排水管の重度のつまりは、高圧洗浄で解消できる可能性があります。しかし、一般的なご家庭で、自身で高圧洗浄を行うのは難しいですよね。

 

そこで今回は、排水管の高圧洗浄を業者に依頼した場合の費用や流れについて解説します。

 

排水管つまりの原因についても解説するので、自身でできる予防も行っておきましょう。

トイレつまり・水回りのトラブルにお困りですか?
自分で直すもしくは依頼する? まずはお気軽にご相談ください!
電話アイコン0120-423-152
24時間年中無休 相談・見積もりは無料!

排水管の高圧洗浄が必要なケース

トイレの排水管トラブルにお困りの方へ

排水管の高圧洗浄が必要なケースは、主に以下の2とおりです。

 

  • 排水管のつまり除去
  • 排水管のつまり予防

 

必ずしも、つまった場合に高圧洗浄が必要なのではありません。排水管つまりの予防にも高圧洗浄はおすすめです。

 

以下で、高圧洗浄には実際にどのような効果があるのかについて解説します。

排水管のつまり除去

排水口から汚水が逆流したり、異臭がひどかったりする場合には、排水管のつまりが原因となっている可能性があります。

 

しかし、排水管のつまりがあるからといって、すぐに高圧洗浄をするわけではありません。まずはワイヤーなどを使って排水管のつまりを除去します。

 

ワイヤーなどでつまりが改善されない場合に、高圧洗浄を行います。

排水管のつまり予防

高圧洗浄は、排水管のつまり予防にも適しています。

 

排水管内は、日常生活のなかで汚れが蓄積してしまう部分です。知らないうちに汚れが蓄積され、放置した結果、頑固なつまりになってしまいます。

 

排水管の高圧洗浄を定期的に行っておけば、蓄積された汚れが落ち、つまりの原因を防げるのです。大体3年~5年に1度、高圧洗浄を行ってもらうと良いでしょう。

排水管つまりの主な原因

排水管つまりの原因は、箇所によって異なります。

 

排水管の主なつまりの原因を、以下の表にまとめました。

箇所 つまりの原因となる主な物 排水管つまりの対処法
洗面所 ・石鹸カス
・髪の毛
・ヒゲ
・ヘアオイル
・ヘアワックス
・ヘアピンなどの異物
・お湯とクエン酸
・ワイヤー式パイプクリーナー
・真空式パイプクリーナー
詳しくはコチラ
お風呂 ・髪の毛
・皮脂
・石鹸カス
・カミソリなどの異物
・薬剤
・ラバーカップ
・真空式パイプクリーナー
・ワイヤーブラシ
・針金ハンガー
詳しくはコチラ
キッチン ・油
・洗剤
・食材の皮や種など
・タオルとお湯
・パイプクリーナー
・重曹とクエン酸
・ラバーカップ
・ワイヤーブラシ
詳しくはコチラ
トイレ ・トイレットペーパー
・ペットのフンや砂
・小物などの異物
・重曹とクエン酸
・食器用洗剤
・ラバーカップ
・真空式パイプクリーナー
・ワイヤーブラシ
・専用の薬剤
詳しくはコチラ

いずれも、日常生活で排水管に流すものが汚れとして蓄積していきます。軽度なものであれば自身で対応できますが、重度のつまりは業者に依頼すべきです。

【箇所別】排水管の高圧洗浄を業者に依頼するケース

排水管のつまりは、軽度なものであれば自身で対処できます。しかし、重度のつまりになってしまうと、自身での対応は難しくなるでしょう。

 

以下で、箇所別にどのようなトラブルが発生した際に業者へ高圧洗浄を依頼すべきか解説します。

トイレの排水管つまり

トイレのつまりは、以下のような場合に業者に依頼してください。

 

  • トイレの水があふれる
  • 異物を落としてしまった
  • つまりの原因がトイレの奥にある

 

上記のようなトイレトラブルは、自身での対処が難しいので、業者に依頼しましょう。一時的につまりが解消されたとしても、今後つまってしまう可能性があります。

 

トイレの奥に汚れなどが溜まってつまりが起こっていると、高圧洗浄を提案されるかもしれません。

 

キッチンの排水管つまり

キッチンのつまりは、以下のような場合に業者に依頼してください。

 

  • 水を流すと上がってくる
  • 異物を流してしまった
  • 完全に水が流れない
  • キッチンの老朽化

 

上記のようなキッチントラブルは、業者によるチェックが必要です。

 

老朽化の場合は高圧洗浄だけで解消されない可能性があるので、業者に確認してみましょう。

 

お風呂の排水管つまり

お風呂のつまりは、以下のような場合に業者に依頼してください。

 

  • 排水を流すと溢れる
  • 異物を流してしまった

 

髪の毛などで排水管がつまっている場合は、薬剤や高圧洗浄などを使えば一時的につまりは解消されます。

 

しかし、つまるだけではなく溢れてしまったり、慢性的につまるようであれば、業者へ依頼してください。

 

排水桝のトラブル

排水桝(はいすいます)とは、戸建ての敷地内にある小さいマンホールのようなものです。戸建て住宅の排水管は、それぞれの配管が、外にある排水桝を通って下水道に繋がります。

 

排水桝からの掃除やつまりも自身で対応できますが、構造を理解した上で行わなければいけません。また、排水桝は外にあるため、土や木の根がつまっている場合もあります。

 

排水桝のつまりは、軽度なものであっても構造の理解などが必要になるので、業者への依頼をおすすめします。

自分で排水管の高圧洗浄はできる?

市販の高圧洗浄機で、ある程度の洗浄は可能です。しかし、市販の高圧洗浄機だけでつまりを完全に解消するのは、不可能といえます。

 

排水管は複雑な形状をしているため、奥まで洗浄するには業者の技術が必要です。また、市販の高圧洗浄機は、業者の使用する高圧洗浄機と比べてパワーが弱くなっています。

 

多少のつまりは解消するかもしれませんが、基本的には業者に依頼してください。

業者に排水管の高圧洗浄を依頼するメリット

業者に排水管の高圧洗浄を依頼するメリットは、以下の2つです。

 

  • 業務用の威力が強い洗浄機を使用
  • 原因に合わせた作業を行ってもらえる

 

排水管の軽度なつまりを解消するならば清掃程度でも良いですが、重度のつまりは業者だからこそ改善できます。

 

以下で業者に依頼するメリットについて詳しく解説します。

業務用の威力が強い洗浄機を使用

市販の高圧洗浄機と水道修理業者の高圧洗浄機では、威力が大きく違います。

 

排水管の清掃程度はできるかもしれませんが、つまりの解消には、市販の高圧洗浄機は向いていません。

 

市販の高圧洗浄機は、排水管用ではなく車や外壁掃除用のものがほとんどであるため、水道修理業者の高圧洗浄機とは比較にならないレベルです。

 

強い威力で洗浄できるのは、業者に依頼する大きなメリットといえるでしょう。

原因に合わせた作業を行ってもらえる

水道修理業者は、高圧洗浄のみを行っているわけではありません。水道トラブルに合わせた作業を行ってくれます。

 

排水管のつまり具合によっては、高圧洗浄を行わず、ワイヤーブラシなどで対応してくれる場合もあるでしょう。このように水道修理業者は、水道トラブルを現地で確認した上で、適切な修理を行います。

 

自身で対処する場合、どのようなトラブルに対してどのような対処が適切かわからず、悪化させてしまう可能性もあるでしょう。

 

トラブルに合わせた対応をしてくれる点も、業者に依頼するメリットといえます。

排水管の高圧洗浄の基本的な流れ

排水管の高圧洗浄を行う流れは、集合住宅と戸建て住宅、排水管洗浄を行う箇所によっても異なります。

 

以下では、3つのケースによる排水管の高圧洗浄の流れについて解説するので、参考にしてください。

集合住宅の場合

マンションや公共の団地などの場合、管理者が年に数回、排水管の高圧洗浄を行っている場合があります。そのため、自身で高圧洗浄を依頼する必要がない場合もあるので、確認しておくと良いでしょう。

 

ただし、排水管の高圧洗浄を行っていない集合住宅の場合は、個々で業者に依頼するか管理者に依頼してください。

 

集合住宅は排水管が繋がっている構造なので、まずは一度相談してから依頼しましょう。管理者が承諾した場合は、管理費などから支払われます。

戸建て住宅の場合

戸建て住宅の場合は、以下の流れで排水管の高圧洗浄が行われます。

 

  1. つまりの状況確認
  2. 高圧洗浄機で排水管を掃除
  3. 室外の排水管の洗浄

 

つまりの状況を確認する際には、何が原因となっているかも調べてもらえます。その上で、高圧洗浄を行うかどうか決めるので、必ずしも高圧洗浄を使用するとは限りません。

 

業者と相談しながら、最適な方法で対処してもらいましょう。

トイレ

トイレの排水管の高圧洗浄を行うのは、とても手間がかかります。トイレは便器口からの高圧洗浄機の挿入が難しいため、排水管洗浄はほとんど行われません。

 

ただし、どうしても高圧洗浄を行わなければいけないという場合は、一度便器を取り外して行います。便器を取り外す場合は、高圧洗浄の料金と別に、便器の脱着工事費用がかかってしまうので、注意してください。

排水管の高圧洗浄を業者に依頼した際の費用相場

トイレの詰まりを解消する方法

高圧洗浄を業者に依頼した場合の費用相場も、集合住宅か戸建て住宅かで異なります。前述したように、集合住宅の場合は管理費から支払われるケースがほとんどです。

 

しかし、もちろん水道修理業者に支払い費用が発生しないわけではありません。

 

以下では、集合住宅で依頼した場合と戸建て住宅で依頼した場合の費用相場について解説します。

集合住宅で依頼した場合の費用相場

集合住宅で排水管洗浄を行う場合は、個々に支払う必要はなく、基本的には管理費から支払われます。管理組合やマンション管理会社などは、以下の費用を参考にしてください。

 

  • 小さい集合住宅(~15戸)…1戸あたり5,000円
  • 規模の大きい集合住宅(30戸~)…1戸あたり4,000円

 

たとえば、15戸の集合住宅であれば、単純計算で約75,000円になります。

 

あくまで住民から集めている管理費を使用するので、管理組合やマンション管理会社は、住民の理解を得ておきましょう。

戸建て住宅で依頼した場合の費用相場

戸建て住宅で排水管の高圧洗浄を行う場合の費用相場は、25,000円~35,000円です。

 

クリーンライフの事例から紹介すると、内訳は以下のようになります。

 

  • 基本料金:3,300円
  • 作業料金:27,500円
  • 合計:30,800円(WEB割引-3,000円で27,800円)

 

40,000円以上になる場合はほとんどないので、あまりにも高額だと感じる場合は、他の業者に依頼した方が良いです。

排水管高圧洗浄の業者トラブルに注意

排水管の高圧洗浄を業者に依頼する際は、トラブルに注意してください。

 

実際に国民生活センターで、排水管の高圧洗浄トラブルについて注意喚起がされており、以下のような事例も公表されています。

 

「排水管の高圧洗浄3千円」というチラシを見て、電話で依頼した。来訪した業者から渡された見積書は2万円を超えていたが、自分が家に呼んだので断ったら申し訳ないと思い、契約書にサインした。その後、同じ業者の別の人が家に来て、「排水設備が老朽化しているので、全部交換したほうがいい。交換しないと家が傷んでしまう」と言われ、20万円の排水工事の契約を結んでしまった。(80歳代 女性)

引用元:排水管の高圧洗浄トラブルに注意|国民生活センター

 

チラシ等で低価格をうたっていても、実際の契約では別のオプションなどをつけられてしまう場合があります。そのため、排水管の高圧洗浄を行う際は「安い」だけでは決めず、必ず安心できる業者かどうかを見極めてから依頼しましょう。

排水管の高圧洗浄を業者に依頼するなら

排水管の高圧洗浄を業者に依頼するなら、クリーンライフまでご相談ください。排水管の高圧洗浄を行っている業者のなかには、悪質な業者もいます。

 

クリーンライフは水道局指定工事店として登録されており、明朗会計を行っているので、安心してご依頼いただけます。

 

24時間365日対応しておりますので、急な排水管のつまりでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

⇒クリーンライフに排水管高圧洗浄を相談をしてみる