トイレつまりが重症であれば、便器を取り外して修理する可能性があります。

 

便器の取り外しは非常に大きな手間がかかるため、料金は高額になるケースがほとんどです。

 

初めて業者を利用する人は、便器取り外しにどれくらいの料金がかかるのか気になるでしょう。

 

そこで今回は、トイレつまり修理で便器取り外しをする際の料金相場をご紹介します。

 

どんなトイレつまりが起こると便器取り外しをするのかもお伝えするので、便器取り外しがそもそも必要かどうかも含め、確認してみてください。

トイレつまり・水回りのトラブルにお困りですか?
自分で直すもしくは依頼する? まずはお気軽にご相談ください!
電話アイコン0120-423-152
24時間年中無休 相談・見積もりは無料!

トイレつまり修理で便器取り外しが必要なケース


業者にトイレつまりの修理を任せた際、必ず便器取り外しを行うわけではありません。

 

便器取り外しを行うケースを以下でお伝えしましょう。

トイレットペーパーや排泄物を大量に流した

トイレットペーパーや排泄物はトイレに流せるため、本来ならスムーズに流れます。

 

しかし、次のような行動でトイレットペーパーや排泄物、流せるシートなどを大量に流してしまうと、便器を取り外して修理する可能性があります。

  • 子供がトイレットペーパーで遊び、大量に流した
  • 溜まっていた便を一気に流した
  • 流せるシートを大量に使って流した

水に溶けるものであっても、便器へ大量に流せば、重度なトイレつまりを招いてしまいます。便器から修理を試みても直らない場合は、便器を取り外して修理します。

 

放置してトイレつまりが解消する場合もありますが、放置している間はトイレを使えません。近くにトイレを借りられるコンビニや公衆トイレがないときは、業者に相談し、修理を依頼しましょう。

 

なお、水位が上がったままで一切水が流れない場合、水に溶けない異物が落ちたとも考えられます。

水に溶けない異物を便器に落とした

不注意や子供のいたずらで水に溶けない異物を便器に落とし、トイレつまりが発生することもあります。

 

便器に落としやすい異物として、以下が挙げられます。

  • スマホ
  • メガネ
  • ハンカチ
  • タオル
  • おもちゃ
  • 生理用品
  • 紙おむつ
  • ボールペンやメモ帳などの文房具

便器から取り出せない位置に異物を落とした場合、便器取り外しを行い、トイレつまりを修理します。

 

水に溶けない異物は確実に取り出さないと異物周辺で他のものが引っかかり、トイレつまりが悪化する可能性があるため、注意が必要です。便器を取り外した後に排水口や排水管などをチェックし、原因となった異物を回収します。

 

また、ペット用のトイレ砂が堆積してトイレつまりが発生し、便器取り外しを行うケースもあるため、流さないことをおすめします。

便器取り外しが必要なトイレつまり修理の料金相場


業者によって料金に差がありますが、便器取り外しだけの料金は3~5万円ほどが相場です。安い業者だと1~2万円のところもあります。

 

便器取り外しでは

  • 便器内の水を抜く
  • 給水管やタンクのナットを外す
  • 床と便器の間のフランジパテをはがす
  • 便器を持ち上げる

などの作業を行います。

 

便器を持ち上げて取り外すのは簡単ではなく、大がかりな作業です。陶器製の便器が大半で、落とすと割れる恐れがあり、慎重に作業しなければなりません。高度な技術が必要なため、便器取り外しの料金はどうしても高額になります。

 

特に難しいのが、便器の取り付け作業です。もし取り付けに失敗して便器と床に隙間ができてしまうと、悪臭や水漏れにつながる恐れがあります。

延長料金や追加作業に要注意

便器取り外しの作業に時間がかかった場合、延長料金を取られることがあります。

 

お使いのトイレによっては便器取り外しに大変な手間がかかってしまうため、延長料金が発生するか事前に確認しておきましょう。

 

中には

  • 高額な延長料金を請求する
  • 勝手に追加作業をする

こういった悪質業者もいるため、注意しなければなりません。

 

「もし追加作業が必要なときは、作業前に伝えてほしい」とあらかじめ業者のスタッフに伝えましょう。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

トイレつまり修理で便器取り外しの他にかかる費用


トイレつまり修理では便器取り外しの他に、さまざまな費用がかかります。

 

一般的にかかるのは以下の費用です。

  • 基本料金
  • 作業料金
  • 部品代

便器取り外しの料金にこれらの費用を合わせた金額が、最終的な修理料金です。業者によっては、出張料金や割増料金なども別途かかります。

 

便器取り外しを除いた料金の相場は、8,000~20,000円ほどです。

 

便器取り外しが2万円と安くても、基本料金や作業料金が高く、合計すると4万円近くかかるケースもあります。「便器取り外しの料金が安い=修理料金が安い」とは一概に言えないため注意しましょう。

 

具体的な料金を知りたい方のために、『クリーンライフ』の便器取り外しやトイレつまり修理の料金をご紹介します。

軽度なトイレつまり 5,500円
高圧ポンプ使用 5,500円
薬品洗浄 8,800円
ドレンクリーナー使用 16,500円~
高圧洗浄機使用 27,500円~
洋式トイレ脱着工事費 33,000円
ウォシュレットの取替・取り付け・脱着 16,500円

※上記の料金は目安です。トイレつまりの状況や部品などにより、料金は変動します。

スタッフが現場の状況を確認した上で、最終お見積もりをご提示いたします。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

トイレつまり修理の費用を安くする方法


トイレつまり修理で便器取り外しが必要だと、3〜5万円ほどかかります。基本料金や作業料金といった他の料金もあわせると、高いケースでは7万円ほどかかってしまいます。

 

修理料金は思わぬ出費のため、「できる限り安くしたい」と思うのが正直なところでしょう。

 

そこでここからは、便器取り外しの料金を安くする方法をご紹介します。

軽度なうちに修理を頼む

トイレつまりが軽度なうちに業者へ修理を頼めば、便器取り外しが不要になるケースもあります。

 

軽度のトイレつまりは便器を取り外すことなく、道具や機械を使って修理を行うため、料金は比較的安いです。

 

たとえば、トイレつまりが起きた状態で水を流してしまうと、水が溢れ、余計にトラブルが悪化する恐れがあります。トイレつまりを悪化させないように、強引に水を流すのはやめましょう。

余分な料金を増やさない

トイレつまり修理に時間がかかったり、追加作業が必要になったりすると、延長料金を求められる場合があります。

 

修理料金を抑えたい方は、延長料金や追加料金がない業者を選びましょう。

 

また、出張料金、夜間や早朝の割増料金を設定している業者もいます。出張料金や割増料金も0円の業者を選べば、余分な料金がかかりません。

 

ただし、便器を取り外した後に別の原因が判明し、やむを得ず追加作業が必要になるケースもあります。その場合は作業が必要な理由をたずねましょう。

キャンペーンや割引を利用する

便器取り外しは大がかりな作業でかなりの手間を要するため、料金を高く設定している業者がほとんどです。少なくとも1万円程度はかかるでしょう。

 

キャンペーンや割引を用意している業者を選ぶと、簡単に料金が安くなるので、おすすめです。

  • 「ホームページを見た」と伝えるだけで3,000円割引
  • 初回限定で料金20%OFF

こういった簡単な方法で料金が下がるキャンペーンもあります。初めて業者を呼ぶ方も、積極的に活用しましょう。

トイレつまりの修理業者を選ぶポイント3つ


トイレつまりの修理業者の中には、ボッタクリ料金を請求する悪徳業者も紛れ込んでいます。トイレつまり修理で便器取り外しを行う際、必要以上に料金を請求される可能性は否定できません。

 

悪徳業者を選ばないために、ここではトイレつまりの修理業者を選ぶポイントをお伝えしましょう。

複数の水道修理業者に見積もりを依頼

便器取り外しの料金は業者によって異なります。正確な料金は業者に見積もりを依頼し、確認しましょう。

 

複数の業者に見積もりを依頼すれば、料金を比較でき、どの業者が1番安いのか分かります。

 

他の業者の見積もりや料金相場よりも異常に見積もり金額が高い、または安いのであれば、悪徳業者と疑ってよいでしょう。

 

また、複数の業者の見積もりを取ると、「この業者の見積もりでは○円だった」と具体的な金額を伝えて値引き交渉しやすく、料金が安くなる確率がアップします。

 

見積もりで不明点があるときは、遠慮なく質問しましょう。質問しても回答が曖昧な場合は、他の業者に相談してください。

ホームページに記載された料金を確認

トイレつまり修理は便器取り外しを含め、ほとんどの作業料金が業者ごとに決まっています。ホームページに料金を記載している業者は明朗会計で、信頼性が高いといえるでしょう。

 

場合によっては、実際の料金とホームページに記載された料金に、大きな差が見られることもあります。「業者にトイレつまり修理を頼めば安心」とは思わずに、ホームページに載っている料金表をしっかり確認しましょう。

 

便器取り外しに高額な料金がかかることを悪用し、何十万円もボッタクリする業者もいます。トイレつまり修理に何十万円もかかることは滅多にありません。料金に納得できなければ、別の業者に相談しましょう。

説明不足の業者は避ける

トイレットペーパーを大量に流したり、異物を落としたりしたわけでもないのに、便器取り外しの作業をしようとする業者もいます。

 

優良な業者なら、

  • なぜ便器取り外しを行うのか
  • なぜこの作業が必要なのか

こういったことをきちんと説明します。

 

ろくに説明もせずに「便器を取り外すしかない」と一点張りの業者は悪徳業者の可能性が高いので、注意しましょう。

 

便器取り外しの料金は高額なため、悪徳業者は便器を取り外さずにトイレつまりを修理できるケースでも、便器を取り外そうとするのです。

 

なぜ便器取り外しが必要なのか説明を求め、はっきりとした説明がなければ他の業者に依頼しましょう。

トイレつまり修理の便器取り外し料金が高く感じたら

トイレットペーパーや排泄物を大量に流したり、スマホやハンカチなどの異物を便器に落としたりすると、便器取り外しを行う可能性があります。

 

便器を取り外し、排水口や排水管を確認してトイレつまりを修理します。

 

便器取り外しは料金相場が3~5万円と高く、強引に便器を取り外そうとする悪徳業者に注意が必要です。見積もりを依頼し、説明が曖昧な業者は避けましょう。

 

私たち『クリーンライフ』でもトイレつまり修理を24時間365日受け付けております。

 

お見積もりや出張料金、夜間・早朝割増、休日料金は一切かかりません。明朗会計で修理を承っているので、ぜひ安心してご相談ください。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる