トイレつまりの修理を業者に頼みたいものの、どのぐらい料金がかかるのか分からず、依頼をためらう人もいるでしょう。

 

トイレつまりの修理料金は、原因や業者などによって異なります。中には相場よりもはるかに高い料金を請求する悪徳業者もいるため、業者選びの際は要注意です。

 

そこで今回は、トイレつまり修理の料金相場や安くする方法、悪徳業者を呼ばないポイントをお伝えします。

 

また、自分でトイレつまり修理をするときの料金相場もご紹介するので、安く済ませたい方はぜひご覧ください。

業者に修理を依頼した方がよいトイレつまりとは?


トイレつまりの原因や症状はさまざまで、大きく以下に分けられます。

  • 修理業者に修理を任せた方がよいケース
  • 自分で修理できるケース

まずは業者に依頼した方がよいトイレつまりをご紹介します。当てはまる場合は無理に自分で修理しようとせず、業者に相談しましょう。

固形物を便器に落とした

固形物を便器に落としてトイレつまりが起こると、自分で取り出せないことがあります。手の届かないところに固形物を落としてしまったら、業者に取り出してもらいましょう。

 

なお、便器に落としやすい固形物は以下のようなものが挙げられます。

  • おもちゃ
  • ボールペンなどの文房具
  • ハンカチ
  • タオル
  • おむつ
  • 生理用品
  • スマホ

固形物が排水管で引っかかると、便器を取り外さなければなりません。便器が破損したり、排水管に傷をつけたりする恐れがあり、自力での修理は困難です。

 

固形物が排水管や便器の奥につまったままでは、水や排泄物、トイレットペーパーがスムーズに流れません。トイレつまりがさらに悪化する可能性があるので、早めに業者へ相談しましょう。

便器内の水が溢れそう

トイレつまりが発生して便器内の水が流れず、溢れそうなときも業者に修理を依頼しましょう。

 

排水管に何かがつまってトラブルが生じると、水位が元の位置に戻るまで時間がかかります。いつまで待っても水位が戻らなければ、重度なトイレつまりが起こっている可能性が高いでしょう。

 

水が溢れそうなときは業者を探す前に、トイレの床や壁付近にある止水栓を閉じ、水をくみ出すことをおすすめします。水が溢れるのを防げるため、落ち着いて業者を探せます。

 

くれぐれも、水位が高い状態で水を流さないでください。水が溢れ、床が水浸しになるかもしれません。

トイレつまりの原因が不明

トイレつまりがなぜ起こったのか、原因が分からないケースもあります。

 

原因が分からないまま自分で修理しようとしても、効果的とはいえません。中には、思わぬ原因でトイレつまりが起こっているケースもあります。

 

自分では直せない以下の可能性もあるため、業者に相談しましょう。

  • 排水管の劣化
  • 排水管の奥で何かがつまっている

業者に修理を依頼すれば、何が原因でトイレつまりが発生したのか、入念に調べてくれます。問題を根本的に解決できるので、業者に依頼してみましょう。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

トイレつまり修理を業者に依頼した際の料金相場は?


業者によって料金体系は異なりますが、トイレつまりの修理料金の多くは「基本料金+作業料金+部品代」の合計で構成されています。

 

大がかりな作業がなければ、料金相場はおよそ8,000~20,000円です。

 

トイレットペーパーなどの本来流せるものがトイレつまりの原因なら、料金は比較的安いでしょう。

 

排水管の奥で何かつまっている場合は、便器を取り外して修理する可能性があります。便器の着脱は技術も時間も要するため、料金相場は30,000~50,000円程度と高めです。

 

トイレつまりの作業でも料金は異なるため、参考として『クリーンライフ』の料金をご紹介します。

軽度なトイレつまり 5,500円
高圧ポンプ使用 5,500円
ドレンクリーナー使用 16,500円~
高圧洗浄機使用 27,500円~
薬品洗浄 8,800円
洋式トイレ脱着工事費 33,000円

※上記の料金はあくまでも目安です。具体的な料金は作業スタッフが現地で状況を確認し、お見積もりを提示いたします。

 

⇒クリーンライフにトイレつまりの相談をしてみる

トイレつまりの修理料金を安くするポイント3つ


トイレつまりの修理料金を「高い」と感じ、なるべく安くしたいと思う人もいるでしょう。

 

修理料金は相場よりも安くできる場合があります。少しでも料金を安くしたいときは、以下の3つをポイントにして業者を選びましょう。

トイレつまりの悪化を防ぐ

トイレつまりが重症になると大がかりな修理が必要になるため、料金は相場よりも高くなります。軽度なうちに業者へ修理を依頼しましょう。

 

トイレつまりが悪化すると、

  • 便器の取り外し
  • 排水管の調査

が必要になるかもしれません。どちらの作業も非常に手間がかかるため、料金は高額です。

 

トイレつまりが起きているときに水を流してしまうと、水が溢れ、床や壁の修理代がかかる可能性もあります。くれぐれも流さないでください。

 

トイレつまりを長時間放置すると、悪化して修理料金が高くなりやすい点も注意しましょう。早めに業者へ相談すれば、悪化も防げます。

余分な料金を増やさない

早朝や深夜、休日にトイレつまりの修理業者を呼ぶと、次のように割増料金が加算される場合があります。

  • 例:20~翌6時は5,000円割増
  • 例:土日祝日は料金が30%アップ

割増料金がない業者を選べば、余分な料金がかからないため、修理料金を抑えられます。

 

中には公式サイトや広告に小さい文字で「割増料金がかかります」と記載しているケースもあるので、注意してください。

 

多くの業者が見積もりを無料で行っていますが、料金が発生する業者もいます。見積もりで一切料金がかからないか、事前に確認しましょう。

 

また、出張料金も注意が必要です。料金を安くしたい方は、出張料金がない業者を選びましょう。

 

出張料金がかかる場合、訪問するまでの距離に応じて料金が変動するケースが多いようです。やむを得ず出張料金がある業者を選ぶ際は、なるべくトイレつまりが発生した場所に近い業者を検討しましょう。

 

近くの業者を呼ぶと余分な出張料金をおさえられる上、早く駆けつけてくれます。

キャンペーンや割引を利用する

キャンペーンや割引を行っている業者を利用すると、簡単に修理料金が安くなります。

 

数千円安くなる割引もあるので、利用できるキャンペーンがあれば積極的に活用しましょう。

 

キャンペーンや割引の情報は、業者の公式サイトに書かれているケースが多々あります。修理後に「安くなるなんて知らなかった」と後悔しないように、事前にきちんと確認しましょう。

トイレつまり修理で悪徳業者を選ばない3つのポイント


修理業者の中には、ボッタクリ料金を請求する悪徳業者もいます。トイレつまりが急に発生して「早く修理したい」と思い焦ってしまうと、悪徳業者を選ぶ可能性があり、注意が必要です。

 

悪徳業者を選ばないように、トイレつまり修理を頼む業者を選ぶときは以下に注目しましょう。

見積もりを確認する

修理料金はトイレつまりの原因や度合い、業者などによってこまかく違います。正確な料金は見積もりを依頼し、確認しましょう。

 

見積もりでは

  • なぜその修理や部品が必要なのか
  • なぜその金額なのか

確かめてください。分からないことがあれば質問し、説明を求めましょう。

 

相場よりも料金が大幅に高く、内容や説明に納得できなければ、他の業者に相談してください。複数の業者の見積もりを確認すると、悪徳業者かどうか気づきやすいはずです。

 

なお、修理中に追加の作業が必要と判明し、料金が変更になる場合もあります。その場合は追加の作業が必要な理由を聞き、再度見積もりを出してもらいましょう。

 

不要な作業を追加し、ボッタクリ料金を請求する悪徳業者もいるため、注意してください。

水道局指定工事店を選ぶ

水道局指定工事店は正式には「指定給水装置工事事業者」といいます。

 

必要な条件を満たし、水道局から水道工事を許可された業者です。水道法に基づき、工事を行います。

 

もし違反行為をすると指定を取り消される場合があるため、悪徳業者の可能性は低いでしょう。

 

ただし、水道局指定工事店の料金が安いとは限りません。業者問わず、見積もりはしっかりと確認してください。

修理実績が多い業者を選ぶ

大半の業者は公式サイトを設け、これまでの修理実績や施工事例を掲載しています。

 

信頼性が高い業者の目安の1つが、修理実績が多いことです。経験が豊富で、多くの利用者がいるために信頼性は高く、安心してトイレつまりの修理を依頼できます。

 

なお、施工事例でかかった料金を記載している場合もあるので、業者選びの参考にチェックしてみましょう。

⇒失敗しないトイレつまり修理業者を選ぶコツを見てみる

自分で修理できるトイレつまりとは?

トイレつまり修理を業者に依頼した場合の料金相場を見て「高い」と感じた方は、自分で修理を試してみるのもおすすめです。トイレつまりが軽度なら、自分で修理できる可能性があります。

 

具体的にどのようなトイレつまりなら自分で修理できるのか、以下でご紹介しましょう。

水に流せるものがつまった

以下は、本来トイレで流せるものです。

  • 排泄物
  • トイレットペーパー
  • 流せるシート

これらは水に溶けやすいですが、量が多すぎると便器や排水管につまることがあります。本来ならトイレで流せるため、自分でトイレつまりを解決できる可能性は高いでしょう。

 

しかし、本来水に流せるとはいえ、つまったものを無理に流したり、押し込んだりすると、余計にトイレつまりが悪化する恐れがあります。自分で修理できないそうにないときは、業者に相談するのが賢明です。

 

なお、大便やトイレットペーパーをレバーの「小」で流すと、トイレつまりを招きやすく、注意が必要です。節水するために毎回小で流している方は今後控えてください。

便器内の水が少しずつ引いている

便器内の水が少しずつ引く場合、トイレつまりはまだ重症化していません。

 

水が引いているため完全につまったわけではなく、自力で修理できるでしょう。

 

ただし、固形物を落とした場合は、水が引いても解決したとはいえません。時間が経つと固形物付近で何かがつまる可能性が高いため、取れないときは業者に相談しましょう。

トイレの水の流れが悪い

水の流れが悪いためにトイレつまりが発生しているときは、タンクの不具合が考えられます。

 

節水対策としてトイレタンクにペットボトルなどを入れているのであれば、一旦外に出して様子を見ましょう。

 

また、トイレタンク内の水位線より水が少ない場合は、水量が足りません。トイレの説明書を確認し、適切な水量に調節しましょう。

 

水位線まで水が入った状態でトイレつまりが起きている場合は、便器や排水管が原因かもしれません。業者に調査や点検を依頼することをおすすめします。

自分でトイレつまりを修理するときの料金相場は?


自分でトイレつまりを修理する場合、どのような方法で修理するかによって料金は変わります。

 

代表的なトイレつまりの直し方と、その料金相場をご紹介します。

 

ただし、いくら料金を安くしたくても、無理な修理はしないでください。便器が壊れるなどトラブルが大きくなれば、かえって高額な料金がかかってしまいます。

ぬるま湯を流して直す

トイレつまり修理の手軽で安上がりな方法は、ぬるま湯を流す方法です。排泄物やトイレットペーパー、流せるシートがつまったときに効果的で、ぬるま湯を流すと溶けやすくなります。

 

お湯を沸かして便器に流すだけなので特別な費用はなく、かかるのは水道代や電気代ぐらいです。

【ぬるま湯でトイレつまりを直す方法】

  1. バケツでぬるま湯を数回流す。
  2. 1時間ほどそのまま放置する。
  3. 放置後はバケツで水を流し、水位が戻るか確かめる。

お湯を沸かして泡が少し立ち、湯気が出始めた40~60℃程度のぬるま湯を流しましょう。便器は陶器でできているものが多く、高温のお湯を流すと割れる恐れがあります。

ラバーカップ(すっぽん)を使う

ラバーカップは「すっぽん」とも呼ばれ、トイレつまり修理の代表的な道具です。最近は100円ショップでも販売されています。料金相場は100~1,000円ほどです。

 

ラバーカップは和式トイレ用や洋式トイレ用といった種類があるため、お使いのトイレに適したものを選びましょう。

【ラバーカップを使ってトイレつまりを直す方法】

  1. カップ部分が水に浸かるように、便器の水位を調整する。
  2. カップ部分を排水口にしっかりと密着させる。
  3. ラバーカップをゆっくりと押し込んだら、勢いよく引く。排水されるまで押し引きを繰り返す。
  4. バケツで水を流し、スムーズに排水されるか確かめる。

ラバーカップを使うポイントは、勢いよく引っ張ることです。圧力を利用し、トイレつまりの原因になっている物を取り除きます。

 

ラバーカップの選び方や使い方を詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

 

⇒ラバーカップ(すっぽん)を使ったトイレつまりの直し方を詳しく見る

真空式パイプクリーナーを使う

真空式パイプクリーナーはラバーカップよりも吸引力が強い道具で、料金相場は1,000~2,000円ほどです。

 

ラバーカップよりも料金は高いですが、トイレつまりが直る可能性も高く、症状によっては1回の使用で直ります。使い方はラバーカップとほとんど同じです。

 

【真空式パイプクリーナーを使ってトイレつまりを直す方法】

  1. 吸引カップが水に浸かるように、便器の水位を調整する。
  2. ハンドルを押したまま、便器の水溜りにカップを押し付ける。
  3. ハンドルを勢いよく引っ張る。
  4. 1回でトイレつまりが直らなければ、押し引きを数回繰り返す。再びハンドルを押し付ける場合、一度水の外へ出してから押す。

吸引カップを便器に強く押し付け、カップの中を真空状態にするのがコツです。

その他の自分できるトイレつまりの直し方が見たい方はこちらをご覧ください。

⇒【完全版】自分でできるトイレつまりの直し方を見てみる

トイレつまり修理を安い料金で頼みたいなら

トイレつまり修理の料金相場は8,000~20,000円程度ですが、原因やつまりの度合い、選ぶ業者などによって異なります。

 

「料金が高い」と感じたら、割増料金がない業者や割引が可能な業者を選ぶのがおすすめです。見積もりで提示された金額が相場よりも非常に高い場合は、他の業者に相談しましょう。

 

私たち『クリーンライフ』でもトイレつまり修理のご相談を承っております。

 

24時間365日対応し、お見積もりも出張料金も無料です。夜間・早朝の割増料金、休日料金も一切かかりません。

 

ご連絡後すぐに駆けつけ、早ければ30分ほどでお伺いいたします。お電話やメール、LINEでご相談いただけるので、トイレつまりにお悩みの方はぜひお気軽にご連絡ください。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる