2. ペットボトルを押したり引いたりする。
  3. 排水されたらバケツなどで水を流し、トイレつまりが解消したか確かめる。

ペットボトルを押し引きすると水がはねる可能性があるため、床に新聞紙やビニールシートなどを敷くと安心です。

お湯を使ってもトイレつまりが直らないときは

お湯を流しても対処法を試してもトイレつまりが直らない場合は、つまりが重症化している可能性があります。また、トイレつまりの原因が水に本来溶ける物ではなく、他にあるとも考えられます。

 

お湯を流してもトイレつまりが直る気配がないときは、早めに業者へ相談しましょう。

 

私たち『クリーンライフ』でもトイレつまりのご相談を24時間365日承っております。

 

最短30分で駆けつけ、経験豊富なスタッフがすぐさまトイレつまりを解決いたします。ご相談やお見積もり、出張費はかからないため、ぜひお気軽にご相談ください。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる