トイレは生活に欠かせない場所です。トイレつまりが起こったら、「早くトイレを使える状態にしたい」と思う方がほとんどでしょう。

 

いざインターネットなどでトイレつまりの修理業者を調べると、数えきれないほど多くの業者がいると分かります。しかし、中にはボッタクリのような高額請求する悪徳業者もいるため、注意が必要です。

 

そこでこの記事では、トイレつまり修理を依頼する業者を選ぶコツ、料金相場などをご紹介します。優良な業者を選び、トイレつまりをスムーズに解決しましょう。

業者に依頼せず自分で直せるトイレつまりの原因

トイレつまりの原因によっては業者へ修理を頼まずに、自分で直せる場合もあります。どういったトイレつまりなら自分で直せるのか、以下でお伝えしましょう。

トイレに流せるものがつまった

本来トイレに流せるものが原因でトイレつまりが生じた場合、自分で修理できる可能性があります。

  • トイレットペーパー
  • 排泄物
  • 流せるシート

こういったものはトイレに流せるため、自分で対処しやすいでしょう。バケツで水を流したり、ラバーカップを使ったりすれば、トイレつまりが直るかもしれません。

 

なお、トイレつまりは特別な道具を使わず、食器用洗剤やペットボトルで解消する方法もあります。修理を安く済ませたいなら、業者に相談する前にまずは自分で修理してみるのもよいでしょう。ただし、くれぐれも無理はしないでください。

 

以下の記事では、道具なしでもできるトイレつまりの直し方をまとめています。トイレに流せるものがつまったのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

 

⇒道具なしで自分でできるトイレつまりの解消法を見てみる

手が届く範囲に異物を落とした

トイレつまりの原因でよく見られるのは、トイレに異物を落としたケースです。

 

手が届く範囲にスマホやおもちゃなどの異物を落としたのであれば、ゴム手袋やビニール袋で拾いましょう。もし異物を取れたら、レバーを回して水を流してみてください。水が流れ、トイレつまりが解消する場合があります。

 

ただし、無理に異物を取ろうとすると、さらに奥へ入り込む可能性もあるため、注意してください。

 

もし異物を取り出しても

  • 水の流れが悪い
  • 異音がする

などのトラブルが起きているのであれば、他にも何かつまっている可能性が高いでしょう。業者に相談することをおすすめします。

 

なお、自分で直せるトイレつまりの原因や直し方は、以下でさらに詳しくまとめています。あわせてご覧ください。

 

⇒【完全版】自分でできるトイレつまりの直し方を見てみる

業者に依頼した方がよいトイレつまりの原因

業者に修理を依頼した方がよいのは、以下のトイレつまりです。なるべく早く業者へ相談しましょう。

自分で解決できない

自力でトイレつまりを直せなかった場合、放置して自然に直る可能性は低いといえます。

 

トイレつまりが発生していると水や空気が通りにくく、余計に異物がつまって悪化しやすい状態です。

 

異物が排水管の奥につまると修理料金が高くなってしまうので、トイレつまりが悪化する前に、早めに業者へ相談しましょう。

 

また、トイレつまりの原因が分からないときも放置はせず、業者へ相談してください。きちんと調査して原因を特定し、トイレつまりの悪化を防げるでしょう。

固形物がつまった

固形物をトイレに落としてつまった場合、無理に取ろうとすると便器や排水管を傷つける可能性があります。

 

以下は、便器に落としやすい固形物です。

  • スマホ
  • おもちゃ
  • ハンカチ
  • ボールペンなどの文房具
  • ライター

手の届かないところに固形物を落としてトイレつまりが発生したら、無理して取るのは避け、業者に修理を依頼しましょう。

 

排水管の奥に固形物がつまった場合、自分でトイレつまりを解決するのは困難です。便器の奥や排水管といった見えないところに固形物が落ちたときは、業者に相談してください。

トイレつまりの症状が重度

トイレつまりが起こり、

  • 水が全然流れない
  • 水が溢れそう
  • 異臭がする

など症状が重度なときは、重大なトラブルが起きている可能性があります。自力での解決は大変難しいため、すぐさま業者へ相談しましょう。

 

そのままトイレつまりを放置すると被害が拡大し、床が水浸しになったり、下の階にも水漏れしたりする恐れがあります。

 

重度なトイレつまりは修理料金が高くなりやすいため、なるべく早く業者に連絡し、修理を依頼しましょう。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

トイレつまり修理を業者に依頼した際の料金相場

トイレつまり修理を業者に頼みたいとき、「料金がいくらかかるのか不安」と感じる方もいるでしょう。

 

トイレつまり修理を業者に頼むと、料金は「出張料金+基本料金+作業料金+部品代」の合計が一般的です。業者によっては早朝・深夜の割増料金、特殊作業費なども発生します。

 

料金相場は、トイレつまりの症状や原因で大きく異なります。

 

症状別の料金相場は以下のとおりです。

  • 出張料金:0~3,000円
  • 基本料金:0~5,000円
  • 軽度のトイレつまり:5,000円~
  • 中度以上のトイレつまり:7,000円~

トイレつまりを業者に依頼した際、修理料金の相場は8,000~20,000円前後です。

 

相場料金に幅があるため、ご参考までに『クリーンライフ』の料金をご紹介します。

軽度なトイレつまり 5,500円
高圧ポンプ使用 5,500円
ドレンクリーナー使用 16,500円
高圧洗浄機使用 27,500円
洋式トイレ脱着工事費 33,000円
ウォシュレットの取替・取付・脱着 16,500円

上記の作業料金はあくまでも目安で、トイレつまりの状況や部品の種類などによって料金は変わります。

 

トイレつまり修理の具体的な料金は、業者が提示する見積もりで確認しましょう。

 

⇒クリーンライフで簡単な見積もり金額を見てみる

トイレつまり修理を業者に安く依頼する方法

トイレつまり修理の料金は、高ければ20,000円以上かかります。修理料金は急な出費のため、「なるべく安くで業者に修理してほしい」という方が大半でしょう。

 

ここではトイレつまり修理を業者に安く依頼する方法をお伝えするので、ぜひ実践してみてください。

悪化する前に相談する

トイレットペーパーや排泄物が原因でトイレつまりが起こった場合、安い料金で済むケースがほとんどです。しかし、状況が悪化していれば高圧洗浄機などを使う必要があり、高額になってしまいます。

 

トイレつまりが悪化すれば作業の手間が増え、修理料金が高額になりやすいので、なるべく早く業者に相談することが大切です。

 

自分で修理してもトイレつまりがなかなか直らないときは、排水管が原因とも考えられるでしょう。悪化する前に業者へ連絡することをおすすめします。

 

水浸しなどのトラブルが発生すると、トイレつまり修理以外の作業も必要になり、余分に高い費用がかかります。

余分な料金を避ける

トイレつまり修理を業者に依頼すると、以下の料金がかかる場合もあります。

  • 出張料金:0~3,000円
  • 早朝・深夜の割増料金:0~8,000円

出張料金はガソリン代や高速代を考慮し、請求する場合があるようです。早朝や深夜の割増料金は、訪問する時間帯によって設定している業者もいます。

 

トイレつまり修理を安く済ませたい方は、出張料金も割増料金も0円に設定にしている業者を選びましょう。

 

また、業者によってはキャンセルするタイミングで、キャンセル料金もかかります。依頼する前に、キャンセル料金が発生しないか確認しましょう。

相見積もりで料金比較

トイレつまりの修理を業者に頼もうと思い、ネットなどで検索すると

  • 激安
  • 地域最安値

と書かれているのを見る機会もあるでしょう。

 

しかし、見積もりを確認するまで、他の業者よりも本当に安いのかは分かりません。また、1社だけの見積もりで安いのか高いのかを判断するのは、難しいはずです。

 

複数の業者の見積もりを取り、料金を比較しましょう。高いときは交渉するのがおすすめです。

 

地域によって異なりますが、トイレの修理業者はエリア内に複数あります。「他の業者にも見積もりを依頼している」と伝えると、安くなる可能性が高いでしょう。

キャンペーンやクーポンを利用する

近年は、公式サイトを設けているトイレつまり修理業者が多くいます。

 

中にはWEB限定のクーポンを用意したり、キャンペーンを開催したりしている業者もあるので、積極的に活用しましょう。

 

クーポンやキャンペーンの割引で数千円安くなることもあり、大変お得です。修理後に気づいて後悔しないためにも、業者に依頼する前に公式サイトをチェックしてみましょう。

トイレつまりの修理業者を選ぶコツ

トイレつまりの修理業者はたくさんあり、初めて選ぶ方は戸惑ってしまうでしょう。

 

修理業者を選ぶコツをご紹介するので、トイレつまりの修理を依頼する前にぜひチェックしてみてください。

時間や都合に合わせて駆けつけてくれるか

トイレつまりは急に発生するケースがほとんどです。すぐにトイレを使える状態にしたいときは、到着時間が早い業者に依頼しましょう。

 

しかし、業者によっては営業時間が短く、翌日の対応になる場合もあります。トイレつまり修理を依頼するときは、24時間対応の業者がおすすめです。

 

24時間対応している業者はスタッフが各地で待機し、早朝でも深夜でも早く到着する可能性が高いでしょう。

 

業者が早く到着してすばやく修理すれば、トイレが何時間も使えないという状況を避けられます。

 

また、対応が遅れるとトイレつまりが悪化し、修理料金が高くなりやすいため、早く到着する業者を呼ぶと安い料金で済むことにもつながります。

見積もり後の追加料金がないか

作業料金に加えて、後から部品代や出張料金を請求する業者がいるため、注意が必要です。

 

また、見積もりでわざと安い値段を提示し、記載していない料金を修理後に請求する業者もいます。見積もり後に追加料金がないか、前もって確認しましょう。

 

ただし、トイレつまりは修理中に別の原因が見つかり、見積もり時と料金が変わるケースがあります。見積もりと料金が変わる場合、作業前に相談してくれる業者を選ぶのもポイントです。

 

後から追加料金を請求する業者は、公式サイトや広告などに小さな文字で注意書きを記載していることがあります。不安な方は連絡した際に「見積もり後に料金は追加されないか?」と確かめておくと安心です。

原因をきちんと説明するか

業者が現場に到着すると、まずはトイレつまりの状況を確かめ、原因を特定するのが一般的です。トイレつまりの原因が分かれば、原因にもとづいた値段で見積もりを出します。

 

見積もりは料金だけではなく、以下も確認しましょう。

  • なぜその作業が必要なのか
  • どういった作業をするのか

原因をはっきりと伝えない業者は、必要のない修理を行って高額請求する可能性があり、要注意です。

 

「作業をしないと原因は分からない」と言い張り、見積もりを出さずに修理しようとする業者はくれぐれも利用しないでください。相場よりも高い修理料金を請求される可能性が高いでしょう。

実績が豊富か

実績が豊富なことも、業者選びの大切なポイントです。

 

実績が豊富なほど、さまざまなトイレつまり修理に対応でき、スムーズに修理が終わります。経験豊富なスタッフがそろっている業者を選びましょう。

 

また、実績が豊富な業者はリピーターが多く、信頼性が高いともいえます。安心してトイレつまり修理を依頼できるという意味でも、おすすめです。

 

実績は業者の公式サイトに書かれている場合もあるため、確認してみましょう。

悪徳業者や詐欺を避けるポイント3つ

業者の中には、ボッタクリのような高額請求をする業者も紛れています。

 

悪徳業者や詐欺を避けるために、以下の3つのポイントに注意しましょう。

水道局指定工事店を選ぶ

水道局指定工事店の正式名称は「指定給水装置工事事業者」です。

 

以下のような条件を満たすと、水道局から指定されます。

  • 必要書類を提出する
  • 事業所に給水装置工事主任技術者を置く
  • 必要な機器を所有している

詐欺や不誠実な行為をしてしまうと、指定を取り消されるため、悪徳業者の可能性は非常に低いでしょう。

 

ただし、水道局指定工事店の料金が適切で、サービスや接客の質が高いとは限りません。「水道局に指定されているから安心」とは思わず、見積もりをきちんと確認するなど、他の業者と同じ目線で検討しましょう。

相見積もりを取る

相見積もりを取り、複数の業者の見積もりを比べると、料金が安いのか高いのか一目瞭然です。ボッタクリのような高額請求かどうかも、気づきやすいでしょう。

 

極端に料金が高い業者はもちろん、極端に安い業者にも注意してください。後から高額な料金を追加する悪徳業者かもしれません。

 

見積もりは相場と大きく外れていないか確認し、料金が高いときはなぜその修理が必要なのか、しっかりと説明を求めましょう。

修理を急かす業者は要注意

修理を頼んだ際、

  • 今作業しないと下の階まで水漏れする
  • 今すぐ修理しないと便器の交換まで必要になる

などと言い、契約を急かす業者には注意してください。

 

トイレつまりの原因や修理について何も説明せず、ただ焦らせて強引に作業しようとする業者は悪徳業者の可能性が高いでしょう。

 

トイレつまりが急に悪化するのは稀で、止水栓を閉めれば下の階まで水漏れしません。便器の交換など、大がかりな修理は不要なケースがほとんどです。

 

優良な業者なら、なぜ今すぐ修理する必要があるのか、きちんと説明します。急かすだけで説明が伴っていない業者は、修理を断りましょう。他の業者に見積もりを頼み、相談することをおすすめします。

修理業者を呼ぶ前にやっておきたい3つのこと

トイレつまりが起こると、何をどう対応すればよいのか分からず、慌ててしまう方もいるかと思います。

業者を呼ぶ前に、次の3つのことを済ませておきましょう。

止水栓を閉める

トイレつまりが起こったら、業者を呼ぶ前にまずは止水栓を閉めましょう。

 

トイレの止水栓を閉めれば水が止まるため、水漏れや水浸しになるのを防げます。止水栓はトイレタンクや壁の近くにあり、時計回りで閉まります。

 

止水栓が閉まらない場合や止水栓が見当たらない場合は、水道の元栓を閉めましょう。水道の元栓は戸建て住宅なら敷地内の地面、アパートやマンションなどの集合住宅は玄関横のメーターボックスにあるはずです。

 

止水栓または水道の元栓を閉めると、トイレつまりによる水漏れが起こる可能性はほぼなくなり、落ち着いた状態で業者を探せます。

トイレットペーパーなどを取り除く

トイレつまりによってトイレットペーパーや流せるシートが便器に浮遊していれば、あらかじめ取り除いておきましょう。

  • ゴム手袋
  • ビニール袋
  • 割り箸

などを使ってトイレットペーパーやシートを取り除くと、業者のスタッフが作業を進めやすい上、応急処置としても効果的です。

 

しかし、便器内のトイレットペーパーやシートは繊維がバラバラにほぐれているため、つかみにくいでしょう。無理に全部を取ろうとせず、取れる範囲だけで構いません。

水をくみ出す

便器内の水位が高すぎると業者のスタッフが作業しにくいため、修理が終わるまで余分に時間がかかる可能性があります。

 

トイレつまりで水が溢れそうなときは、

などで水をくみ出しましょう。

 

作業中にトイレの床が濡れないように、ビニールシートや新聞紙を敷いてから水をくみ出すと安心です。

トイレつまりを業者に依頼するなら

自分でトイレつまりを直せないときは、悪化する前に業者へ相談しましょう。業者に修理を任せると、トイレつまりの原因を見つけて確実にすばやく解決します。

 

しかし、ボッタクリのような高額請求や、修理を急かして不要な作業をするような悪徳業者を選ばないように注意してください。

 

私たちクリーンライフでもトイレつまり修理を24時間365日受け付けております。経験豊富なスタッフが最短30分で駆け、丁寧に対応します。

 

作業前に修理内容と見積もりを提示し、ご了承いただいてから作業を開始いたします。分かりやすい料金体系でご案内するため、初めて修理業者を利用する方もぜひお問い合わせください。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる