作業員待機中
13時25分現在、近くの作業員が最短30分〜でお伺いできます。
トイレトラブルの業者・料金

トイレ修理の料金は予定外の出費のため、なるべく安く済ませたいでしょう。

 

しかし、トイレ修理を行っている業者はたくさんあり、「どこが安いのか分からない」とお悩みの方もいるかもしれません。

 

また、広告やホームページに「格安」と書いている業者がボッタクリ請求をする悪徳業者の可能性もあり、注意が必要です。

 

そこでこの記事では、トイレ修理を業者に安く依頼する方法をまとめました。トイレ修理を安い料金で行う業者をお探しの方は、ぜひご覧ください。

トイレ修理を業者に依頼する症状・原因

トイレ修理を業者に依頼するケースは、次のような症状・原因です。

トイレ修理業者を選ぶ前に、当てはまるかどうかチェックしてみてください。

原因が分からない

トイレはたくさんの部品で作られています。トイレつまり水漏れが起こっても、どこに原因があるのか分からないこともあるでしょう。

 

中でも、タンクは

  • オーバーフロー管
  • フロートバルブ
  • 浮き玉

など複数の部品があり、原因が分かりにくい場所です。

 

また、排水管や便器の奥は業者でなければ確認が難しく、もしトラブルの原因になっていても分かりにくいでしょう。

 

トイレ修理を業者に依頼すれば、現場を確認し、原因を特定します。トイレは日常的に使う場所です。原因をしっかりと把握するためにも、業者に相談しましょう。

自分で修理したが解決できない

「たぶんこう修理すれば直るだろう」と適当にトイレ修理をしてしまうと、部品の接続不良などでトラブルが大きくなるケースがあり、注意が必要です。

 

間違った方法でトイレ修理を行うと、安いどころか高くつくこともあります。マンションやアパートでトイレの水漏れが重症化すれば、下の階にも悪影響を与える可能性があるでしょう。

 

自分でトイレ修理をしても解決できなかった場合は、業者に相談してください。

 

トイレの床や壁にも被害が及ぶと、修理料金は余計に高くなります。早めに業者へ連絡することをおすすめします。

便器の水が溢れそう

便器の水位が上がり、元の水位に戻るまで時間がかかる場合は、トイレつまりが発生していると考えられます。

 

水が溢れそうなら、便器または排水管の奥で何かがつまってしまい、トイレつまりが重症化している可能性があります。なるべく早めに、業者にトイレ修理を頼みましょう。

 

便器の水が溢れそうな場合は止水栓を閉め、バケツや灯油ポンプなどを使って水をくみ出しましょう。なお、止水栓はトイレの壁や床にあり、時計回りで閉まります。

 

くれぐれも、水位が上がっているときに水を流さないでください。水が溢れる他、トイレつまりが悪化する可能性もあるでしょう。

便器や排水管の奥に物が落ちた

便器や排水管の奥に次のような物を落とし、トイレつまりが発生することもあるでしょう。

  • スマホ
  • おもちゃ
  • ハンカチ
  • タオル
  • メモ帳やボールペンなどの文房具
  • おむつ
  • 生理用品

もしトイレに物を落として取れないときは業者に連絡し、取り出してもらいましょう。

 

便器や排水管の奥で何かがつまったままでは、トイレットペーパーや排泄物がつまり、状況が悪化する恐れがあります。

 

落とした物を無理やり取るのは控え、業者に相談してください。無理に取ろうとすると便器や排水管に傷がつく可能性があり、場合によっては破損するかもしれません。

ウォシュレットの不具合

ウォシュレットは電化製品で、経年劣化による不具合が生じることがあります。製品によりますが寿命は7~10年程度で、10年をこえると故障に注意しなければなりません。

 

ウォシュレットは自分では修理できず、メーカーまたは業者しか修理できないものが大半です。市販されていない部品も多くあります。

 

ウォシュレットの電気回路に水がかかれば、感電や火災が起きる可能性があり、大変危険です。ウォシュレットの不具合が見つかったら、電源プラグを抜いて、メーカーや業者に相談しましょう。

 

機種によっては、自分で部品を交換できるウォシュレットもあります。しかし、「自分で交換するのは難しい」と思ったら業者に修理を任せましょう。

便器のヒビ割れや破損

便器のヒビ割れや破損は、便器の交換で修理するケースがほとんどです。業者に相談しましょう。

 

小さなヒビ割れなら、補修テープやパテで解決できることもあります。しかし、ヒビ割れを完全に修理したわけではないため、あくまでも応急処置として利用しましょう。

 

なお、便器と床の間から水漏れが発生している場合は、以下の可能性も考えられます。

  • 便器の設置不良
  • 排水管の不具合

どちらのケースも自力で修理するのは難しいため、業者に依頼しましょう。

 

トイレの床の水漏れについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考ください。

 

⇒トイレの床の水漏れの原因・対処法を見てみる

トイレ修理を業者に頼んだ際の料金相場

トイレ修理の料金は、業者や作業内容などによって異なります。

安いのか高いのか判断できるように、トイレ修理の料金相場をご紹介します。

基本的な料金の相場

トイレ修理を行う業者によっては、広告やホームページに「トイレのトラブル1,000円」と記載している業者もいます。

 

「安い」と思うかもしれませんが、実際は1,000円程度では修理できません。一部の料金を記載し、安く見せているだけです。

 

業者にトイレ修理を任せる場合、料金は以下を合計した金額が一般的です。

  • 基本料金
  • 作業料金
  • 部品代

基本料金はどのトイレ修理でも発生し、作業料金と部品代は修理する内容や部品などによって変動します。

つまり・水漏れのトイレ修理の料金相場

トイレ修理の依頼で大変多い、トイレのつまりと水漏れの料金相場を以下にまとめました。

軽度なトイレつまりや水漏れであれば、トイレ修理は4,000円程度で済みます。

 

しかし、高圧洗浄や便器交換といった作業は大きな手間がかかるため、数万円と高額になります。

 

また、業者によっては出張費が上乗せされます。営業所が遠くにある業者にトイレ修理を依頼するときは注意しましょう。

 

夜間・深夜にトイレ修理を頼んだ場合、別途料金がかかる業者もあります。3,000〜10,000円の夜間・深夜料金がかかれば高くつくため、注意しましょう。

 

トイレつまり修理の料金相場は、以下で詳しく取り上げています。ぜひ参考にしてみてください。

 

⇒トイレつまり修理の料金相場を見てみる

トイレ修理の料金事例

実際のトイレ修理の料金を知りたい方のために、『クリーンライフのトイレ修理の料金事例』をご紹介します。

トイレつまり修理の料金事例

軽度なトイレつまり 5,500円
高圧ポンプ使用 5,500円
ドレンクリーナー使用 16,500円〜
高圧洗浄機使用 27,500円~

トイレ水漏れ修理の料金事例

トイレの水漏れ 3,300円
ボールタップ交換 8,800円
フロートバルブ交換 8,800円
上水栓交換 13,200円
タンクレバー交換 8,800円
給水管交換 13,200円
トイレの蛇口交換 13,200円
フレキ管交換 8,800円
薬品洗浄 8,800円
タンクの交換 16,500円

その他の交換を伴うトイレ修理の料金事例

洋式トイレ脱着工事費 33,000円
ウォシュレットの取替・取り付け・脱着 16,500円
便器の交換 33,000円

※上記の料金は目安で、トイレの状況や部品の種類などによって料金は変動します。作業スタッフが現場で状況を確認し、最終お見積もりを提示いたします。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

トイレ修理を業者に安く頼むコツ3つ

トイレ修理を業者に頼むと、安くても4,000円程度、高い場合は10万円近くかかります。

「修理料金を少しでも安くしたい」という方は、ぜひ次のコツを意識してみてください。

割増料金や出張費を避ける

業者を呼ぶと夜間や祝日の割増料金、出張費が別途必要になることがあります。

 

割増料金も出張費も、トイレ修理には直接関係のない料金です。日中に修理を依頼したり、自宅近くの業者を呼んだりし、余分な料金が発生しないようにしましょう。

 

業者や依頼する時間によっては、夜間の割増料金や出張費だけで3,000~10,000円かかってしまいます。

キャンペーンの割引で安くする

トイレ修理を受け付けている業者の中には、キャンペーンを実施している業者もいます。

  • 初回限定割引
  • 「ホームページを見た」と伝えれば割引
  • 7日前に予約すれば10%OFF

このようにさまざまなキャンペーンがあるので、条件に合うものがあれば積極的に利用し、トイレ修理の料金を抑えましょう

 

簡単な条件で2,000〜3,000円ほど安くなる、お得な割引を用意している業者もあります。ホームページにキャンペーン情報が書かれているケースが多いため、業者選びの際はぜひチェックしてみてください。

早めにトイレ修理を依頼する

トイレのトラブルが悪化してしまうと、修理の手間が増える分、料金は高額になります。

 

料金を安くするには、早めに業者へトイレ修理を依頼することもポイントです。

 

軽度のつまりや水漏れも、油断してそのまま放置すれば悪化する可能性があります。早いうちにトイレ修理を依頼し、安い料金で済ませましょう。

トイレ修理料金が安すぎる業者の注意点

トイレ修理を行う業者の中には「安い」と宣伝していても、実際は相場と大きくかけ離れた、ボッタクリ請求をする悪徳業者も紛れ込んでいます。

トイレ修理を業者に安く依頼したいときは、以下の点に注意しましょう。

記載された言葉を信じ込まない

トイレ修理業者の広告やホームページに、

  • 地域最安値
  • 格安

と記載されているのを見たことがある方もいるでしょう。

 

しかし、トイレ修理の依頼を増やすために目立つような記載をし、地域最安値や格安の証拠を提示していない業者が大半です。

 

「安い」と思ってもすぐにはトイレ修理を依頼せず、まずは見積もりで料金をきちんと確認しましょう。

 

また、「〇〇無料」と大きく書いていても、小さな文字で料金がかかるケースを書いている業者もいます。記載された言葉を安易に信じないよう、くれぐれも注意してください。

急かす業者は選ばない

業者にトイレ修理を依頼する場合、相談しなければなりません。

 

相談した際に、

  • 今修理しないともっと悪化する
  • 今なら半額
  • 今すぐ修理すれば安い

と急かす業者がいます。

 

トイレの止水栓を閉めれば、すぐにトラブルが悪化することは滅多にありません。トイレ修理を急かす業者を選ぶのは避けましょう。

 

また、料金の安さだけを理由にトイレ修理を急かす業者もおすすめしません。焦らせて強引に契約を取ろうとしている可能性があります。正式にトイレ修理を依頼するかどうかは、見積もりの金額を見てから判断しましょう。

トイレ修理を任せる業者を探すときのポイント

トイレ修理を安い料金で業者に依頼したいときは、優良な業者を探すことも大切です。

悪徳業者を選ばないように、以下のポイントに気をつけましょう。

水道局指定工事店を選ぶ

水道局指定工事店の正式名称は「指定給水装置工事事業者」といいます。

 

適正に給水装置工事を行えると、水道局から認められた業者です。以下のような複数の条件を満たすと、指定を受けられます。

  • 工事に必要な機器を所有する
  • 給水装置工事主任技術者がいる

違反行為をすれば水道局から指定を取り消される場合があるため、悪徳業者の可能性は低いでしょう。

 

ただし、水道局指定工事店なら料金が適切とは限りません。どの業者であっても、トイレ修理を依頼するときは見積もりを必ず確認しましょう。

複数の業者に見積もりを依頼

1社の業者の見積もりだけでは、トイレ修理の料金が安いのかどうか判断するのは困難です。複数の業者に見積もりを依頼し、料金を比較しましょう。

 

複数の見積もりを確認すれば、以下のメリットがあります。

  • 1番安い業者を自分で確かめられる
  • 値下げ交渉しやすい
  • 悪徳業者に気づきやすい

他社が提示した金額をもとに「〇〇(業者名)の見積もりでは△△円なので、もっと安くなりませんか?」と交渉しやすくなります。少なくとも3社に見積もりを依頼するのがおすすめです。

見積もりは作業項目も確認

業者にトイレ修理の見積もりを依頼した際、料金に注目しやすいですが、作業項目もしっかり確認しましょう。

 

トイレ修理の料金は、実際に行う作業で決まります。見積もりには作業項目も書かれているか確認してください。

 

見積もりに料金だけを記載し、作業項目を一切書いていない業者は避けましょう。

 

見積もりでは以下も確認してください。

  • 料金は相場と大きな差がないか
  • 作業内容を丁寧に説明するか
  • 質問にきちんと回答するか

作業内容の説明が曖昧など、もし不審に感じることがあれば、他の業者に相談しましょう。

トイレ修理を業者に依頼したいときは

トイレ修理の料金は業者、トラブルの原因などで変わります。

 

「地域最安値」「無料」といった言葉にだまされず、安いかどうかは見積もりを見てから判断しましょう。

 

私たち『クリーンライフ』でもトイレ修理のご相談を承っております。

 

24時間365日対応し、お見積もりは電話やメール、LINEにて無料で受け付けています。明朗会計で料金をご提示しているため、初めての方もお気軽にご相談ください。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

2021.08.24

トイレは使う頻度が高いため、つまりや水漏れなどのトラブルが発生しやすい場所です。

 

トラブルが発生してトイレ修理業者に頼む際、やはり気になるのは料金でしょう。トイレ修理の料金は業者、トラブルの原因や度合いなどによって異なります。

 

そこで今回は、トイレ修理の料金相場をご紹介します。料金相場を知ると、見積もりの金額が安いのか高いのかすぐに判断できるようになります。

 

実際の料金事例、料金を安くする方法や自分でトイレ修理する際の料金相場もお伝えするので、ぜひご覧ください。

トイレ修理を業者に依頼するケース

トイレのトラブルといっても、さまざまなケースが考えられます。

以下に該当する場合は、トイレ修理を業者に依頼しましょう。

原因が分からない

トイレには多くの部品があるため、トイレつまりや水漏れが発生しても、どこが原因なのか分からないケースもあります。

 

特にタンクの中にはフロートバルブやボールタップ、オーバーフロー管などいろんな部品で構成されているので、原因が分かりにくいでしょう。

 

また、以下は自分で確認するのが困難な場所です。

  • 排水管
  • 便器の奥

業者にトイレ修理を頼めば点検を行い、どこがトラブルの原因なのか突き止めて修理します。トイレは日常生活で頻繁に使うので、はっきりとした原因が分かれば安心です。

自分で修理しても直らない

自分でトイレ修理をして解決できないときは、すぐさま業者へ相談しましょう。

 

間違った方法で修理したまま放置すると、トラブルが悪化してしまいます。マンションやアパートのトイレで水漏れが悪化すれば、下の階にも水漏れが拡大する恐れもあります。

 

トイレのトラブルが軽度なうちに、業者へ相談してください。

 

また、トラブルが悪化するとトイレ修理の作業が増え、修理料金が高くなる可能性があり、注意が必要です。

便器の水が溢れそう

便器の水位が下がらず、なかなか元の水位に戻らないときは、排水管や便器の奥で何かがつまっている可能性があります。

 

水が溢れそうであれば、つまりの原因が流れず、重度なトイレつまりが発生しているかもしれません。なるべく早く業者に相談し、トイレ修理を依頼しましょう。

 

水が溢れそうなときはトイレの止水栓を閉め、バケツや灯油ポンプなどで便器内の水をくみ出してください。止水栓はトイレの床や壁にあり、右回り(時計回り)で閉まります。

 

なお、水位が上がった状態で水を流さないでください。水が溢れるだけではなく、トイレの状況が悪化する恐れもあります。

便器の奥に物を落とした

便器の奥にスマホやおもちゃなどを落とし、トイレつまりが発生したときは、業者に落とした物を取ってもらいましょう。

 

便器や排水管の奥に固形物が引っかかった状態では、トイレットペーパーや排泄物がつまってしまい、トイレつまりがもっと悪化する可能性があります。

 

なお、便器の奥に落とした物を強引に取ろうとするのは控えてください。便器や排水管が破損したり、傷がついたりする恐れがあります。

ウォシュレットが故障している

ウォシュレットは電化製品で、寿命はおよそ7~10年です。10年ほど経つと故障する可能性が高くなります。

 

ウォシュレットは一般的なトイレとは異なり、自分では修理できないケースが多くあります。量販店で取り扱っていない部品が必要な場合は、メーカーや業者に修理を頼むしかありません。

 

また、ウォシュレットは電気回路があり、水がかかると感電や火災を招く恐れがあります。もしウォシュレットの故障に気づいたら、電源プラグを抜き、メーカーや業者に相談してください。

 

なお、機種によっては、自分でパッキンやノズルを交換できるウォシュレットもあります。ただし交換が難しいと感じたら無理はせず、修理業者に相談しましょう。

便器が破損している

便器のヒビ割れや破損で水漏れしているときは、便器を交換して修理することが多いため、業者に相談しましょう。

 

「補修テープで修理できる」と思う人もいるかもしれませんが、根本的な解決とはいえません。補修テープを使う場合はあくまでも応急処置に留め、便器の修理は業者に頼みましょう。

 

また、便器と床の間から水漏れしているケースでは、以下の原因も考えられます。

  • 便器の設置不備
  • 排水管のトラブル

どちらも自分で修理するのは非常に難しいので、業者に相談してください。

 

なお、トイレの床の水漏れについては、以下の記事で詳しくまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

 

⇒トイレの床の水漏れの原因・対処法を見てみる

症状別のトイレ修理の料金相場まとめ

トイレ修理の料金体系は業者によって異なりますが、一般的には以下の合計が修理料金です。

  • 基本料金
  • 作業料金
  • 部品代

基本料金はどのトイレ修理でもかかる料金です。作業料金と部品代は、トラブルの度合いや原因、交換する部品などで変わります。

 

トイレトラブルの中でも非常に多い、トイレつまりと水漏れの料金相場をまとめました。見積もりを確認する際、ぜひお役立てください。

つまりによるトイレ修理の料金相場

トイレつまりの修理は複雑な作業や大がかりな工事がなければ、約8,000~20,000円が相場です。

 

軽度なトイレつまりなら、相場よりも安い料金で済むケースもあります。

 

ただし、便器の奥や排水管の奥に何かつまり、便器の取り外しが必要な場合は約3~5万円かかるため、注意してください。便器の取り外しは技術が必要で、大きな手間がかかり、料金相場は高くなっています。

 

トイレつまり修理の料金相場については、以下の記事をご参考ください。

 

⇒トイレつまり修理の料金相場を見てみる

水漏れによるトイレ修理の料金相場

水漏れの発生した場所、原因などにより、トイレ修理の料金相は違います。

 

たとえば、以下のように修理料金の相場が違うため、1万円ほど差が生じる場合もあるのです。

  • パッキン交換の料金相場:4,000~5,000円前後
  • ウォシュレットの水漏れ修理の料金相場:15,000~20,000円前後

水漏れによるトイレ修理の料金を総合すると、約25,000円~が相場です。トイレつまりと同様に、症状が軽ければ安くなります。

 

ただし、水漏れが悪化して床が傷んでしまうと、床の補修や張り替えまで必要になり、さらに高額な修理料金がかかります。

 

トイレの床の張り替えは、2〜4万円ほどが相場です。選ぶ床材によって相場は大きく異なります。

  • クッションフロア:2〜4万円ほど
  • フローリング:3〜6万円ほど
  • フロアタイル:3〜5万円ほど
  • タイル:4.5〜12万円ほど

修理料金を抑えるためにも、トイレの水漏れに気づいたら早めに業者へ相談しましょう。

 

⇒トイレ水漏れ修理の料金相場を見てみる

トイレ修理を業者に依頼した際の料金事例

トイレ修理にかかる料金をイメージしやすいように、『クリーンライフ』の修理料金をご紹介します。

トイレつまり修理の料金事例

軽度なトイレつまり 5,500円
高圧ポンプ使用 5,500円
ドレンクリーナー使用 16,500円〜
高圧洗浄機使用 27,500円~

トイレ水漏れ修理の料金事例

トイレの水漏れ 3,300円
ボールタップ交換 8,800円
フロートバルブ交換 8,800円
上水栓交換 13,200円
タンクレバー交換 8,800円
給水管交換 13,200円
トイレの蛇口交換 13,200円
フレキ管交換 8,800円
薬品洗浄 8,800円
タンクの交換 16,500円

その他の交換を伴うトイレ修理の料金事例

洋式トイレ脱着工事費 33,000円
ウォシュレットの取替・取り付け・脱着 16,500円
便器の交換 33,000円

※上記の料金は目安で、トイレの状況や部品の種類などによって料金は変動します。作業スタッフが現場で状況を確認し、最終お見積もりを提示いたします。

トイレ修理の事例

トイレ修理の実際の事例も、あわせてご紹介しましょう。

  • ウォシュレットノズルの修理:8,640円
  • フロートバルブの交換:11,000円
  • ローポンプ作業で異物取り出し:15,120円
  • ボールタップや金具の交換:27,500円
  • 便器脱着で異物取り出し:74,800円

トイレ修理で交換する部品、トイレつまりや水漏れの度合い、便器の取り外しなどで料金は大きく違います。実際の料金事例ではありますが、あくまで参考程度にご覧ください。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

トイレ修理の料金を安くするコツ3つ

トイレ修理の料金相場は安くても4,000〜5,000円、便器の取り外しや床の張り替えも必要になればさらに高額な料金がかかります。

 

トイレを使うために必要な修理とはいえ、「予定外の出費にあまりお金をかけたくない」という人が大半でしょう。

 

そこでここでは、トイレ修理の料金を安くするコツを3つご紹介します。

トラブルの悪化を避ける

トイレのトラブルが悪化すると修理の作業が増えたり、特殊な作業が必要になったりし、料金は高くなってしまいます。

 

症状が軽いうちに業者へ連絡し、早めにトイレ修理を済ませましょう。

 

少しの水漏れ、軽度なつまりでも、放置してしまうと悪化する可能性があります。早く業者に相談すれば安い料金で済みますし、きちんと修理が終わって安心してトイレを使えます。

修理に直接関係ない料金を減らす

近くに業者の営業所がなければ、出張料金がかかることもあります。トイレ修理を行う現場へ向かうために有料道路を利用した場合、出張料金は割高になるでしょう。

 

また、早朝や夜間、土日祝日にトイレ修理を頼む場合は、割増料金に注意が必要です。高いときは5,000円以上の割増料金がかかります。

 

出張料金や割増料金といった、トイレ修理に直接関係のない料金はなるべく減らしましょう。

 

緊急時でどうしても早朝や祝日などにトイレ修理を依頼しなければならないときは、出張料金や割増料金が0円の業者を選ぶことをおすすめします。

キャンペーンを活用する

業者によっては、お得なキャンペーンを開催しています。キャンペーンの適用条件、割引される料金は業者によってさまざまです。

  • 「ホームページを見た」と伝えるだけで割引
  • 初回限定割引
  • 早めの予約で○%割引

キャンペーンを利用すれば、「トイレ修理は思っていたよりも安かった」という場合もあります。

中には2,000〜3,000円割引されるキャンペーンもあるので、条件に当てはまる人はぜひ利用しましょう。

トイレ修理を業者に依頼するときのポイント

残念ながら、トイレ修理を行う業者がすべて親切で、料金が適切とは限りません。ボッタクリ料金を請求する悪徳業者も潜んでいます。

 

悪徳業者を選ばないために、トイレ修理を業者に依頼するときのポイントをご紹介するので、業者選びの前にぜひ確認してみてください。

水道局指定工事店を選ぶ

水道局指定工事店とは「指定給水装置工事事業者」のことです。

 

水道局から、給水装置工事を適切にできると認められた業者を指します。水道工事に関する知識や技術を持ち、信頼性の高い業者です。

 

違反行為をすると指定を取り消しまたは停止される場合があるので、悪徳業者の可能性は低いといえるでしょう。

 

しかし、水道局指定工事店の修理料金が一概に適切とはいえません。相場より高い可能性もあるため、どの業者でも見積もりは確認しましょう。

複数の業者に見積もりを頼む

トイレのトラブルの原因によっては、やむを得ず相場よりも修理料金が高くなることもあります。

 

しかし、1社だけの見積もりでは、トイレ修理の料金が適正かどうか分かりません。

 

トイレ修理を頼む前に、まずは複数の業者に見積もりを依頼しましょう。見積もり金額に他社と大きな差がある場合、ボッタクリ業者と判断しやすいはずです。

 

また、見積もりを依頼したときに

  • 今すぐ修理しなければ大変なことになる
  • すぐに便器を交換する必要がある

などと言って焦らせる業者は選ばないでください。

 

今すぐトイレ修理が必要なケースは稀です。止水栓を閉めればトイレの水が止まり、被害を最小限に抑えられます。

 

不審に感じたら他の業者に相談してください。複数の業者に相談して見積もりを頼めば、本当に今すぐ必要な修理なのかどうかも分かるでしょう。

見積もりをこまかく確認

トイレ修理の見積もりは料金だけに注目せず、作業項目を確認することも重要です。

 

作業する内容でトイレ修理の料金が決まるため、見積もりには作業項目を記載します。見積もりに作業項目がなく、合計金額だけを記載する業者は、悪徳業者の可能性があります。

 

また、見積もりを確認する際は次の点にも注意しましょう。

  • 料金が相場と大きく変わらないか
  • 見積もりの内容をきちんと説明するか
  • 質問に丁寧に答えてくれるか

曖昧な説明や回答でトイレ修理をしようとする業者は、後で高額請求したり、手抜き工事をしたりする可能性もあり、注意が必要です。

トイレ修理を自分でできるケース

以下でお伝えするケースなら、自分でトイレ修理をできるかもしれません。

 

ただし、無理にトイレ修理するのはくれぐれも避けてください。修理できないときは速やかに業者へ相談しましょう。

トイレの部品の交換で直る

トイレの部品に不具合が生じた場合、部品によっては自分で交換できます。

 

次の部品はホームセンターやメーカーの通販サイトなどで購入し、交換できる可能性があるでしょう。

  • 各種パッキン
  • ボールタップ
  • フロートバルブ
  • 浮き玉
  • ウォシュレットのノズルや給水フィルター

ボールタップやフロートバルブ、浮き玉はタンクの部品です。タンクの中は複雑で、修理が難しいと思う人もいるかもしれません。

 

タンクに限らず、部品交換ができそうにないときは作業を中止し、業者に相談しましょう。

ナットの緩みを締める

トイレで水漏れしている際、ナットを締めるとすぐに解決することがあります。

 

ナットはトイレのさまざまな場所に付いているため、水漏れに気づいたらナットを確認してみましょう。

 

ナットは以下のような場所に付いています。

  • 給水管
  • 止水栓
  • 便器
  • タンク
  • ウォシュレット

もし手でナットが回るのであれば、緩んでいる状態です。モンキーレンチで締めて、水漏れが止まるか様子を見てみましょう。

軽度のトイレつまり

以下が原因で軽度のトイレつまりが起こったケースも、自分で修理できる場合があります。

  • 排泄物
  • トイレットペーパー
  • トイレに流せるシート

どれも本来は水に流れるため、まずは自分で修理してみるのもよいでしょう。

 

ただし、強引に水を流してしまうと状況が悪化し、水が溢れる恐れがあります。ラバーカップ(すっぽん)や真空式パイプクリーナーなどを使い、適切に修理しましょう。

 

自分でできるトイレつまりの直し方は以下で詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

⇒【完全版】自分でできるトイレつまりの直し方を見てみる

自分でトイレ修理をする際の料金相場

自分でできるトイレ修理の料金相場は、使う道具によって異なります。

 

トイレ修理でよく使われる道具、その料金相場を以下にまとめました。

  • モンキーレンチ:100〜1,000円前後
  • 部品代:100〜5,000円前後
  • ラバーカップ(すっぽん):100~1,000円前後
  • 真空式パイプクリーナー:1,000~2,000円前後
  • 重曹:100~400円前後

もっと安くトイレ修理を済ませたいときは、バケツで水やぬるま湯を流したり、ビニール袋で直したりする方法もあります。

 

お使いのトイレによっては、5,000円以上の部品が必要なケースもあり、注意が必要です。

 

しかし、トイレ修理を自分で行う機会は滅多にないため、時間がかかり、結局直せないケースも少なくありません。

トイレ修理の方法をよく分からないまま作業してしまい、トラブルが悪化し、始めから業者にトイレ修理を任せた方が安いこともあります。

トイレ修理を業者に依頼したいときは

トイレのトラブルはいろいろな原因が考えられるため、修理したいときは業者に相談すると的確です。

 

トイレ修理の料金は相場だと少なくとも約4,000円以上かかりますが、早めに業者へ相談すれば、安くなる可能性があります。

 

私たち『クリーンライフ』でもトイレ修理を24時間365日受け付けています。

 

お見積もりは無料で、出張料金もかかりません。明朗会計をモットーに対応し、了承を得てから作業を開始いたします。トイレで何かお困りなら、ぜひ一度ご相談ください。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

2021.08.24
2021.09.03

水漏れはトイレでよく起こるトラブルです。しかし、トイレの水漏れ修理にどれぐらいの料金がかかるのか分からない方も多いでしょう。

 

トイレの水漏れ修理の料金は原因や修理の作業内容、業者などによって異なります。

 

中には悪徳業者もいるため、単に「安いから」という理由だけで水漏れ修理を頼んでしまうと、後で高額請求されるかもしれません。

 

そこで今回は、トイレの水漏れ修理の料金相場をご紹介します。どれぐらいの相場か知っておくと、悪徳業者かどうか判断しやすいので、ぜひ参考にご覧ください。

トイレの水漏れ修理を業者に依頼するケース3つ

まず、業者にトイレの水漏れ修理を頼むのはどんなケースなのか、お伝えします。

以下3つのいずれかに当てはまった場合は、早めに業者へ修理を依頼しましょう。

1.水漏れの原因が分からない

トイレの水漏れに気づいても、何が原因でどこから水漏れしているのか分からないこともあります。

 

水漏れの原因が分からないときは、

  • トイレの床下の排水管
  • 壁の内側の配管

で水漏れが発生しているとも考えられます。自力での確認が難しいため、便器やトイレタンクを見ても原因を見つけられません。

 

トイレの水漏れを放置すると、床の修理も必要になる可能性があります。被害が大きくなる前に、早めに業者へ相談しましょう。

2.自分で修理できない

トイレの水漏れを自分で修理できないときも、早めに業者へ相談してください。

 

マンションやアパートといった集合住宅でトイレの水漏れを放置すると、下の階にも被害が及ぶ恐れもあります。

 

被害を最小限に抑えるためにも、自分で修理できないと判断したらなるべく早く業者に修理を依頼しましょう。

 

なお、自分で修理したとしても、以下の場合はトイレの水漏れを解決できていません。

  • 取り付ける部品を間違った
  • 水漏れ補修テープで修理した

 

こういった修理では、水漏れが悪化したり、再発したりする可能性があります。悪化すると修理料金がかさむため、早めに対処しましょう。

3.ウォシュレットから水漏れしている

ウォシュレットの水漏れは自分では修理できないケースが大半です。

 

ウォシュレットの修理は専門的な技術や知識が必要で、自分で修理することを推奨していないメーカーもあります。水漏れが起こった場所によっては、市販されていない部品が必要になります。

 

また、ウォシュレットの電気系統に水がかかると、感電や火災が発生する可能性もあり、大変危険です。自分で修理しようとすると壊れたり、悪化したりする可能性もあります。

 

安易に修理しようとせず、ウォシュレットの水漏れに気づいたら止水栓を閉め、電源を抜きましょう。止水栓を閉める方法は、後ほどご紹介します。

トイレ水漏れ修理でかかる基本的な料金相場

「トイレのトラブル1,000円」と書かれている広告を見たことがある方もいるでしょう。しかし、1,000円でトイレの修理が終わるのは稀で、安く見せるために一部の料金を書いているケースがほとんどです。

 

正確な料金を知りたいときは業者に見積もりを頼み、合計金額を確認しましょう。

 

トイレの水漏れ修理の料金は基本的に、以下の3つで構成されています。

  • 基本料金
  • 作業料金
  • 部品代

基本料金はほとんどの業者が設定し、どの修理でもかかる料金です。

 

作業料金は作業する内容によって違います。簡単な作業は安く、大がかりで難しい作業は高い傾向が見られます。

 

トイレの水漏れ修理はパッキンなど、部品を交換することもあります。部品ごとに料金が異なり、安いものであれば1つ数千円程度です。

 

また、早朝や深夜、休日に修理を頼むと、割増料金が発生する業者もあります。出張料金がかかることもあるので、注意しましょう。

原因・症状別のトイレ水漏れ修理の料金相場

トイレの水漏れ修理の料金相場は25,000円~ほどです。

 

しかし、水漏れの原因や症状によって料金が異なり、相場よりも安いケースもあります。

 

トイレの水漏れの原因や症状別に料金の相場をご紹介するので、原因が判明している場合はぜひ参考にしてみてください。

トイレつまりによる水漏れの修理の料金相場

トイレの水漏れの多くは、つまりが原因によるものです。

  • 大量にトイレットペーパーや排泄物を流した
  • スマホやおもちゃなどの固形物を落とした

こういった原因でトイレつまりが発生し、水漏れを招くケースは多々あります。
トイレつまりによる水漏れの修理を頼む場合、料金相場は8,000~20,000円程度です。

 

トイレつまりが重度であれば、便器を取り外して修理することもあります。便器を取り外す場合の料金相場は3~5万円、安くても1~2万円前後かかります。

給水管が原因による水漏れの修理の料金相場

トイレの水を流して給水管から水が出るようなら、給水管が原因で水漏れしていると考えられます。

 

築年数が古い、または居住年数が長い住宅やビルのトイレは、給水管が劣化し、水漏れが発生することがあります。

 

給水管から水漏れする場合、原因として多いのがパッキンの劣化です。

 

パッキンの交換だけなら4,000円~、給水管の交換は5,000円~が料金相場となっています。

タンク部品の不具合による水漏れの修理の料金相場

トイレタンクには

  • フロートバルブ
  • 浮き玉
  • ボールタップ
  • レバー

など、さまざまな部品があります。

 

タンクの部品が劣化したり、破損したりし、水漏れすることがあります。タンクを開けて部品に不具合が生じていないか、確認してみましょう、

 

業者に修理を頼むと、タンクを脱着するかしないかで料金が大きく変わります。

  • タンクを脱着せずに修理:6,000~15,000円程度
  • タンクを脱着して修理:11,000~30,000円程度

パッキンの交換だけなら、5,000円ほどで修理が終わるケースもあります。

便器の水漏れ修理の料金相場

便器のヒビ割れや破損で水漏れしている場合、補修ではなく、便器を交換するのが一般的です。

 

また、便器の配管の接続部分が劣化している場合も、便器を交換する可能性があるでしょう。

 

便器の交換にかかる料金は、およそ3~5万円が相場です。便器の種類で料金が変わり、高性能の便器に交換すると料金は高くなります。

 

便器の交換で注意したいのは、便器本体の料金です。便器本体の料金は約10~30万円かかるので、安く済ませたい方は古いモデルを選ぶとよいでしょう。

トイレの床から水漏れする際の修理の料金相場

トイレの床から水漏れしている原因は、以下が考えられます。

  • 便器と床をつなぐパッキンの劣化
  • 排水管の劣化

トイレの床から水漏れする場合、パッキンの交換といった簡単な修理なら5,000円前後が相場です。

 

排水管の劣化などで大がかりな作業が必要になると、5万円以上かかることもあります。

 

水漏れでトイレの床が傷むと床の張り替えも必要で、修理料金がより高くなってしまいます。

 

床の張り替えの料金は、以下が相場です。

  • クッションフロア:2~4万円程度
  • フローリング:3~6万円程度
  • フロアタイル:3~5万円程度
  • タイル:約4.5~12万円程度

トイレの床から水漏れしていると分かったら、床への被害が大きくならないうちに、なるべく早く業者へ連絡しましょう。

 

なお、トイレの床の水漏れについては、以下でより詳しくまとめています。トイレの床の水漏れにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

⇒トイレの床の水漏れの対処法・修理の料金相場を見てみる

ウォシュレットの水漏れ修理の料金相場

ウォシュレットの寿命は7~10年ともいわれ、古くなると水漏れする場合があります。

 

ウォシュレットにはさまざまな部品があり、水漏れしやすいのは次の2ヶ所です。

  • 接続部分
  • ノズル

接続部分はパッキンの劣化、ナルトの緩みで水漏れすることがあります。ノズルの水漏れは故障や劣化が原因のケースが多く見られます。

 

ウォシュレットの水漏れ修理はノズル修理を含めて15,000~25,000円程度が相場、接続部分の修理は6,000~15,000円程度です。

 

ただし、ウォシュレットの多くは10年を過ぎると生産が終了し、メーカーに部品の在庫がない可能性もあります。部品がなく、ウォシュレットの交換が必要な場合は、2~5万円ほどかかります。

 

なお、ウォシュレットは電化製品で、電気系統が原因で水漏れしている場合は感電や火災の恐れがあり危険です。自分で修理するは避けて、業者に連絡してください。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

トイレ水漏れの修理料金を相場より安くする方法

トイレの水漏れ修理を業者に依頼すると、約25,000円〜が相場です。料金は安くても数千円、高ければ5万円以上かかるケースもあります。

 

相場よりトイレの水漏れ修理の料金を安くしたい方は、以下の方法を試してみてください。

延長料金や割増料金を避ける

トイレの水漏れ修理に時間がかかると、延長料金を請求する業者もいます。あらかじめ延長料金がない業者を選べば、修理の時間や追加請求を心配する必要がありません。

 

また、夜間や早朝、土日祝日に水漏れ修理を頼むときは、割増料金に注意しましょう。依頼する時間によっては以下のような割増料金がかかり、余分に高くなってしまいます。

  • 早朝・深夜は別途5,000円かかる
  • 祝日は料金が30%アップ

安くするには、出張料金がない業者を選ぶこともポイントです。出張料金は業者によって異なり、0円の業者もあれば、4,000円ほど請求する業者もいます。

割引が可能な業者を選ぶ

キャンペーンやクーポンなどで割引し、料金を安くしてくれる業者もいます。

  • WEB割引
  • 手数料無料
  • 初回限定割引

など、さまざまなキャンペーンがあるので積極的に利用しましょう。

 

中には、連絡時に「ホームページを見た」と伝えるだけで数千円安くなることもあります。後で割引できると知って後悔しないためにも、事前に業者のホームページをチェックし、利用できるキャンペーンがないか確かめましょう。

自分で修理する

トイレの水漏れを自分で修理すると、料金を大幅に抑えられます。

  • ナットを締める
  • 簡単な部品交換

こういった作業なら、自分で道具や部品をそろえ、修理できるかもしれません。

 

ただし、修理に失敗すると水漏れが悪化し、かえって高い修理料金を支払う可能性もあります。くれぐれも無理はせず、修理できないときは業者に相談しましょう。

 

自分でできるトイレ水漏れの修理方法は、以下でまとめています。「まずは自分で修理してみたい」という方はぜひ参考にご覧ください。

 

⇒【原因別】自分でできるトイレ水漏れの修理方法を見てみる

トイレの水漏れ修理で悪徳業者に騙されないコツ3つ

トイレの水漏れの状況によっては「急いで修理したい」という気持ちから、あまり時間をかけずに業者を選ぶ人もいるかもしれません。

 

しかし、修理業者の中にはボッタクリ料金を請求する悪徳業者も紛れ込んでいるため、注意が必要です。

 

悪徳業者に騙されないように、以下の3つのコツを念頭に置いてトイレの修理業者を選びましょう。

見積もりの作業項目を確認する

見積もりの料金は、トイレの水漏れ修理の作業内容によって決まります。

 

見積もりでは料金が安いか高いかだけではなく、作業項目もしっかり確認しましょう。

 

不要な作業を追加したと気づかれないように、請求書に合計金額だけを書く悪徳業者がいます。作業項目を記載していない業者を選ぶのは避けてください。

修理内容をきちんと説明するか

トイレの水漏れは、部品交換だけで修理が終わるケースも多々あります。

 

しかし、悪徳業者は軽度な水漏れでも

  • 便器を交換しないと直らない
  • 今すぐ工事が必要

などと言い、不要な作業を行おうとします。

 

優良な業者は原因の箇所や壊れた部品を実際に見せながら、「この部品が壊れて水漏れしているので、交換が必要」というふうに、きちんと説明します。

 

説明が適当な業者、はっきりと説明しようとしない業者は選ばないようにしましょう。

水道局指定工事店を選ぶ

水道局指定工事店とは「指定給水装置工事事業者」のことです。

 

給水装置工事を適切にできると水道局から認められた業者で、水道法にしたがって工事をします。

 

違反行為をした場合は指定を取り消されるケースがあるため、悪徳業者の可能性は低いといえるでしょう。

 

ただし、水道局指定工事店なら料金が安いとは限らないので、どの業者を利用するときも見積もりを確認しましょう。

トイレで水漏れが発生したときの応急処置

トイレの水漏れに気づいたら、状況を悪化させないことが大切です。

応急処置をご紹介するので、早めに対処し、水漏れの悪化を防ぎましょう。

止水栓を閉める

トイレで水漏れが発生したら、止水栓を閉めましょう。

 

トイレの水漏れのほとんどは、止水栓を閉めれば止まります。止水栓を閉めている間は給水されないため、落ち着いて業者を探せるでしょう。

 

止水栓はトイレの床や壁にあり、手で回せるタイプやドライバーで回すタイプなどがあります。どのタイプであっても、時計回りで閉まるものが大半です。

 

なお、トイレの止水栓を閉めれば、トイレだけ給水が止まり、洗面所やキッチン、お風呂などは普段どおり使えます。

補修テープを使う

給水管や排水管、便器からわずかに水漏れしている場合は、補修テープで一時的に水漏れを止められます。

 

補修テープはポタポタと水がたれている、軽度な水漏れのみ効果的です。勢いよく水が出ているときは補修テープで対処できません。

 

ただし、補修テープはあくまでも応急処置として使用し、水漏れを放置するのは避けましょう。

トイレ水漏れ修理を業者に相談したいときは

トイレにはタンクや便器、排水管など、いろいろな部品が付いています。トイレの水漏れ修理の料金相場はおよそ25,000円~ですが、水漏れしている部品や原因により、料金はこまかく異なります。

 

トイレの水漏れ修理の料金を相場よりも安くしたいときは、割増料金などの余計な料金を避け、お得な割引を用意している業者を選びましょう。

 

私たち『クリーンライフ』でもトイレの水漏れ修理を受け付けています。

 

出張費やお見積もりの他、夜間・早朝割増、休日料金もすべて無料です。3,000円OFFのWEBキャンペーンも行っておりますので、ぜひご相談ください。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

2021.08.24

トイレつまりが重症であれば、便器を取り外して修理する可能性があります。

 

便器の取り外しは非常に大きな手間がかかるため、料金は高額になるケースがほとんどです。

 

初めて業者を利用する人は、便器取り外しにどれくらいの料金がかかるのか気になるでしょう。

 

そこで今回は、トイレつまり修理で便器取り外しをする際の料金相場をご紹介します。

 

どんなトイレつまりが起こると便器取り外しをするのかもお伝えするので、便器取り外しがそもそも必要かどうかも含め、確認してみてください。

トイレつまり修理で便器取り外しが必要なケース


業者にトイレつまりの修理を任せた際、必ず便器取り外しを行うわけではありません。

 

便器取り外しを行うケースを以下でお伝えしましょう。

トイレットペーパーや排泄物を大量に流した

トイレットペーパーや排泄物はトイレに流せるため、本来ならスムーズに流れます。

 

しかし、次のような行動でトイレットペーパーや排泄物、流せるシートなどを大量に流してしまうと、便器を取り外して修理する可能性があります。

  • 子供がトイレットペーパーで遊び、大量に流した
  • 溜まっていた便を一気に流した
  • 流せるシートを大量に使って流した

水に溶けるものであっても、便器へ大量に流せば、重度なトイレつまりを招いてしまいます。便器から修理を試みても直らない場合は、便器を取り外して修理します。

 

放置してトイレつまりが解消する場合もありますが、放置している間はトイレを使えません。近くにトイレを借りられるコンビニや公衆トイレがないときは、業者に相談し、修理を依頼しましょう。

 

なお、水位が上がったままで一切水が流れない場合、水に溶けない異物が落ちたとも考えられます。

水に溶けない異物を便器に落とした

不注意や子供のいたずらで水に溶けない異物を便器に落とし、トイレつまりが発生することもあります。

 

便器に落としやすい異物として、以下が挙げられます。

  • スマホ
  • メガネ
  • ハンカチ
  • タオル
  • おもちゃ
  • 生理用品
  • 紙おむつ
  • ボールペンやメモ帳などの文房具

便器から取り出せない位置に異物を落とした場合、便器取り外しを行い、トイレつまりを修理します。

 

水に溶けない異物は確実に取り出さないと異物周辺で他のものが引っかかり、トイレつまりが悪化する可能性があるため、注意が必要です。便器を取り外した後に排水口や排水管などをチェックし、原因となった異物を回収します。

 

また、ペット用のトイレ砂が堆積してトイレつまりが発生し、便器取り外しを行うケースもあるため、流さないことをおすめします。

便器取り外しが必要なトイレつまり修理の料金相場


業者によって料金に差がありますが、便器取り外しだけの料金は3~5万円ほどが相場です。安い業者だと1~2万円のところもあります。

 

便器取り外しでは

  • 便器内の水を抜く
  • 給水管やタンクのナットを外す
  • 床と便器の間のフランジパテをはがす
  • 便器を持ち上げる

などの作業を行います。

 

便器を持ち上げて取り外すのは簡単ではなく、大がかりな作業です。陶器製の便器が大半で、落とすと割れる恐れがあり、慎重に作業しなければなりません。高度な技術が必要なため、便器取り外しの料金はどうしても高額になります。

 

特に難しいのが、便器の取り付け作業です。もし取り付けに失敗して便器と床に隙間ができてしまうと、悪臭や水漏れにつながる恐れがあります。

延長料金や追加作業に要注意

便器取り外しの作業に時間がかかった場合、延長料金を取られることがあります。

 

お使いのトイレによっては便器取り外しに大変な手間がかかってしまうため、延長料金が発生するか事前に確認しておきましょう。

 

中には

  • 高額な延長料金を請求する
  • 勝手に追加作業をする

こういった悪質業者もいるため、注意しなければなりません。

 

「もし追加作業が必要なときは、作業前に伝えてほしい」とあらかじめ業者のスタッフに伝えましょう。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

トイレつまり修理で便器取り外しの他にかかる費用


トイレつまり修理では便器取り外しの他に、さまざまな費用がかかります。

 

一般的にかかるのは以下の費用です。

  • 基本料金
  • 作業料金
  • 部品代

便器取り外しの料金にこれらの費用を合わせた金額が、最終的な修理料金です。業者によっては、出張料金や割増料金なども別途かかります。

 

便器取り外しを除いた料金の相場は、8,000~20,000円ほどです。

 

便器取り外しが2万円と安くても、基本料金や作業料金が高く、合計すると4万円近くかかるケースもあります。「便器取り外しの料金が安い=修理料金が安い」とは一概に言えないため注意しましょう。

 

具体的な料金を知りたい方のために、『クリーンライフ』の便器取り外しやトイレつまり修理の料金をご紹介します。

軽度なトイレつまり 5,500円
高圧ポンプ使用 5,500円
薬品洗浄 8,800円
ドレンクリーナー使用 16,500円~
高圧洗浄機使用 27,500円~
洋式トイレ脱着工事費 33,000円
ウォシュレットの取替・取り付け・脱着 16,500円

※上記の料金は目安です。トイレつまりの状況や部品などにより、料金は変動します。

スタッフが現場の状況を確認した上で、最終お見積もりをご提示いたします。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

トイレつまり修理の費用を安くする方法


トイレつまり修理で便器取り外しが必要だと、3〜5万円ほどかかります。基本料金や作業料金といった他の料金もあわせると、高いケースでは7万円ほどかかってしまいます。

 

修理料金は思わぬ出費のため、「できる限り安くしたい」と思うのが正直なところでしょう。

 

そこでここからは、便器取り外しの料金を安くする方法をご紹介します。

軽度なうちに修理を頼む

トイレつまりが軽度なうちに業者へ修理を頼めば、便器取り外しが不要になるケースもあります。

 

軽度のトイレつまりは便器を取り外すことなく、道具や機械を使って修理を行うため、料金は比較的安いです。

 

たとえば、トイレつまりが起きた状態で水を流してしまうと、水が溢れ、余計にトラブルが悪化する恐れがあります。トイレつまりを悪化させないように、強引に水を流すのはやめましょう。

余分な料金を増やさない

トイレつまり修理に時間がかかったり、追加作業が必要になったりすると、延長料金を求められる場合があります。

 

修理料金を抑えたい方は、延長料金や追加料金がない業者を選びましょう。

 

また、出張料金、夜間や早朝の割増料金を設定している業者もいます。出張料金や割増料金も0円の業者を選べば、余分な料金がかかりません。

 

ただし、便器を取り外した後に別の原因が判明し、やむを得ず追加作業が必要になるケースもあります。その場合は作業が必要な理由をたずねましょう。

キャンペーンや割引を利用する

便器取り外しは大がかりな作業でかなりの手間を要するため、料金を高く設定している業者がほとんどです。少なくとも1万円程度はかかるでしょう。

 

キャンペーンや割引を用意している業者を選ぶと、簡単に料金が安くなるので、おすすめです。

  • 「ホームページを見た」と伝えるだけで3,000円割引
  • 初回限定で料金20%OFF

こういった簡単な方法で料金が下がるキャンペーンもあります。初めて業者を呼ぶ方も、積極的に活用しましょう。

トイレつまりの修理業者を選ぶポイント3つ


トイレつまりの修理業者の中には、ボッタクリ料金を請求する悪徳業者も紛れ込んでいます。トイレつまり修理で便器取り外しを行う際、必要以上に料金を請求される可能性は否定できません。

 

悪徳業者を選ばないために、ここではトイレつまりの修理業者を選ぶポイントをお伝えしましょう。

複数の水道修理業者に見積もりを依頼

便器取り外しの料金は業者によって異なります。正確な料金は業者に見積もりを依頼し、確認しましょう。

 

複数の業者に見積もりを依頼すれば、料金を比較でき、どの業者が1番安いのか分かります。

 

他の業者の見積もりや料金相場よりも異常に見積もり金額が高い、または安いのであれば、悪徳業者と疑ってよいでしょう。

 

また、複数の業者の見積もりを取ると、「この業者の見積もりでは○円だった」と具体的な金額を伝えて値引き交渉しやすく、料金が安くなる確率がアップします。

 

見積もりで不明点があるときは、遠慮なく質問しましょう。質問しても回答が曖昧な場合は、他の業者に相談してください。

ホームページに記載された料金を確認

トイレつまり修理は便器取り外しを含め、ほとんどの作業料金が業者ごとに決まっています。ホームページに料金を記載している業者は明朗会計で、信頼性が高いといえるでしょう。

 

場合によっては、実際の料金とホームページに記載された料金に、大きな差が見られることもあります。「業者にトイレつまり修理を頼めば安心」とは思わずに、ホームページに載っている料金表をしっかり確認しましょう。

 

便器取り外しに高額な料金がかかることを悪用し、何十万円もボッタクリする業者もいます。トイレつまり修理に何十万円もかかることは滅多にありません。料金に納得できなければ、別の業者に相談しましょう。

説明不足の業者は避ける

トイレットペーパーを大量に流したり、異物を落としたりしたわけでもないのに、便器取り外しの作業をしようとする業者もいます。

 

優良な業者なら、

  • なぜ便器取り外しを行うのか
  • なぜこの作業が必要なのか

こういったことをきちんと説明します。

 

ろくに説明もせずに「便器を取り外すしかない」と一点張りの業者は悪徳業者の可能性が高いので、注意しましょう。

 

便器取り外しの料金は高額なため、悪徳業者は便器を取り外さずにトイレつまりを修理できるケースでも、便器を取り外そうとするのです。

 

なぜ便器取り外しが必要なのか説明を求め、はっきりとした説明がなければ他の業者に依頼しましょう。

トイレつまり修理の便器取り外し料金が高く感じたら

トイレットペーパーや排泄物を大量に流したり、スマホやハンカチなどの異物を便器に落としたりすると、便器取り外しを行う可能性があります。

 

便器を取り外し、排水口や排水管を確認してトイレつまりを修理します。

 

便器取り外しは料金相場が3~5万円と高く、強引に便器を取り外そうとする悪徳業者に注意が必要です。見積もりを依頼し、説明が曖昧な業者は避けましょう。

 

私たち『クリーンライフ』でもトイレつまり修理を24時間365日受け付けております。

 

お見積もりや出張料金、夜間・早朝割増、休日料金は一切かかりません。明朗会計で修理を承っているので、ぜひ安心してご相談ください。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

2021.09.03

トイレつまりの修理を業者に頼みたいものの、どのぐらい料金がかかるのか分からず、依頼をためらう人もいるでしょう。

 

トイレつまりの修理料金は、原因や業者などによって異なります。中には相場よりもはるかに高い料金を請求する悪徳業者もいるため、業者選びの際は要注意です。

 

そこで今回は、トイレつまり修理の料金相場や安くする方法、悪徳業者を呼ばないポイントをお伝えします。

 

また、自分でトイレつまり修理をするときの料金相場もご紹介するので、安く済ませたい方はぜひご覧ください。

業者に修理を依頼した方がよいトイレつまりとは?


トイレつまりの原因や症状はさまざまで、大きく以下に分けられます。

  • 修理業者に修理を任せた方がよいケース
  • 自分で修理できるケース

まずは業者に依頼した方がよいトイレつまりをご紹介します。当てはまる場合は無理に自分で修理しようとせず、業者に相談しましょう。

固形物を便器に落とした

固形物を便器に落としてトイレつまりが起こると、自分で取り出せないことがあります。手の届かないところに固形物を落としてしまったら、業者に取り出してもらいましょう。

 

なお、便器に落としやすい固形物は以下のようなものが挙げられます。

  • おもちゃ
  • ボールペンなどの文房具
  • ハンカチ
  • タオル
  • おむつ
  • 生理用品
  • スマホ

固形物が排水管で引っかかると、便器を取り外さなければなりません。便器が破損したり、排水管に傷をつけたりする恐れがあり、自力での修理は困難です。

 

固形物が排水管や便器の奥につまったままでは、水や排泄物、トイレットペーパーがスムーズに流れません。トイレつまりがさらに悪化する可能性があるので、早めに業者へ相談しましょう。

便器内の水が溢れそう

トイレつまりが発生して便器内の水が流れず、溢れそうなときも業者に修理を依頼しましょう。

 

排水管に何かがつまってトラブルが生じると、水位が元の位置に戻るまで時間がかかります。いつまで待っても水位が戻らなければ、重度なトイレつまりが起こっている可能性が高いでしょう。

 

水が溢れそうなときは業者を探す前に、トイレの床や壁付近にある止水栓を閉じ、水をくみ出すことをおすすめします。水が溢れるのを防げるため、落ち着いて業者を探せます。

 

くれぐれも、水位が高い状態で水を流さないでください。水が溢れ、床が水浸しになるかもしれません。

トイレつまりの原因が不明

トイレつまりがなぜ起こったのか、原因が分からないケースもあります。

 

原因が分からないまま自分で修理しようとしても、効果的とはいえません。中には、思わぬ原因でトイレつまりが起こっているケースもあります。

 

自分では直せない以下の可能性もあるため、業者に相談しましょう。

  • 排水管の劣化
  • 排水管の奥で何かがつまっている

業者に修理を依頼すれば、何が原因でトイレつまりが発生したのか、入念に調べてくれます。問題を根本的に解決できるので、業者に依頼してみましょう。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

トイレつまり修理を業者に依頼した際の料金相場は?


業者によって料金体系は異なりますが、トイレつまりの修理料金の多くは「基本料金+作業料金+部品代」の合計で構成されています。

 

大がかりな作業がなければ、料金相場はおよそ8,000~20,000円です。

 

トイレットペーパーなどの本来流せるものがトイレつまりの原因なら、料金は比較的安いでしょう。

 

排水管の奥で何かつまっている場合は、便器を取り外して修理する可能性があります。便器の着脱は技術も時間も要するため、料金相場は30,000~50,000円程度と高めです。

 

トイレつまりの作業でも料金は異なるため、参考として『クリーンライフ』の料金をご紹介します。

軽度なトイレつまり 5,500円
高圧ポンプ使用 5,500円
ドレンクリーナー使用 16,500円~
高圧洗浄機使用 27,500円~
薬品洗浄 8,800円
洋式トイレ脱着工事費 33,000円

※上記の料金はあくまでも目安です。具体的な料金は作業スタッフが現地で状況を確認し、お見積もりを提示いたします。

 

⇒クリーンライフにトイレつまりの相談をしてみる

トイレつまりの修理料金を安くするポイント3つ


トイレつまりの修理料金を「高い」と感じ、なるべく安くしたいと思う人もいるでしょう。

 

修理料金は相場よりも安くできる場合があります。少しでも料金を安くしたいときは、以下の3つをポイントにして業者を選びましょう。

トイレつまりの悪化を防ぐ

トイレつまりが重症になると大がかりな修理が必要になるため、料金は相場よりも高くなります。軽度なうちに業者へ修理を依頼しましょう。

 

トイレつまりが悪化すると、

  • 便器の取り外し
  • 排水管の調査

が必要になるかもしれません。どちらの作業も非常に手間がかかるため、料金は高額です。

 

トイレつまりが起きているときに水を流してしまうと、水が溢れ、床や壁の修理代がかかる可能性もあります。くれぐれも流さないでください。

 

トイレつまりを長時間放置すると、悪化して修理料金が高くなりやすい点も注意しましょう。早めに業者へ相談すれば、悪化も防げます。

余分な料金を増やさない

早朝や深夜、休日にトイレつまりの修理業者を呼ぶと、次のように割増料金が加算される場合があります。

  • 例:20~翌6時は5,000円割増
  • 例:土日祝日は料金が30%アップ

割増料金がない業者を選べば、余分な料金がかからないため、修理料金を抑えられます。

 

中には公式サイトや広告に小さい文字で「割増料金がかかります」と記載しているケースもあるので、注意してください。

 

多くの業者が見積もりを無料で行っていますが、料金が発生する業者もいます。見積もりで一切料金がかからないか、事前に確認しましょう。

 

また、出張料金も注意が必要です。料金を安くしたい方は、出張料金がない業者を選びましょう。

 

出張料金がかかる場合、訪問するまでの距離に応じて料金が変動するケースが多いようです。やむを得ず出張料金がある業者を選ぶ際は、なるべくトイレつまりが発生した場所に近い業者を検討しましょう。

 

近くの業者を呼ぶと余分な出張料金をおさえられる上、早く駆けつけてくれます。

キャンペーンや割引を利用する

キャンペーンや割引を行っている業者を利用すると、簡単に修理料金が安くなります。

 

数千円安くなる割引もあるので、利用できるキャンペーンがあれば積極的に活用しましょう。

 

キャンペーンや割引の情報は、業者の公式サイトに書かれているケースが多々あります。修理後に「安くなるなんて知らなかった」と後悔しないように、事前にきちんと確認しましょう。

トイレつまり修理で悪徳業者を選ばない3つのポイント


修理業者の中には、ボッタクリ料金を請求する悪徳業者もいます。トイレつまりが急に発生して「早く修理したい」と思い焦ってしまうと、悪徳業者を選ぶ可能性があり、注意が必要です。

 

悪徳業者を選ばないように、トイレつまり修理を頼む業者を選ぶときは以下に注目しましょう。

見積もりを確認する

修理料金はトイレつまりの原因や度合い、業者などによってこまかく違います。正確な料金は見積もりを依頼し、確認しましょう。

 

見積もりでは

  • なぜその修理や部品が必要なのか
  • なぜその金額なのか

確かめてください。分からないことがあれば質問し、説明を求めましょう。

 

相場よりも料金が大幅に高く、内容や説明に納得できなければ、他の業者に相談してください。複数の業者の見積もりを確認すると、悪徳業者かどうか気づきやすいはずです。

 

なお、修理中に追加の作業が必要と判明し、料金が変更になる場合もあります。その場合は追加の作業が必要な理由を聞き、再度見積もりを出してもらいましょう。

 

不要な作業を追加し、ボッタクリ料金を請求する悪徳業者もいるため、注意してください。

水道局指定工事店を選ぶ

水道局指定工事店は正式には「指定給水装置工事事業者」といいます。

 

必要な条件を満たし、水道局から水道工事を許可された業者です。水道法に基づき、工事を行います。

 

もし違反行為をすると指定を取り消される場合があるため、悪徳業者の可能性は低いでしょう。

 

ただし、水道局指定工事店の料金が安いとは限りません。業者問わず、見積もりはしっかりと確認してください。

修理実績が多い業者を選ぶ

大半の業者は公式サイトを設け、これまでの修理実績や施工事例を掲載しています。

 

信頼性が高い業者の目安の1つが、修理実績が多いことです。経験が豊富で、多くの利用者がいるために信頼性は高く、安心してトイレつまりの修理を依頼できます。

 

なお、施工事例でかかった料金を記載している場合もあるので、業者選びの参考にチェックしてみましょう。

⇒失敗しないトイレつまり修理業者を選ぶコツを見てみる

自分で修理できるトイレつまりとは?

トイレつまり修理を業者に依頼した場合の料金相場を見て「高い」と感じた方は、自分で修理を試してみるのもおすすめです。トイレつまりが軽度なら、自分で修理できる可能性があります。

 

具体的にどのようなトイレつまりなら自分で修理できるのか、以下でご紹介しましょう。

水に流せるものがつまった

以下は、本来トイレで流せるものです。

  • 排泄物
  • トイレットペーパー
  • 流せるシート

これらは水に溶けやすいですが、量が多すぎると便器や排水管につまることがあります。本来ならトイレで流せるため、自分でトイレつまりを解決できる可能性は高いでしょう。

 

しかし、本来水に流せるとはいえ、つまったものを無理に流したり、押し込んだりすると、余計にトイレつまりが悪化する恐れがあります。自分で修理できないそうにないときは、業者に相談するのが賢明です。

 

なお、大便やトイレットペーパーをレバーの「小」で流すと、トイレつまりを招きやすく、注意が必要です。節水するために毎回小で流している方は今後控えてください。

便器内の水が少しずつ引いている

便器内の水が少しずつ引く場合、トイレつまりはまだ重症化していません。

 

水が引いているため完全につまったわけではなく、自力で修理できるでしょう。

 

ただし、固形物を落とした場合は、水が引いても解決したとはいえません。時間が経つと固形物付近で何かがつまる可能性が高いため、取れないときは業者に相談しましょう。

トイレの水の流れが悪い

水の流れが悪いためにトイレつまりが発生しているときは、タンクの不具合が考えられます。

 

節水対策としてトイレタンクにペットボトルなどを入れているのであれば、一旦外に出して様子を見ましょう。

 

また、トイレタンク内の水位線より水が少ない場合は、水量が足りません。トイレの説明書を確認し、適切な水量に調節しましょう。

 

水位線まで水が入った状態でトイレつまりが起きている場合は、便器や排水管が原因かもしれません。業者に調査や点検を依頼することをおすすめします。

自分でトイレつまりを修理するときの料金相場は?


自分でトイレつまりを修理する場合、どのような方法で修理するかによって料金は変わります。

 

代表的なトイレつまりの直し方と、その料金相場をご紹介します。

 

ただし、いくら料金を安くしたくても、無理な修理はしないでください。便器が壊れるなどトラブルが大きくなれば、かえって高額な料金がかかってしまいます。

ぬるま湯を流して直す

トイレつまり修理の手軽で安上がりな方法は、ぬるま湯を流す方法です。排泄物やトイレットペーパー、流せるシートがつまったときに効果的で、ぬるま湯を流すと溶けやすくなります。

 

お湯を沸かして便器に流すだけなので特別な費用はなく、かかるのは水道代や電気代ぐらいです。

【ぬるま湯でトイレつまりを直す方法】

  1. バケツでぬるま湯を数回流す。
  2. 1時間ほどそのまま放置する。
  3. 放置後はバケツで水を流し、水位が戻るか確かめる。

お湯を沸かして泡が少し立ち、湯気が出始めた40~60℃程度のぬるま湯を流しましょう。便器は陶器でできているものが多く、高温のお湯を流すと割れる恐れがあります。

ラバーカップ(すっぽん)を使う

ラバーカップは「すっぽん」とも呼ばれ、トイレつまり修理の代表的な道具です。最近は100円ショップでも販売されています。料金相場は100~1,000円ほどです。

 

ラバーカップは和式トイレ用や洋式トイレ用といった種類があるため、お使いのトイレに適したものを選びましょう。

【ラバーカップを使ってトイレつまりを直す方法】

  1. カップ部分が水に浸かるように、便器の水位を調整する。
  2. カップ部分を排水口にしっかりと密着させる。
  3. ラバーカップをゆっくりと押し込んだら、勢いよく引く。排水されるまで押し引きを繰り返す。
  4. バケツで水を流し、スムーズに排水されるか確かめる。

ラバーカップを使うポイントは、勢いよく引っ張ることです。圧力を利用し、トイレつまりの原因になっている物を取り除きます。

 

ラバーカップの選び方や使い方を詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

 

⇒ラバーカップ(すっぽん)を使ったトイレつまりの直し方を詳しく見る

真空式パイプクリーナーを使う

真空式パイプクリーナーはラバーカップよりも吸引力が強い道具で、料金相場は1,000~2,000円ほどです。

 

ラバーカップよりも料金は高いですが、トイレつまりが直る可能性も高く、症状によっては1回の使用で直ります。使い方はラバーカップとほとんど同じです。

 

【真空式パイプクリーナーを使ってトイレつまりを直す方法】

  1. 吸引カップが水に浸かるように、便器の水位を調整する。
  2. ハンドルを押したまま、便器の水溜りにカップを押し付ける。
  3. ハンドルを勢いよく引っ張る。
  4. 1回でトイレつまりが直らなければ、押し引きを数回繰り返す。再びハンドルを押し付ける場合、一度水の外へ出してから押す。

吸引カップを便器に強く押し付け、カップの中を真空状態にするのがコツです。

その他の自分できるトイレつまりの直し方が見たい方はこちらをご覧ください。

⇒【完全版】自分でできるトイレつまりの直し方を見てみる

トイレつまり修理を安い料金で頼みたいなら

トイレつまり修理の料金相場は8,000~20,000円程度ですが、原因やつまりの度合い、選ぶ業者などによって異なります。

 

「料金が高い」と感じたら、割増料金がない業者や割引が可能な業者を選ぶのがおすすめです。見積もりで提示された金額が相場よりも非常に高い場合は、他の業者に相談しましょう。

 

私たち『クリーンライフ』でもトイレつまり修理のご相談を承っております。

 

24時間365日対応し、お見積もりも出張料金も無料です。夜間・早朝の割増料金、休日料金も一切かかりません。

 

ご連絡後すぐに駆けつけ、早ければ30分ほどでお伺いいたします。お電話やメール、LINEでご相談いただけるので、トイレつまりにお悩みの方はぜひお気軽にご連絡ください。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

2021.08.06
2021.08.11

トイレは生活に欠かせない場所です。トイレつまりが起こったら、「早くトイレを使える状態にしたい」と思う方がほとんどでしょう。

 

いざインターネットなどでトイレつまりの修理業者を調べると、数えきれないほど多くの業者がいると分かります。しかし、中にはボッタクリのような高額請求する悪徳業者もいるため、注意が必要です。

 

そこでこの記事では、トイレつまり修理を依頼する業者を選ぶコツ、料金相場などをご紹介します。優良な業者を選び、トイレつまりをスムーズに解決しましょう。

業者に依頼せず自分で直せるトイレつまりの原因

トイレつまりの原因によっては業者へ修理を頼まずに、自分で直せる場合もあります。どういったトイレつまりなら自分で直せるのか、以下でお伝えしましょう。

トイレに流せるものがつまった

本来トイレに流せるものが原因でトイレつまりが生じた場合、自分で修理できる可能性があります。

  • トイレットペーパー
  • 排泄物
  • 流せるシート

こういったものはトイレに流せるため、自分で対処しやすいでしょう。バケツで水を流したり、ラバーカップを使ったりすれば、トイレつまりが直るかもしれません。

 

なお、トイレつまりは特別な道具を使わず、食器用洗剤やペットボトルで解消する方法もあります。修理を安く済ませたいなら、業者に相談する前にまずは自分で修理してみるのもよいでしょう。ただし、くれぐれも無理はしないでください。

 

以下の記事では、道具なしでもできるトイレつまりの直し方をまとめています。トイレに流せるものがつまったのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

 

⇒道具なしで自分でできるトイレつまりの解消法を見てみる

手が届く範囲に異物を落とした

トイレつまりの原因でよく見られるのは、トイレに異物を落としたケースです。

 

手が届く範囲にスマホやおもちゃなどの異物を落としたのであれば、ゴム手袋やビニール袋で拾いましょう。もし異物を取れたら、レバーを回して水を流してみてください。水が流れ、トイレつまりが解消する場合があります。

 

ただし、無理に異物を取ろうとすると、さらに奥へ入り込む可能性もあるため、注意してください。

 

もし異物を取り出しても

  • 水の流れが悪い
  • 異音がする

などのトラブルが起きているのであれば、他にも何かつまっている可能性が高いでしょう。業者に相談することをおすすめします。

 

なお、自分で直せるトイレつまりの原因や直し方は、以下でさらに詳しくまとめています。あわせてご覧ください。

 

⇒【完全版】自分でできるトイレつまりの直し方を見てみる

業者に依頼した方がよいトイレつまりの原因

業者に修理を依頼した方がよいのは、以下のトイレつまりです。なるべく早く業者へ相談しましょう。

自分で解決できない

自力でトイレつまりを直せなかった場合、放置して自然に直る可能性は低いといえます。

 

トイレつまりが発生していると水や空気が通りにくく、余計に異物がつまって悪化しやすい状態です。

 

異物が排水管の奥につまると修理料金が高くなってしまうので、トイレつまりが悪化する前に、早めに業者へ相談しましょう。

 

また、トイレつまりの原因が分からないときも放置はせず、業者へ相談してください。きちんと調査して原因を特定し、トイレつまりの悪化を防げるでしょう。

固形物がつまった

固形物をトイレに落としてつまった場合、無理に取ろうとすると便器や排水管を傷つける可能性があります。

 

以下は、便器に落としやすい固形物です。

  • スマホ
  • おもちゃ
  • ハンカチ
  • ボールペンなどの文房具
  • ライター

手の届かないところに固形物を落としてトイレつまりが発生したら、無理して取るのは避け、業者に修理を依頼しましょう。

 

排水管の奥に固形物がつまった場合、自分でトイレつまりを解決するのは困難です。便器の奥や排水管といった見えないところに固形物が落ちたときは、業者に相談してください。

トイレつまりの症状が重度

トイレつまりが起こり、

  • 水が全然流れない
  • 水が溢れそう
  • 異臭がする

など症状が重度なときは、重大なトラブルが起きている可能性があります。自力での解決は大変難しいため、すぐさま業者へ相談しましょう。

 

そのままトイレつまりを放置すると被害が拡大し、床が水浸しになったり、下の階にも水漏れしたりする恐れがあります。

 

重度なトイレつまりは修理料金が高くなりやすいため、なるべく早く業者に連絡し、修理を依頼しましょう。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

トイレつまり修理を業者に依頼した際の料金相場

トイレつまり修理を業者に頼みたいとき、「料金がいくらかかるのか不安」と感じる方もいるでしょう。

 

トイレつまり修理を業者に頼むと、料金は「出張料金+基本料金+作業料金+部品代」の合計が一般的です。業者によっては早朝・深夜の割増料金、特殊作業費なども発生します。

 

料金相場は、トイレつまりの症状や原因で大きく異なります。

 

症状別の料金相場は以下のとおりです。

  • 出張料金:0~3,000円
  • 基本料金:0~5,000円
  • 軽度のトイレつまり:5,000円~
  • 中度以上のトイレつまり:7,000円~

トイレつまりを業者に依頼した際、修理料金の相場は8,000~20,000円前後です。

 

相場料金に幅があるため、ご参考までに『クリーンライフ』の料金をご紹介します。

軽度なトイレつまり 5,500円
高圧ポンプ使用 5,500円
ドレンクリーナー使用 16,500円
高圧洗浄機使用 27,500円
洋式トイレ脱着工事費 33,000円
ウォシュレットの取替・取付・脱着 16,500円

上記の作業料金はあくまでも目安で、トイレつまりの状況や部品の種類などによって料金は変わります。

 

トイレつまり修理の具体的な料金は、業者が提示する見積もりで確認しましょう。

 

⇒クリーンライフで簡単な見積もり金額を見てみる

トイレつまり修理を業者に安く依頼する方法

トイレつまり修理の料金は、高ければ20,000円以上かかります。修理料金は急な出費のため、「なるべく安くで業者に修理してほしい」という方が大半でしょう。

 

ここではトイレつまり修理を業者に安く依頼する方法をお伝えするので、ぜひ実践してみてください。

悪化する前に相談する

トイレットペーパーや排泄物が原因でトイレつまりが起こった場合、安い料金で済むケースがほとんどです。しかし、状況が悪化していれば高圧洗浄機などを使う必要があり、高額になってしまいます。

 

トイレつまりが悪化すれば作業の手間が増え、修理料金が高額になりやすいので、なるべく早く業者に相談することが大切です。

 

自分で修理してもトイレつまりがなかなか直らないときは、排水管が原因とも考えられるでしょう。悪化する前に業者へ連絡することをおすすめします。

 

水浸しなどのトラブルが発生すると、トイレつまり修理以外の作業も必要になり、余分に高い費用がかかります。

余分な料金を避ける

トイレつまり修理を業者に依頼すると、以下の料金がかかる場合もあります。

  • 出張料金:0~3,000円
  • 早朝・深夜の割増料金:0~8,000円

出張料金はガソリン代や高速代を考慮し、請求する場合があるようです。早朝や深夜の割増料金は、訪問する時間帯によって設定している業者もいます。

 

トイレつまり修理を安く済ませたい方は、出張料金も割増料金も0円に設定にしている業者を選びましょう。

 

また、業者によってはキャンセルするタイミングで、キャンセル料金もかかります。依頼する前に、キャンセル料金が発生しないか確認しましょう。

相見積もりで料金比較

トイレつまりの修理を業者に頼もうと思い、ネットなどで検索すると

  • 激安
  • 地域最安値

と書かれているのを見る機会もあるでしょう。

 

しかし、見積もりを確認するまで、他の業者よりも本当に安いのかは分かりません。また、1社だけの見積もりで安いのか高いのかを判断するのは、難しいはずです。

 

複数の業者の見積もりを取り、料金を比較しましょう。高いときは交渉するのがおすすめです。

 

地域によって異なりますが、トイレの修理業者はエリア内に複数あります。「他の業者にも見積もりを依頼している」と伝えると、安くなる可能性が高いでしょう。

キャンペーンやクーポンを利用する

近年は、公式サイトを設けているトイレつまり修理業者が多くいます。

 

中にはWEB限定のクーポンを用意したり、キャンペーンを開催したりしている業者もあるので、積極的に活用しましょう。

 

クーポンやキャンペーンの割引で数千円安くなることもあり、大変お得です。修理後に気づいて後悔しないためにも、業者に依頼する前に公式サイトをチェックしてみましょう。

トイレつまりの修理業者を選ぶコツ

トイレつまりの修理業者はたくさんあり、初めて選ぶ方は戸惑ってしまうでしょう。

 

修理業者を選ぶコツをご紹介するので、トイレつまりの修理を依頼する前にぜひチェックしてみてください。

時間や都合に合わせて駆けつけてくれるか

トイレつまりは急に発生するケースがほとんどです。すぐにトイレを使える状態にしたいときは、到着時間が早い業者に依頼しましょう。

 

しかし、業者によっては営業時間が短く、翌日の対応になる場合もあります。トイレつまり修理を依頼するときは、24時間対応の業者がおすすめです。

 

24時間対応している業者はスタッフが各地で待機し、早朝でも深夜でも早く到着する可能性が高いでしょう。

 

業者が早く到着してすばやく修理すれば、トイレが何時間も使えないという状況を避けられます。

 

また、対応が遅れるとトイレつまりが悪化し、修理料金が高くなりやすいため、早く到着する業者を呼ぶと安い料金で済むことにもつながります。

見積もり後の追加料金がないか

作業料金に加えて、後から部品代や出張料金を請求する業者がいるため、注意が必要です。

 

また、見積もりでわざと安い値段を提示し、記載していない料金を修理後に請求する業者もいます。見積もり後に追加料金がないか、前もって確認しましょう。

 

ただし、トイレつまりは修理中に別の原因が見つかり、見積もり時と料金が変わるケースがあります。見積もりと料金が変わる場合、作業前に相談してくれる業者を選ぶのもポイントです。

 

後から追加料金を請求する業者は、公式サイトや広告などに小さな文字で注意書きを記載していることがあります。不安な方は連絡した際に「見積もり後に料金は追加されないか?」と確かめておくと安心です。

原因をきちんと説明するか

業者が現場に到着すると、まずはトイレつまりの状況を確かめ、原因を特定するのが一般的です。トイレつまりの原因が分かれば、原因にもとづいた値段で見積もりを出します。

 

見積もりは料金だけではなく、以下も確認しましょう。

  • なぜその作業が必要なのか
  • どういった作業をするのか

原因をはっきりと伝えない業者は、必要のない修理を行って高額請求する可能性があり、要注意です。

 

「作業をしないと原因は分からない」と言い張り、見積もりを出さずに修理しようとする業者はくれぐれも利用しないでください。相場よりも高い修理料金を請求される可能性が高いでしょう。

実績が豊富か

実績が豊富なことも、業者選びの大切なポイントです。

 

実績が豊富なほど、さまざまなトイレつまり修理に対応でき、スムーズに修理が終わります。経験豊富なスタッフがそろっている業者を選びましょう。

 

また、実績が豊富な業者はリピーターが多く、信頼性が高いともいえます。安心してトイレつまり修理を依頼できるという意味でも、おすすめです。

 

実績は業者の公式サイトに書かれている場合もあるため、確認してみましょう。

悪徳業者や詐欺を避けるポイント3つ

業者の中には、ボッタクリのような高額請求をする業者も紛れています。

 

悪徳業者や詐欺を避けるために、以下の3つのポイントに注意しましょう。

水道局指定工事店を選ぶ

水道局指定工事店の正式名称は「指定給水装置工事事業者」です。

 

以下のような条件を満たすと、水道局から指定されます。

  • 必要書類を提出する
  • 事業所に給水装置工事主任技術者を置く
  • 必要な機器を所有している

詐欺や不誠実な行為をしてしまうと、指定を取り消されるため、悪徳業者の可能性は非常に低いでしょう。

 

ただし、水道局指定工事店の料金が適切で、サービスや接客の質が高いとは限りません。「水道局に指定されているから安心」とは思わず、見積もりをきちんと確認するなど、他の業者と同じ目線で検討しましょう。

相見積もりを取る

相見積もりを取り、複数の業者の見積もりを比べると、料金が安いのか高いのか一目瞭然です。ボッタクリのような高額請求かどうかも、気づきやすいでしょう。

 

極端に料金が高い業者はもちろん、極端に安い業者にも注意してください。後から高額な料金を追加する悪徳業者かもしれません。

 

見積もりは相場と大きく外れていないか確認し、料金が高いときはなぜその修理が必要なのか、しっかりと説明を求めましょう。

修理を急かす業者は要注意

修理を頼んだ際、

  • 今作業しないと下の階まで水漏れする
  • 今すぐ修理しないと便器の交換まで必要になる

などと言い、契約を急かす業者には注意してください。

 

トイレつまりの原因や修理について何も説明せず、ただ焦らせて強引に作業しようとする業者は悪徳業者の可能性が高いでしょう。

 

トイレつまりが急に悪化するのは稀で、止水栓を閉めれば下の階まで水漏れしません。便器の交換など、大がかりな修理は不要なケースがほとんどです。

 

優良な業者なら、なぜ今すぐ修理する必要があるのか、きちんと説明します。急かすだけで説明が伴っていない業者は、修理を断りましょう。他の業者に見積もりを頼み、相談することをおすすめします。

修理業者を呼ぶ前にやっておきたい3つのこと

トイレつまりが起こると、何をどう対応すればよいのか分からず、慌ててしまう方もいるかと思います。

業者を呼ぶ前に、次の3つのことを済ませておきましょう。

止水栓を閉める

トイレつまりが起こったら、業者を呼ぶ前にまずは止水栓を閉めましょう。

 

トイレの止水栓を閉めれば水が止まるため、水漏れや水浸しになるのを防げます。止水栓はトイレタンクや壁の近くにあり、時計回りで閉まります。

 

止水栓が閉まらない場合や止水栓が見当たらない場合は、水道の元栓を閉めましょう。水道の元栓は戸建て住宅なら敷地内の地面、アパートやマンションなどの集合住宅は玄関横のメーターボックスにあるはずです。

 

止水栓または水道の元栓を閉めると、トイレつまりによる水漏れが起こる可能性はほぼなくなり、落ち着いた状態で業者を探せます。

トイレットペーパーなどを取り除く

トイレつまりによってトイレットペーパーや流せるシートが便器に浮遊していれば、あらかじめ取り除いておきましょう。

  • ゴム手袋
  • ビニール袋
  • 割り箸

などを使ってトイレットペーパーやシートを取り除くと、業者のスタッフが作業を進めやすい上、応急処置としても効果的です。

 

しかし、便器内のトイレットペーパーやシートは繊維がバラバラにほぐれているため、つかみにくいでしょう。無理に全部を取ろうとせず、取れる範囲だけで構いません。

水をくみ出す

便器内の水位が高すぎると業者のスタッフが作業しにくいため、修理が終わるまで余分に時間がかかる可能性があります。

 

トイレつまりで水が溢れそうなときは、

などで水をくみ出しましょう。

 

作業中にトイレの床が濡れないように、ビニールシートや新聞紙を敷いてから水をくみ出すと安心です。

トイレつまりを業者に依頼するなら

自分でトイレつまりを直せないときは、悪化する前に業者へ相談しましょう。業者に修理を任せると、トイレつまりの原因を見つけて確実にすばやく解決します。

 

しかし、ボッタクリのような高額請求や、修理を急かして不要な作業をするような悪徳業者を選ばないように注意してください。

 

私たちクリーンライフでもトイレつまり修理を24時間365日受け付けております。経験豊富なスタッフが最短30分で駆け、丁寧に対応します。

 

作業前に修理内容と見積もりを提示し、ご了承いただいてから作業を開始いたします。分かりやすい料金体系でご案内するため、初めて修理業者を利用する方もぜひお問い合わせください。

 

⇒クリーンライフにトイレ水漏れ・つまりトラブルの相談をしてみる

2021.07.28
水道トラブル
ならなんでも
クリーンライフご相談ください
水道のトラブルはなんでもご相談ください。水漏れやつまり、部品交換修理などクリーンライフでは水道に関わるあらゆるトラブルを解決いたします。漏水場所が判明しない場合でも水漏れ箇所の特定からご対応することが可能です。お困りごとがありましたら是非クリーンライフにご相談ください。
お電話1本
駆けつけます!
13:25 現在、お電話いただけましたら即日修理対応可能です!
24時間・365日対応
お見積無料
0120-423-152

\ 24時間・365日対応・出張お見積無料 /

0120-423-152

\最短30秒でご返信/

\専門スタッフが即対応!/