作業員待機中
13時25分現在、近くの作業員が最短30分〜でお伺いできます。
排水管トラブルの業者・料金

汚水桝のつまり解消・清掃を業者に依頼した場合の料金相場をご紹介します。つまり解消に必要な作業や業者の選び方、安く依頼する方法も解説するので、参考にしてみてください。

 

汚水桝のつまりは異臭などでご近所にも迷惑になるので、早めに対応することが大切です。つまりが起きる原因も紹介するので、つまりが起きないように予防しましょう。

汚水桝のつまり解消を業者に頼む際の料金相場

お金と電卓

汚水桝のつまり解消を水道修理業者に依頼した際の、相場料金を一覧表にしました。

作業内容 料金の相場
汚水桝の清掃 1ヶ所につき2,000円〜
高圧洗浄機によるつまり除去(3mまで) 27,000円〜
トーラーによるつまり除去 30,000円〜
塩ビ汚水桝への交換 120,000円〜150,000円

古い住宅には、コンクリート製の汚水桝が設置されている場合があります。コンクリート桝の耐久年数は、約20年です。コンクリート桝は劣化するとヒビが入りやすいので、耐久年数が50年以上の塩ビ桝への交換が増えています。

 

作業料金の他に、業者によっては以下のような料金が加算されます。

  • 基本料金
  • 出張費
  • 早朝・深夜・休日の割増料金
  • 見積もり

作業には関係なく、一律に設定されているため、問い合わせ時にどのくらい加算されるのか聞いておきましょう。見積もりの際に、合計金額がどのくらいになるのかを確認してから、契約してください。

 

見積もりは、ほとんどの業者が無料で対応しています。ただし、業者によっては点検に時間がかかると料金を加算する場合もあるので、どこまで無料なのかも確認しておくと安心です。

 

また、口で「〇〇円」と言うだけではなく、作業内容を項目ごとに記載した見積書を作成してもらいましょう。

汚水桝のつまり除去を依頼する業者の選び方

水道修理業者の男性

汚水桝のトラブルを解消してくれる業者を選ぶ際に、以下の3つを実行してください。

  • 相見積もりをする
  • 希望日に対応できるか確認する
  • アフターフォローがあるか確認する

それぞれについて説明します。」

相見積もりをする

複数の業者に同じ条件で見積もりを取って、比較して選びましょう。少なくとも3〜4社の業者に見積もりを依頼してください。

 

相見積もりを依頼する前に、見積もりが無料かどうか確認しておくと安心です。相見積もりをすると、適正価格がわかります。極端に安い業者や高過ぎる業者は、避けましょう。

 

料金だけではなく、以下の点も比較してください。

  • 見積書は作業別に詳しく記載されているか
  • スタッフが丁寧に説明するか
  • スタッフの態度や服装がきちんとしているか

見積書を比較すると、不要な作業などもわかります。

希望日に対応できるか確認する

土日祝日も含めて、希望日に対応してくれるかを確認しましょう。つまりが重症で水回りを利用できず、すぐに対応してほしいときは、特に重要です。

 

また、業者によっては、休日や早朝・深夜に作業すると、割増料金が発生する場合があります。お仕事をされていて、休日しか来てもらえない方は、確認して割増料金のかからない業者を選びましょう。

 アフターフォローがあるか確認する

料金が少し高くても、アフターフォローのある業者がおすすめです。アフターフォローがあれば、すぐに同じトラブルが再発してもすぐに無料、または格安料金で再度対応してもらえます。

 

また、アフターフォローがある業者は、多くの場合、トラブルの再発が少ない傾向です。多くの場合、技術に自信がある業者は、アフターフォローを用意しています。

汚水桝のつまり除去の料金を安くする方法

汚水桝

汚水桝のつまりを業者に解消してもらう際に、料金を安くする方法をご紹介します。主な方法は以下の4つです。

  • 定期的なメンテナンスをする
  • 水に流せるものでも大量に流さない
  • 排水口や便器に異物を流さない
  • 異変に気づいたらすぐに依頼する

それぞれについて、詳しく説明します。

定期的な汚水桝のメンテナンスをする

汚水桝のつまりが重症化すると、つまりの解消費が高額になります。専門器具が必要になるだけではなく、場合によっては古い汚水桝を交換する必要が出るためです。

 

汚水桝のトラブルが悪化しないために、定期的なメンテナンスが必要です。半年ごとならご自分で汚水桝の清掃をしても、大したご負担にならないでしょう。ご自分で簡単な清掃をしていれば、本格的な清掃は2年ごとでも問題ない場合がほとんどです。

 

汚水桝のトラブルは、木の根っこが成長しすぎて汚水桝に入り込む場合にも起きます。木の根っこが成長すると、除去を業者に依頼する必要があります。

 

しかし、定期的にメンテナンスをしていれば、木の根っこが小さいうちに発見して、ご自分でも除去が可能です。

水に流せるものでも大量に流さない

汚水桝が汚れないようにすることも大切です。

 

「水に流せる」と書かれていると、ついつい複数枚を流してしまいがち。トイレットペーパー以外にも、以下のようなものが「水に流せる」商品として販売されています。

  • 猫の砂
  • トイレクリーナー
  • ティッシュ
  • ウェットティッシュ
  • おしりふき

「水に流せる」と記載されていても、大量に流すとつまりの原因となり修理代がかさむので、注意が必要です。

排水口や便器に異物を流さない

小さなものですと、排水口に入ってもあまり気にしない方が多い傾向ですが、どんなに小さくても排水口や便器に落ちたらすぐに拾うようにしてください。

  • 歯磨き粉
  • キャップ
  • 爪楊枝
  • ボールペンのキャップ

こういったものは、小さいと排水管に流れてもすぐにはつまらないので放置する人も。しかし、水では溶けずに汚れが周囲に蓄積されていき、つまりの原因になりやすいので注意が必要です。

 

異物を流すか流さないかで、汚水桝の修理料金は変わってきます。少しでも安くしたいのであれば、日々の些細な変化に気を付けることが大切です。

異変に気づいたらすぐに依頼する

汚水桝や排水管に異変があった場合に、すぐに業者に相談した方が修理代が安くなります。節約しようとご自分で修理・清掃をすると、反対に悪化させてしまうことも。

 

修理前よりも悪化して、ご自分では対応できず、業者に相談したら高額になってしまったというケースが少なくありません。

 

汚水桝の不具合は、汚れやニオイを我慢しなくてはなりません。我慢した結果、高額の修理代が必要になるとしたら、残念に思うです。

汚水桝のつまりが起きたらどうなる?

掃除道具を持ちながら悩む女性

汚水桝のフタを開けなくても、以下のような状態なら汚水桝が詰まっているのかもしれません。

  • 排水口や便器からの異臭がする
  • 逆流して流れにくくなる
  • 汚水桝から汚物があふれる

さらに詳しく説明します。

排水口や便器からの異臭がする

キッチンや浴室の排水口や便器から、丁寧に掃除をしてもすぐにニオイが気になるなら、汚水桝が詰まっている可能性があります。

 

液体パイプクリーナーを使っても、排水口からのニオイが消えない場合は、汚水桝のフタを開けて確認してみましょう。

逆流して流れにくくなる

トイレや排水口から水が逆流する場合は、汚水桝の詰まりが起きている可能性があります。逆流までしなくても、次のような場合は気をつけましょう。

  • トイレの水を流したあと、水位が少し上がる
  • 排水口からゴボゴボとした音がする

トイレや排水口のつまりの前兆が起きたら、汚水桝のつまりが原因かもしれません。

汚水桝から汚物があふれる

汚水桝がつまると、汚物が排水管に流れなくなり、汚水桝から汚物があふれてしまいます。あふれているのが液体中心になっていると、目視ではわからない場合があります。

 

以下のような状況になっていないか、確認してください。

  • 汚水桝から悪臭が発生している
  • 汚水桝の周辺に害虫がたくさんいる

キッチンのゴキブリが気になったら、汚水桝に問題があるのかもしれません。汚物があふれている可能性があれば、汚水桝のフタを開けて確認しましょう。

汚水桝のつまりが起きる原因

原因

汚水桝のつまりの原因は、主に以下が考えられます。

  • 蓄積した汚れや異物
  • 汚水桝のヒビ・穴
  • 地震などによる排水管の移動
  • エルボの落下
  • 汚水桝に入り込んだ木の根

それぞれについて、どのような状態か、解決方法はあるのかを順次お伝えします。

蓄積した汚れや異物

汚水桝に汚れや異物が蓄積すると、つまりが生じます。特に、以下の蓄積がつまりの原因です。

  • キッチンの油汚れや生ごみ
  • 浴室の毛髪や垢
  • 便器や洗面所の吐瀉物

マンションなどの集合住宅なら、管理会社が定期的に汚水桝のメンテナンスをしています。

 

しかし、戸建てはご自分でのメンテナンスが必要です。新築でも4〜5年以上もの間放置していると、つまりが生じます。

汚水桝のヒビ・穴

汚水桝にヒビや穴が空いていると、土砂などが入り込んでつまりが起きます。コンクリート製の桝は耐用年数が短く、劣化してヒビが入るとつまりやすい状態になります。

 

周囲の植物の根っこも入り込みやすいため、ヒビが入ったらすぐの交換がおすすめです。

地震などによる排水管の移動

地震などの衝撃で排水管が移動して傾斜の向きが変わったり、傾斜がなくなったりすると、水の流れが阻害されてつまりが生じます。

 

排水が流れるように、排水管を元の位置にもどす必要があります。無理に動かすと、排水管が壊れてしまうので注意が必要です。

エルボの落下

汚水桝の中には、エルボと呼ばれる曲管が設置されています。掃除しやすいように、手で簡単に外せるようになっているため、落下しやすいという欠点があります。

 

エルボが落下していると、排水の流れが阻止されてつまりが生じます。

汚水桝に入り込んだ木の根

庭木が汚水桝の近くに植えてあると、木の成長にともなって木の根も伸びてきて、汚水桝に入り込むことがあります。特にコンクリート製の汚水枡で、劣化してヒビが入っていると注意が必要です。

 

木の根が原因で汚水桝のつまりが発生したら、木の根を取り除く必要があります。一度取り除いても、また成長する可能性があるため、庭木を汚水桝から離れた場所に移植した方が良いでしょう。

汚水桝のつまりでお困りなら

汚水桝のつまりを業者に依頼した際の料金相場や、汚水桝のつまりに関する問題点をご紹介しました。

 

汚水桝の掃除はご自分でも可能ですが、つまりが生じるほどの汚れの蓄積は、業者への依頼がおすすめです。

 

クリーンライフ』は排水管や汚水桝(排水桝)のつまりに対応しています。

 

即日対応も可能なので、まずはお気軽にご相談ください。電話が苦手な方は、LINEやメールのご利用も可能です。
⇒クリーンライフに汚水桝のつまりについて相談してみる

2024.03.29

一戸建ての水回り全般にある排水管は、つまり・悪臭といったトラブルを防ぐためにも定期的な高圧洗浄が欠かせません。

 

以下の恐れがあるため、自力での高圧洗浄は避けて業者を利用するようにしてください。

  • 排水管トラブルは原因の特定が難しい
  • 誤った使い方により、二次被害を招く

業者の利用にあたり、今回は一戸建ての排水管高圧洗浄にかかる料金相場について解説。業者の利用時に押さえておくべき、出費を抑える方法や依頼先の選び方もお伝えします。

一戸建てで排水管の高圧洗浄が必要なケース

一戸建ての排水管内は、業者に依頼して定期的に汚れを落とす必要があります。下記2つのケースに該当する際は、高圧洗浄で内部の汚れを根こそぎ綺麗にしましょう。

  1. 排水管つまり・悪臭トラブルを解消したい場合
  2. 排水管つまり・悪臭を未然に防ぎたい場合

以降では、各ケースで高圧洗浄が要される理由を解説します。

排水管つまり・悪臭トラブルを解消したい場合

排水管のつまり・悪臭トラブルは、早めの高圧洗浄で解消できる可能性が高いです。一戸建ての排水管は、以下のような水回り全般に設置されています。

  • トイレ
  • キッチン
  • お風呂場
  • 洗面所
  • 洗濯機

長年使うと知らぬ間に汚れが蓄積され、つまり・悪臭などのトラブルに繋がりかねません。汚れは放置期間に比例して落としにくくなるため、定期的な高圧洗浄が不可欠です。

 

できれば排水管に設置されている「汚水マス」からの高圧洗浄も依頼し、周辺で生じたつまり・悪臭の原因も断ち切りましょう。

 

汚水マスとは、屋内から公共の下水道へと繋がる排水管を接続する部分。基本的には屋外にあり、白いフタが付いているのが特徴です。

排水管つまり・悪臭を未然に防ぎたい場合

一戸建ての排水管を快適に使い続けるには、汚れが蓄積される前に落とす心掛けが大切です。定期的な高圧洗浄により、想定される水トラブルの対策を講じましょう。

 

未然の対処に努めれば、汚れの蓄積に伴うつまり・悪臭の発生リスクも抑えられます。

 

生活排水を流す排水管は、さまざまな汚れやゴミが流れ込む部分。いくら注意したにしろ、つまり・悪臭を完全に防ぐのは難しいです。

 

発生リスクをなるべく軽減したければ、3年~5年に一度くらい高圧洗浄を実施するといいでしょう。

一戸建ての排水管高圧洗浄にかかる料金相場

料金相場

一戸建ての排水管の高圧洗浄にかかる料金相場は、3万~5万円程度です。金額の決定権は各業者にあるため、ご自身で適正価格の依頼先を見極める必要があります。

 

相場と比較した際、あまりに高額な業者への依頼は控えましょう。以下を招かないよう、極端に安い場合も利用しないのが無難です。

  • 手抜きの施工でトラブルが再発する
  • 勝手な判断で追加工事が行われる

水道修理業者によっては、排水管の長さによって料金が変わるケースも。必ず見積もりを実施してもらい、相場に見合っているかどうかを確認したうえで、依頼先を決めてください。

一戸建ての排水管高圧洗浄で料金を抑える方法

一戸建ての排水管高圧洗浄では、最低でも3万円~の料金が発生します。

 

適切な頻度で洗浄を実施していれば、トラブルを未然に防げるケースは多いでしょう。すでにつまり・悪臭などの症状に直面している際も、次の方法で出費を軽減できる可能性が高いです。

  • 複数の排水管をまとめて高圧洗浄してもらう
  • トイレの排水管高圧洗浄は緊急時に限定する
  • お得なキャンペーンを利用する

実践できそうなものがあれば、ぜひご活用ください。

複数の排水管をまとめて高圧洗浄してもらう

排水管高圧洗浄は、複数箇所をまとめて依頼することで割安になるケースが多数あります。

 

以下はつまり・悪臭をはじめ、排水管のトラブルを解消するための施工料金の内訳です。

  1. 基本料金
  2. 作業料金
  3. 部材代

作業料金・部材代は、トラブルの深刻性や発生箇所ごとに変化します。確実なコストカットを目指すのは、かなり難しいでしょう。

 

一方の基本料金は、業者利用時に必ず生じる出費。駆けつけてもらう回数を減らせば、確実に料金を抑えられるはずです。

 

なるべく一度で依頼を完結するよう心掛け、よりお得に排水管高圧洗浄を済ませましょう。

トイレの排水管高圧洗浄は緊急時に限定する

トイレの排水管高圧洗浄は、緊急のトラブルが生じた際に行えばOK。元々つまり・水漏れが発生しやすい箇所ではありますが、排水管で生じるトラブルは少ないです。

 

料金を抑えたければ、依頼箇所をトイレ以外に絞るといいでしょう。トイレの定期的な排水管高圧洗浄をやめると、平均的に1万~2万円程度のコストカットが期待できます。

お得なキャンペーンを利用する

一戸建ての排水管高圧洗浄にかかる料金が、割引かれるキャンペーンを利用するのも一つの手です。

 

キャンペーンの実施有無や内容は、業者によってさまざま。具体例には、以下のようなものがあります。

  • 「Webを見た」で3,000円割引
  • 初回利用時のみ20%OFF
  • 期間限定で作業料金が10%OFF

クリーンライフでも現在、次のキャンペーンをご用意しています。

  • Webからの依頼で3,000円割引(総額が10,000円以上の場合)
  • 2回目以降の依頼時は作業料金が10%OFF

利用条件を満たしている場合、積極的に活用してよりお得感のある依頼を実現しましょう。

 

⇒クリーンライフに一戸建ての排水管高圧洗浄を相談してみる

一戸建ての排水管の高圧洗浄を自分で行うリスク

注意点

一戸建ての排水管高圧洗浄は、業者への依頼が基本。トラブルの解消や対策で必要ならば、ある程度の出費は免れないでしょう。

 

中には料金を抑えようとして、自力で排水管の高圧洗浄を検討する方がいるかもしれません。ただ、以下のリスクが伴うことから、自分での対処は止めておくのが無難です。

  • 原因の特定が難しい
  • 二次被害を招く

以降では、各リスクについて詳しく解説します。

原因の特定が難しい

一戸建ての排水管で生じたトラブルは、内部に原因があるケースも多数。普段目に触れないからこそ、素人が原因を突き止めるのは、非常に難しいです。

 

ひとまず排水管内を洗浄できたにしろ、汚れが綺麗に落とし切れているとは限りません。場合によっては、排水管の高圧洗浄で解消できない症状に直面している恐れもあります。

 

的確な対処を講じるには、トラブルの発生要因を正確に見極めることが重要です。水回りのプロである業者を利用し、つまり・悪臭などの原因を根本から断ち切りましょう

二次被害を招く

高圧洗浄機の使用時は、水圧やホースの差し込み具合にも注意が必要です。次のような誤った使い方は、トラブルの状況を深刻化させ、二次被害を招く恐れがあります。

  • 水の勢いが強すぎる
  • ホースを入れすぎている

以下には、被害の具体例をまとめました。

  • ホースが抜けなくなってしまう
  • 床・壁の内側まで浸水する
  • 階下の部屋に漏水する

二次被害によるさらなる出費を防ぎたければ、ある程度料金がかかっても業者を利用した方が安心です。

drainpipe cta1

一戸建ての排水管高圧洗浄で利用する業者の選び方

ポイント

一戸建ての排水管高圧洗浄の依頼先は、次のポイントを踏まえて検討してください。

  • 実績豊富で口コミ・評価が高い
  • 余計な料金が発生しない
  • 無理な営業活動を行っていない
  • 水道局指定工事店である

引き続き、それぞれの詳細を見ていきましょう。

実績豊富で口コミ・評価が高い

水道修理業者を選ぶうえで、まず着目したいのが利用者による口コミ・評価です。情報源としては、公式サイトや水道修理業者の比較サイトが参考になります。

 

一般的には実績豊富な業者ほど、効果的な排水管高圧洗浄を期待できるでしょう。一方で、実績が少ない業者を利用してしまうと自分で対処するのと同様、以下の二次被害を招く危険が伴います。

  • ホースが抜けなくなってしまう
  • 床・壁の内側まで浸水する
  • 階下の部屋に漏水する

依頼前は必ず実績数を確認し、より信頼のおける業者を利用してください。

余計な料金が発生しない

一戸建ての排水管高圧洗浄を依頼する際は、余計な料金が発生しない業者を選ぶようにしてください。余計な料金の一例は、以下の通りです。

  • 自宅に駆けつけてもらうための出張費
  • 事前の見積もりに要する料金
  • 休日や夜間・早朝の割増料金

上記を確実に抑えたければ、いずれとも無料を謳う業者選びを意識しましょう。

 

場合によっては、出張費だけ生じるケースもあります。出張費が有償の際も、なるべく自宅に近い業者を利用するなどの工夫により、余計な支出を削減できるでしょう。

無理な営業活動を行っていない

チラシ・飛び込み営業により、施工を無理強いしてくる業者への依頼は避けましょう。強引な営業活動を行う業者は、悪徳業者である可能性が高いといえます。

 

以下は、悪徳業者と利用者間で起こり得るトラブルの一例です。

  • 「見積もり無料」を謳いながら、見積もり料金が発生する
  • 強引に施工を実施された後で、高額な費用を請求される

利用者による口コミ・評価なども参考に、これまでトラブルになった事例がないかどうか確認しておくと安心です。

水道局指定工事店である

一戸建ての排水管高圧洗浄は、水道局指定工事店(指定排水設備工事事業者)に依頼するのがおすすめです。

 

水道局指定工事店とは、”排水装置工事を適正に行える”と水道局から認められた業者のこと。指定されるには、以下を含む複数要件を満たしている必要があります。

  • 営業所ごとに指定設備工事責任技術者がいる
  • 指定を受けたい都道府県内に営業所がある
  • 排水設備工事に必要な機械器具を保持している
  • 欠格要件に該当しない

水道局の指定は、違反行為を理由に取り消されるケースも多数。依頼時に水道局指定工事店であれば、悪徳業者でない可能性が高いでしょう。

一戸建ての排水管高圧洗浄の依頼先に困ったときは

一戸建ての排水管高圧洗浄にかかる料金相場をはじめ、費用を抑える方法なども解説しました。

 

掃除がしにくく、手入れが雑になりがちな排水管内。業者による定期的な高圧洗浄により、つまり・悪臭を含むトラブルの発生を抑えましょう。

 

依頼先に悩んだら、クリーンライフをご利用ください。ご依頼から最短30分で駆けつけ、排水管の汚れを根こそぎ綺麗にします

 

⇒クリーンライフに一戸建ての排水管高圧洗浄を相談してみる

2024.03.29

以下のような場合、排水管本体を交換しなければならない可能性があります。

  • 寿命を上回った排水管を使用している
  • 排水管内でつまりトラブルが起きている

軽度なつまりならば、自力での対処も可能です。ただ、交換作業を要する場合には、業者への依頼が欠かせません。

 

今回は、排水管の交換工事にかかる費用相場や、業者選びのコツについて解説。自宅の排水管に劣化やつまりが見られ、工事を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

排水管工事には2通りの方法が存在

水道管や排水管を交換

排水管工事とは、排水管本体を新しいものに交換する工事のこと。複雑な作業を要するため、プロの水道修理業者への依頼が欠かせません。

 

排水管工事は主に以下の2種類に分別でき、それぞれ工事の方法が異なります。

  • 屋内排水管工事
  • 屋外排水管工事

各工事の詳細について解説します。

屋内排水管工事

キッチンやトイレなど、屋内の水回りから汚水を排出する排水管工事のことを「屋内排水管工事」といいます。

 

排水設備の新設だけでなく、増設や改造を行うケースも存在。いずれも排水設備指定業者によって、とり行われることが義務づけられています。

屋外排水管工事

「屋外排水管工事」は、屋内の排水管から水道局が管理する下水道本管までを接続する工事のこと。屋内排水管工事と同じく、排水設備指定業者のみに依頼できます。

 

「公共桝」までの工事費用は、自治体が負担。以降、自宅の敷地内に引き込むまでの費用は、排水管の利用者本人に課されるのが特徴です。

排水管工事が必要な事例2つ

以下のようなトラブルが発生した場合は、排水管の交換工事を検討すべきタイミングかもしれません。

  • 排水管が劣化・破損している
  • 排水管内でつまりが起きている

本項では、排水管工事を要する2つの事例について解説します。

排水管が劣化・破損している

さまざまな種類がある排水管。中でも代表的なのが、以下の2つです。

  • ステンレス管
  • 塩化ビニル管

どちらも耐久性の高い素材ですが、経年劣化に伴う破損のリスクは避けて通れません。流したゴミの汚れや熱湯による傷みが徐々に蓄積され、突如破裂してしまうケースは十分あり得ます。

 

一般的な排水管の耐用年数は、20年~40年程度。寿命を超えても使い続けていると、水漏れや異臭などのトラブルを招く恐れがあるため、長年暮らしている住宅では注意が必要です。

排水管内でつまりが起きている

排水管のサイズは比較的小さく、内部でつまりトラブルが発生してしまう事例もあります。日常生活において、特にトラブルが起こりやすいのは次の4ヶ所です。

  • トイレ
  • キッチン
  • お風呂
  • 洗面所

そもそもつまりを発生させないよう、日頃の手入れや掃除を習慣化しましょう。

 

また、排水管はじめ下水管のつまりが発生しやすいとされるのが、一戸建て。汚水を勢いよく流せる縦管でなく、緩やかに流す横管を採用しているため、どうしても汚れが溜まりやすくなってしまいます

 

戸建て住宅にお住まいの方は、排水管のつまりトラブルが起こりやすいことを踏まえ、日常生活を送るように気を付けてください。

排水管工事を業者に依頼する際の料金相場

料金相場

排水管の交換工事は、排水設備専門の業者に依頼する必要があります。

 

本項では、排水管工事を依頼する際の料金相場について解説。

  • 標準的な排水管工事にかかる費用
  • 排水桝の交換を要する場合の費用

上記2つのケースに分けて、おおまかな費用の目安をお伝えします。

標準的な排水管工事にかかる費用

水道修理業者に排水管工事を任せるうえで、必ず発生するのが依頼先ごとに設けられた標準作業料金です。

 

たいていの業者は、1m以内の標準作業料金を2万円~3万円台に設定。作業範囲が1mを超える場合は、1mごとに5,000円~6,000円を加算していく仕組みです。

 

加えて以下の項目なども考慮し、最終的な費用を決定しています。

  • 排水管の数
  • 掘削作業量
  • モルタルの補修量

一概に総額の目安がいくらと言い切るのは難しいですが、最低でも標準作業料金の支払いが必要であることは念頭に置いておきましょう。

排水枡の交換を要する場合の費用

万が一、複数の排水管が合流する「排水桝」に老朽化や破損が見られるようならば、排水管とあわせて交換を検討する必要があります。

 

排水管の手入れ・点検をしやすくしてくれる排水桝は、屋外に複数設けられていることがほとんど。交換費用の目安は、以下の表の通りです。

1ヶ所当たりの交換費用 38,000円~42,000円
深さが50cm以上ある場合(1ヶ所当たり) 44,000円~48,000円

排水桝の交換工事にかかる料金も、作業量・内容などによって上下します。

drainpipe cta1

排水管工事にかかる費用を抑える方法

業者への依頼が必須の排水管工事にかかる料金は、決して安いものではありません。

 

多少なりとも出費を抑えたい場合は、次の3つの方法が有効です。

  • つまりの原因となる異物を流さない
  • できるだけ早く業者に相談する
  • 余計な出費が発生しない依頼先を選ぶ

手軽に実践できるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

つまりの原因となる異物を流さない

事前の対策として、排水管にできるだけ異物を流さない方法があります。

 

交換工事を要するほど深刻なトラブルは、排水管のつまりによって引き起こされるケースが多数。だからこそ、つまりの原因になる異物をできるだけ流さないように意識し、トラブルの発生自体を防ぐことが重要です。

 

たとえばトイレでは、必要以上のトイレットペーパーを流さないように心掛けましょう。浴室では、以下もつまりの要因になり得るので注意してください。

  • シャンプーや石けんカス
  • 髪の毛
  • 衣服についたゴミ

水回りの異物を完全に排除するのは困難ですが、フィルターの設置などによって多少流れにくくすることは可能です。

できるだけ早く業者に相談する

水回りのトラブルというのは、放置期間が長引くほど症状を悪化させてしまう傾向があります。

 

並行して工事に関わる作業が増えれば、出費も高額になりがち。異変を感じたらできるだけ早く対処するよう、心掛けましょう。

 

排水管自体の劣化、深刻なつまりトラブルなどが確認された場合は、早期にプロの水道修理業者に相談してください。

余計な出費が発生しない依頼先を選ぶ

余計な出費が発生しない依頼先選びも重要です。余計な出費の具体例には、以下のようなものがあります。

  • 見積もり料金
  • キャンセル料
  • 出張費
  • 時間外の割増料金

前提条件として、見積もりやキャンセル料が無料の水道修理業者を選びましょう。加えて、出張費や時間外の割増料金などが発生せず、いつでも同じ料金で依頼できる業者だとなお安心です。

排水管工事が不要なトラブルへの対処法

洗濯機

症状が軽い排水管トラブルの場合、自力で対処できるケースもあります。

 

業者を介さずに済めば、工事費用を大幅に抑えることが可能。緊急時以外の簡単なつまり・水漏れトラブルには、以下の対処を実施してみてください。

ナットを締め直してみる

排水管のナットは老朽化に伴って緩んでしまい、同時に接続部分などで水漏れを引き起こすことがあります。

 

ポタポタと垂れる程度の症状であれば、まずはモンキーレンチを使ってナットを締め直してみましょう。緩みを解消するだけで、簡単に水漏れが止められるかもしれません。

パッキン交換を行う

ナットの締め直しで排水管の水漏れが改善されなければ、内部のパッキンが劣化している可能性を疑いましょう。

 

パッキン交換の手順は、以下の通りです。

  1. 排水パイプを固定しているナットを外す
  2. 古いパッキンを新しいものに取り換える
  3. ナットを元の位置に取り付ける

排水管の水漏れ発生箇所が洗面所である場合、下にタオルや雑巾を敷いてからの作業がおすすめです。万が一、漏れ出る水の量が増えたとしても、後の掃除が楽になります。

DIYでつまりを解消する

排水管内で発生した軽度なつまりは、DIYで解消できるかもしれません。代表的なつまりの除去法には、次のようなものがあります。

  • 液体クリーナー
  • ワイヤークリーナー
  • ラバーカップ
  • ピーピースルー

トラブルの発生箇所や症状に合わせて、最適な方法を実践してみましょう。

排水管工事を業者に任せるべきケース

水道修理 業者

排水管トラブルの中には、業者に任せた方がいいケースもあります。

 

すべてのトラブルに自力で対処できるわけではないため、いくら工事費用を抑えたいからといって無理に触らないよう、注意しましょう。

 

本項では、排水管工事を業者に任せるべきケースの代表例をご紹介します。

自力での対処に不安を感じる場合

水回りの知識を備えておらず、目の前の排水管トラブルに自分で対処する自信がない方は、積極的に業者を利用してください。

 

プロの業者に依頼すれば、トラブルの原因を正確に判断したうえで適切な工事を実施してもらえます。余計な箇所に触れてしまい、症状が悪化する心配も不要で安心です。

排水管修理に複雑な作業を要する場合

排水管トラブルの解消に複雑な作業を要する場合、有資格者でないと対処できないケースもあります。

 

勝手にDIYで修理してしまうと、法律に触れる恐れもあるので要注意。不安なときは、必ずプロの業者を頼りましょう。

 

⇒『クリーンライフ』に排水管トラブルの相談をしてみる

排水管工事を依頼する業者の選び方

排水管工事を業者にお願いする際は、下記3つのポイントを意識した依頼先選びが重要です。

  • 水道局指定工事店である
  • 緊急時も早急に駆けつけてくれる
  • 適正価格の工事や修理を実施

日本の水道修理業者は数多く、中には工事費用や技術力に不安が残る「悪徳業者」も存在。上記のポイントすべてを満たす、信頼性の高い1社を利用するようにしましょう。

水道局指定工事店である

排水管トラブルには、有資格者でないと対処できない事例もあります。あらかじめ、水回り関連の国家資格保持者が在籍する「水道局指定工事店」を利用し、依頼の二度手間を防ぎましょう

 

水道局からの指定を受けていれば、十分な技術力や設備機器を有していると判断できます。

 

ただし、水道局指定工事店ならどこも安心とは言い難いのも現状。創業年や実績数などもしっかり確認したうえで、安心して任せられる業者に相談してください。

緊急時も早急に駆けつけてくれる

排水管トラブルを含め、水道関連のトラブルは発生時期を予想できないのが難点。だからこそ、緊急時もすぐに駆けつけてくれる業者を選ぶことが、非常に大切です。

 

特に、地域密着型の水道修理業者の中には、最短30分ほどで現場に到着してくれる業者も多数。早期復旧を目指したいときにおすすめです。

 

また、水道トラブルは時間帯問わず発生する恐れがあります。深夜・早朝にも対応してもらえるかどうか、必ず確認しておきましょう。

適正価格の工事や修理を実施

適正価格の工事・修理サービスを実施しているかどうかも、信頼のおける業者選びに欠かせないポイントです。

 

地域ごとに異なる適正価格は、相見積もりによって確認しましょう。現場周辺を拠点とする複数業者から見積もりをとれば、おおよその料金相場が分かります。

 

相見積もりをする際は、総額とあわせて以下の項目も確認してください。

  • 工事・修理サービスの内容
  • アフターサービスの有無や詳細

同じ料金の工事・修理であれ、業者によってサービスの内容が大幅に異なる場合もあります。

排水管工事の依頼先に悩んだら

排水管の交換工事にかかる費用相場や、業者選びのコツなどをお伝えしました。深刻なトラブルを避けるためにも、古くなった排水管は早急に新しいものへと交換しましょう。

 

依頼先に悩む場合は、水道局指定工事店である我々クリーンライフをご利用ください。

 

軽度なつまりの症状にも対応可能。お電話1本いただければ、すぐに駆けつけて最適な対処を施します

 

⇒『クリーンライフ』に排水管トラブルの相談をしてみる

2024.03.29

排水管の清掃を定期的に行わなければ、つまりの原因になってしまうため、業者に依頼したり自身で掃除したりしなければいけません。

 

そこで今回は、排水管清掃の方法や業者に依頼した場合の料金について解説します。排水管からの異臭を感じたり、つまりをがある場合は、まず掃除してみましょう。

 

また、排水管が詰まる原因、業者の選び方もあわせて解説します。

排水管を詰まらせる主な原因

排水管のつまりは、汚れが原因です。こまめに排水管の汚れを清掃しておかなければ、つまってしまう可能性があります。

 

しかし、ひとえに汚れといっても、場所によって汚れの種類は異なります。

 

以下で主に汚れが残りやすい3つの部分を見ていきましょう。

キッチン排水管の主な汚れ

キッチン排水管の汚れは、主に以下の3つです。

  • 油汚れ
  • 食材の残りカス
  • 洗剤の残りカス

とくに厄介なのが、油汚れです。油は排水管にまとわりつき、食材の残りカスや汚れカスを吸着してしまいます。

 

一度排水管にまとわりつくと、簡易的な掃除では落としきれない可能性があるので、普段から油を流さないように気を付けましょう。

浴室排水管の主な汚れ

浴室排水管の主な汚れは、以下の2つです。

  • 皮脂汚れ
  • カビ
  • 髪の毛

浴室の汚れは、基本的にはお湯と一緒に流れていきます。しかし、髪の毛のような固形物は、簡単に流れていきません。

 

さらに、髪の毛が排水管に残ると、石鹸カスや皮脂汚れが付着しやすくなってしまい、つまりの原因となります。

トイレ排水管の主な汚れ

トイレ排水管の主な汚れは、以下の3つです。

  • ヘドロ
  • 尿石
  • トイレットペーパー
  • 排泄物

基本的には水で流れていきますが、一度排水管に付着してしまうと、清掃しなければ落としきれません。

 

経年とともに少しずつ蓄積されているケースもあるので、つまりが表面化していなくても、定期的な清掃を行うべきです。

自分でできる排水管掃除

トイレの排水管トラブルにお困りの方へ

排水管の汚れは、自分で掃除して落とせる場合があります。いずれも簡単にできる方法ですが、多少の知識とコツは必要です。

 

以下では、自分でできる5つの排水管掃除方法を解説するので、ぜひ行ってみてください。

 

自分で掃除しても、つまりが解消されなかったり異臭がしたりする場合は、業者へ依頼しましょう。

45~50℃のお湯を流す

手軽な方法は、45~50℃のお湯を流す方法です。お湯を流すだけで、油が浮いて流れていきます。

 

ただし、熱湯は流さないように注意してください。

 

排水管は主に塩化ビニール管という素材が使われており、耐熱温度が約60~70℃です。そのため、熱湯を流すと排水管そのものが変形してしまう可能性があります。

市販のパイプクリーナーを使う

こびりついた汚れには、市販のパイプクリーナーも効果的です。薬局などで購入でき、排水管に注ぐだけなので、手が汚れる心配もありません。

 

目安の使用量は商品に記載されていますが、あまりにもつまりがひどい場合は、一本丸々使用して様子を見ても良いでしょう。

 

ただし、市販のパイプクリーナーは業者用と比べると洗浄力が弱いので、一定の効果しか期待できません。

重曹+クエン酸

家にある、重曹とクエン酸を使った掃除も可能です。家にない場合は、100円ショップでも購入できるので、安価に抑えられます。

 

掃除のやり方は簡単です。

  1. 排水口全体に重曹をかける
  2. 重曹の上からクエン酸をかける
  3. ぬるま湯でゆっくり流す

お湯で流した後は、30分~1時間待って、最後にもう一度流します。

 

つまりの解消方法としてはパイプクリーナーよりも効果は低いものの、簡単な汚れ程度であれば効果が期待できるでしょう。

ペットボトルで汚れ除去

ペットボトルを使った排水管掃除方法もあります。空気を排水管へ送りこんで、つまっていた汚れを除去する方法です。

 

掃除のやり方は、以下のとおり。

  1. 排水口のフタやゴミ受けなどをすべて外す
  2. むき出しになった排水管の口にペットボトルの口を差し込む
  3. ペットボトルを数回押しつぶす

上手くいくと、つまっていた汚れが浮いてきます。空気の量も関係してくるので、2リットルのペットボトルが望ましいです。

ワイヤーブラシで掃除

ワイヤーブラシは、排水管のつまりや汚れを除去するための、専門的な器具です。ホームセンターなどで購入できます。

 

使い方は、ワイヤーブラシを排水管に挿入して、回転させたりこすったりするだけです。

 

ただし、ワイヤーブラシを使うにはコツがいるので、使い方が難しい場合には無理に自分でやらないようにしましょう。無理にワイヤーブラシを使うと、トラブルが悪化する可能性があります。

 

業者に依頼した場合の排水管清掃作業

しつこい排水管の汚れは、業者に依頼した方が良いです。家庭で行える掃除では、どれだけやっても汚れを除去できない可能性があります。

 

業者は、専門的な器具や薬剤を使った排水管洗浄ができるので、自分で掃除をするよりも、確実な効果に期待できるでしょう。

 

以下では、業者に依頼した場合にどのような排水管清掃を行うのかについて解説します。

ワイヤーブラシを使った清掃

家庭と同じように、業者もワイヤーブラシを使った排水管清掃を行います。ただし、業者が扱うワイヤーブラシは、市販のものよりも強力であり、強度も高いです。

 

また、ワイヤーブラシの使い方を熟知しているので、ワイヤーブラシのみで汚れを除去できる可能性もあります。

 

ワイヤーブラシのみの排水管清掃であれば安価で依頼できるので、軽度のつまりはワイヤーブラシで清掃を行ってもらいましょう。

高圧洗浄機を使った清掃

業者の排水管清掃のなかで最も効果が期待できるのは、排水管洗浄です。専門の機器を使って、排水管高圧洗浄を行ってくれます。

 

高圧洗浄の機器は一般の方でも購入できますが、出力には大きな差があるため、一般の機器では大きな効果は期待できないでしょう。また、高圧洗浄は機器の扱いに慣れていなければ、効果的な洗浄は行えません。

 

薬剤を使った清掃

業者には、業者専用の汚れを除去する薬剤があります。軽度の汚れであれば、薬剤だけで除去できるでしょう。

 

しかし、業者専用であるため、とても強力なもので危険性もあります。薬剤を使用した後の扱いについては、業者からしっかり説明を受けておきましょう。

排水管の分解清掃

どうしても排水管のつまりや汚れが解消できない場合は、排水管を分解して清掃する方法があります。分解清掃自体は自分でも不可能ではありません。

 

しかし、分解した後に元に戻せなくなったり、別のトラブルの原因になったりする場合もあるので、必ず業者に依頼してください。

排水管清掃を業者に依頼した際の料金相場

23521725 m

排水管清掃を業者に依頼した際の料金は、作業内容によって異なります。数千円の場合もあれば、数万円になる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

 

たとえば、ワイヤーブラシや薬剤のみの排水管清掃であれば、3,000円~9,000円程度です。高圧洗浄機を使ったり排水管分解をしたりする場合は、10,000円~30,000円になります。

 

つまりや汚れの度合いによっても異なるので、事前に現場で見積もりをとってもらうと良いでしょう。

排水管清掃後の注意ポイント

一度排水管を清掃しても、安心してはいけません。清掃後の日常生活で気を使わなければ、すぐに汚れはたまってしまいます。

 

以下で排水管清掃後の注意ポイントについて解説するので、日常生活から心がけてみてください。

 

少し意識して生活するだけで、排水管からの異臭やつまりの可能性を下げられます。

排水トラップの定期的な清掃

排水管に汚れが落ちていかないように、排水トラップは定期的に清掃してください。基本的な汚れは、一度排水トラップに溜まります。

 

しかし、汚れをそのままにして使い続けてしまうために、排水管まで流れてしまうのです。

 

排水トラップを常に清潔にしておけば、排水管まで汚れが流れなくなります。毎日掃除をする必要はありませんが、月に1回程度、排水トラップを確認しておきましょう。

固形物を流さない

排水管がつまる大きな原因は、固形物です。大きな固形物はもちろん、小さな固形物を流してしまうと、つまりの原因となります。

 

たとえば、キッチンであれば、食材の種や皮などです。一つひとつは小さいですが、排水管をつまらせる大きな要因となってしまうので、流さないようにしてください。

排水管清掃業者を選ぶポイント

排水管清掃業者を選ぶ際は、安心できる優良な業者を選びましょう。なかには、高額な請求をする業者もいるため、注意しなければいけません。

 

以下では、どのようなポイントで排水管業者を選ぶか、いくつかのポイントを解説します。スムーズにトラブルを解決してもらうために、参考にしながら業者を探してみてください。

料金のわかりやすさ

費用面で安心して依頼するために、料金表を確認しておきましょう。料金がわかりにくい場合、高額な請求をされる可能性があります。

 

基本的には公式サイトに料金表が掲載されているので、細かく記載されている業者を選んでください。もし料金が記載されていない場合は、お問い合わせで確認してみましょう。

 

電話やメールでも料金がわかりづらい場合は、他の業者を選んだ方が良いです。

口コミ評価

一つの参考として、口コミ評価も確認しておくと良いでしょう。口コミは、実際に依頼した経験のあるリアルな意見です。

 

口コミからは、以下の内容がわかります。

  • スタッフの対応
  • 丁寧な作業説明
  • 適切な料金設定
  • 作業時間
  • 作業の丁寧さ

いずれも、実際に経験しなければわからない内容ですが、口コミである程度の情報は収集できます。ただし、口コミは主観的な意見がほとんどなので、あくまで参考程度としてください。

損害賠償保険の有無

必須ではありませんが、もしものときのために、損害賠償保険に加入している業者を選ぶと良いでしょう。損害賠償保険とは、業者が作業時に何かしらを破損した際に適用される保険です。

 

優良な業者であれば、家のなかの物を破損するということはありませんが、万が一を考えると、損害賠償保険に加入している方が安心できます。

排水管清掃作業監督者の有無

必須ではありませんが、排水管清掃作業監督者の講習を受けている業者であれば、確実に安心して作業を依頼できます。排水管清掃作業監督者とは、排水管の清掃作業の監督としての必要技能を習得している証です。

 

厚生労働省認定の資格なので、非常に安心できる業者といえます。

排水管のつまりを業者に依頼するなら

排水管の定期的な清掃は、できるだけ業者に依頼した方が良いです。自分での掃除は、あくまで軽度の汚れ対策であり、完全に綺麗にはなりません。

 

もし、排水管清掃を業者に依頼するのであれば、ぜひ私たちクリーンライフまでご相談ください。クリーンライフは、排水管清掃はもちろん、水漏れからつまりまで対応しています。

 

定期的な清掃から突然のトラブルまで、排水管のお悩みは、ぜひお気軽にご相談ください。

 

⇒クリーンライフに排水管のつまりを相談をしてみる

2024.03.29

排水管の重度のつまりは、高圧洗浄で解消できる可能性があります。しかし、一般的なご家庭で、自身で高圧洗浄を行うのは難しいですよね。

 

そこで今回は、排水管の高圧洗浄を業者に依頼した場合の費用や流れについて解説します。

 

排水管つまりの原因についても解説するので、自身でできる予防も行っておきましょう。

排水管の高圧洗浄が必要なケース

トイレの排水管トラブルにお困りの方へ

排水管の高圧洗浄が必要なケースは、主に以下の2とおりです。

 

  • 排水管のつまり除去
  • 排水管のつまり予防

 

必ずしも、つまった場合に高圧洗浄が必要なのではありません。排水管つまりの予防にも高圧洗浄はおすすめです。

 

以下で、高圧洗浄には実際にどのような効果があるのかについて解説します。

排水管のつまり除去

排水口から汚水が逆流したり、異臭がひどかったりする場合には、排水管つまりが原因となっている可能性があります。

 

しかし、排水管のつまりがあるからといって、すぐに高圧洗浄をするわけではありません。まずはワイヤーなどを使って排水管の中のつまりを除去します。

 

ワイヤーなどでつまりが改善されない場合に、高圧洗浄を行います。

排水管のつまり予防

高圧洗浄は、排水管のつまり予防にも適しています。

 

排水管内は、日常生活のなかで汚れが蓄積してしまう部分です。知らないうちに汚れが蓄積され、放置した結果、頑固なつまりになってしまいます。

 

排水管の高圧洗浄を定期的に行っておけば、蓄積された汚れが落ち、つまりの原因を防げるのです。大体3年~5年に1度、高圧洗浄を行ってもらうと良いでしょう。

 

【箇所別】排水管の高圧洗浄を業者に依頼するケース

水道修理業者の男性

排水管のつまりは、軽度なものであれば自身で対処できます。しかし、重度のつまりになってしまうと、自身での対応は難しくなるでしょう。

 

以下で箇所別に、どのようなトラブルが発生した際に業者へ高圧洗浄を依頼すべきか解説します。

トイレの排水管つまり

トイレのつまりは、以下のような状況になると注意が必要です。

  • トイレの水があふれる
  • 異物を落としてしまった
  • つまりの原因がトイレの奥にある

上記のようなトイレトラブルは、自身での対処が難しいので、業者に依頼しましょう。一時的につまりが解消されたとしても、今後つまってしまう可能性があります。

 

トイレの奥に汚れなどが溜まってつまりが起こっていると、高圧洗浄を提案されるかもしれません。

キッチンの排水管つまり

キッチンのつまりは、次のような場合にトラブルが深刻化するケースがあります。

  • 水を流すと上がってくる
  • 異物を流してしまった
  • 完全に水が流れない
  • キッチンの老朽化

上記のようなキッチントラブルは、業者によるチェックが必要です。

 

老朽化の場合は高圧洗浄だけで解消されない可能性があるので、業者に確認してみましょう。

 

お風呂の排水管つまり

お風呂のつまりで、以下のようなケースはご自分での対応は難しいです。

  • 排水を流すと溢れる
  • 異物を流してしまった

 

髪の毛などで排水管がつまっている場合は、薬剤や高圧洗浄などを使えば一時的につまりは解消されます。

 

しかし、つまるだけではなく溢れてしまったり、慢性的につまるようであれば、業者へ依頼してください。

 

排水桝のトラブル

排水桝(はいすいます)とは、戸建ての敷地内にある小さいマンホールのようなものです。戸建て住宅の排水管は、それぞれの配管が、外にある排水桝を通って下水道に繋がります。

 

排水桝からの掃除やつまりもホースを使って自身で対応できますが、構造を理解した上で行わなければいけません。また、排水桝は外にあるため、土や木の根がつまっている場合もあります。

 

排水桝のつまりは、軽度なものであっても構造の理解などが必要になるので、業者へ依頼しましょう。定期的なメンテナンスがおすすめです。

排水管の高圧洗浄を業者に依頼した際の費用相場

費用相場

高圧洗浄を業者に依頼した場合の費用相場も、集合住宅か戸建て住宅かで異なります。集合住宅の場合は、管理費から支払われるケースがほとんどです。

 

しかし、もちろん水道修理業者に支払い費用が発生しないわけではありません。

 

事前に相場を知っておきましょう。以下では、集合住宅で依頼した場合と戸建て住宅で依頼した場合の費用相場について解説します。

集合住宅で依頼した場合の費用相場

集合住宅で排水管洗浄を行う場合は、個々に支払う必要はなく、基本的には管理費から支払われます。管理組合やマンション管理会社などは、以下の費用を参考にしてください。

 

  • 小さい集合住宅(~15戸)…1戸あたり5,000円
  • 規模の大きい集合住宅(30戸~)…1戸あたり4,000円

たとえば、15戸の集合住宅であれば、単純計算で約75,000円になります。

 

あくまで住民から集めている管理費を使用するので、管理組合やマンション管理会社は、住民の理解を得ておきましょう。

 

集合住宅の高圧洗浄の作業は、各戸の数箇所にある水回りの排水口から高圧洗浄を行います。水漏れ防止のために、下の階から上の階と順番が回っていきます。終了後は、問題がないかどうか確認しておきましょう。

戸建て住宅で依頼した場合の費用相場

戸建て住宅で排水管の高圧洗浄を行う場合の費用相場は、25,000円~35,000円です。

  1. 室内側から排水管の流れを確認
  2. 状況に合わせて高圧洗浄
  3. 排水枡を確認(キッチン用・浴室用・トイレ用)
  4. 確認結果に基づいて高圧洗浄

以上のような流れで作業が進行します。排水枡を洗浄するので、下水からの悪臭対策も万全です。

 

クリーンライフ』の事例から紹介すると、内訳は以下のようになります。

  • 基本料金:3,300円
  • 作業料金:27,500円
  • 合計:30,800円(WEB割引-3,000円で27,800円)

 

40,000円以上になる場合はほとんどないので、価格があまりにも高額だと感じる場合は、他の業者に依頼した方が良いです。

⇒クリーンライフの高圧洗浄の事例を見てみる

業者に排水管の高圧洗浄を依頼するメリット

業者に排水管の高圧洗浄を依頼するメリットは、以下の2つです。

  • 業務用の威力が強い洗浄機を使用
  • 原因に合わせた作業を行ってもらえる

 

排水管の軽度なつまりを解消するならば清掃程度でも良いですが、重度のつまりは業者だからこそ改善できます。

 

以下で、プロの業者に依頼するメリットについて詳しく解説します。

業務用の威力が強い洗浄機を使用

市販の高圧洗浄機と水道修理業者の高圧洗浄機では、威力が大きく違います。

 

排水管の清掃程度はできるかもしれませんが、つまりの解消には、市販の高圧洗浄機は向いていません。

 

市販の高圧洗浄機は、排水管用ではなく車や外壁掃除用のものがほとんどであるため、水道修理業者の高圧洗浄機とは比較にならないレベルです。

 

強い威力で洗浄できるのは、業者に依頼する大きなメリットといえるでしょう。

原因に合わせた作業を行ってもらえる

水道修理業者は、高圧洗浄のみを行っているわけではありません。水道トラブルに合わせた作業を行ってくれます。

 

排水管のつまり具合によっては、高圧洗浄を行わず、ワイヤーブラシなどで対応してくれる場合もあるでしょう。このように水道修理業者は、水道トラブルを現地で確認した上で、適切な修理を行います。

 

自身で対処する場合、どのようなトラブルに対してどのような対処が適切かわからず、悪化させてしまう可能性もあるでしょう。

 

トラブルに合わせた対応をしてくれる点も、業者に依頼するメリットといえます。

排水管の高圧洗浄の基本的な流れ

指差し確認する水道修理業者

排水管の高圧洗浄を行う流れは、集合住宅と戸建て住宅、排水管洗浄を行う箇所によっても異なります。

 

以下では、3つのケースによる排水管の高圧洗浄の流れについて解説するので、参考にしてください。

集合住宅の場合

マンションや公共の団地などの場合、管理者が年に数回、排水管の高圧洗浄を行っている場合があります。そのため、自身で高圧洗浄を依頼する必要がない場合もあるので、確認しておくと良いでしょう。

 

ただし、排水管の高圧洗浄を行っていない集合住宅の場合は、個々で業者に依頼するか管理者に依頼してください。

 

集合住宅は排水管が繋がっている構造なので、まずは一度相談してから依頼しましょう。管理者が承諾した場合は、管理費などから支払われます。

戸建て住宅の場合

戸建て住宅の場合は、以下の流れで排水管の高圧洗浄が行われます。

  1. つまりの状況確認
  2. 高圧洗浄機で排水管を掃除
  3. 室外の排水管の洗浄

つまりの状況を確認する際には、何が原因となっているかも調べてもらえます。その上で、高圧洗浄を行うかどうか決めるので、必ずしも高圧洗浄を使用するとは限りません。

 

業者と相談しながら、最適な方法で対処してもらいましょう。

トイレ

トイレの排水管の高圧洗浄を行うのは、とても手間がかかります。トイレは便器口からの高圧洗浄機の挿入が難しいため、排水管洗浄はほとんど行われません。

 

ただし、どうしても高圧洗浄を行わなければいけない場合は、一度便器を取り外して行います。便器を取り外す場合は、高圧洗浄の料金と別に、便器の脱着工事費用がかかってしまうので、注意してください。

⇒クリーンライフに排水管の高圧洗浄を相談をしてみる

高圧洗浄が必要?排水管つまりの主な原因

排水管つまりの原因は、箇所によって異なります。

 

排水管の主なつまりの原因を、以下の表にまとめました。

箇所 つまりの原因となる主な物 排水管つまりの対処法
洗面所 ・石鹸カス
・髪の毛
・ヒゲ
・ヘアオイル
・ヘアワックス
・ヘアピンなどの異物
・お湯とクエン酸
・ワイヤー式パイプクリーナー
・真空式パイプクリーナー
詳しくはコチラ
お風呂 ・髪の毛
・皮脂
・石鹸カス
・カミソリなどの異物
・薬剤
・ラバーカップ
・真空式パイプクリーナー
・ワイヤーブラシ
・針金ハンガー
詳しくはコチラ
キッチン ・油
・洗剤
・食材の皮や種など
・タオルとお湯
・パイプクリーナー
・重曹とクエン酸
・ラバーカップ
・ワイヤーブラシ
詳しくはコチラ
トイレ ・トイレットペーパー
・ペットのフンや砂
・小物などの異物
・重曹とクエン酸
・食器用洗剤
・ラバーカップ
・真空式パイプクリーナー
・ワイヤーブラシ
・専用の薬剤
詳しくはコチラ

いずれも、日常生活で排水管に流すものが汚れとして蓄積していきます。軽度なものであれば自身で対応できますが、重度のつまりは業者へ高圧洗浄を依頼しましょう

自分で排水管の高圧洗浄はできる?

市販の高圧洗浄機で、ある程度の洗浄は可能です。しかし、市販の高圧洗浄機だけでつまりを完全に解消するのは、不可能といえます。

 

排水管は複雑な形状をしているため、奥までしっかり洗浄するには業者の技術が必要です。また、市販の高圧洗浄機は、業者の使用する高圧洗浄機と比べてパワーが弱くなっています。

 

多少のつまりは解消するかもしれませんが、基本的には業者に依頼した方がスムーズです。

drainpipe cta1

排水管高圧洗浄の業者トラブルに注意

排水管の高圧洗浄を業者に依頼する際は、トラブルに注意してください。

 

実際に国民生活センターで、排水管の高圧洗浄トラブルについて注意喚起がされており、以下のような事例も公表されています。

 

「排水管の高圧洗浄3千円」というチラシを見て、電話で依頼した。来訪した業者から渡された見積書は2万円を超えていたが、自分が家に呼んだので断ったら申し訳ないと思い、契約書にサインした。その後、同じ業者の別の人が家に来て、「排水設備が老朽化しているので、全部交換したほうがいい。交換しないと家が傷んでしまう」と言われ、20万円の排水工事の契約を結んでしまった。(80歳代 女性)

引用元:排水管の高圧洗浄トラブルに注意|国民生活センター(https://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen377.html)

 

チラシ等で低価格をうたっていても、実際の契約では別のオプションなどをつけられてしまう場合があります。

 

そのため、排水管の高圧洗浄を行う際は「安い」だけでは決めず、安心できる業者かどうかを見極めることが重要なポイントです。

排水管の高圧洗浄を業者に依頼するなら

排水管の高圧洗浄を業者に依頼するなら、『クリーンライフ』までご相談ください。排水管の高圧洗浄を行っている業者のなかには、悪質な業者もいます。

 

クリーンライフは水道局指定工事店として登録されており、明朗会計のため、安心してご依頼いただけます。

 

24時間365日対応しておりますので、急な排水管のつまりでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。電話だけではなく、メール・LINEもご利用可能です。

 

⇒クリーンライフに排水管の高圧洗浄を相談してみる

2024.03.29
お電話1本
駆けつけます!
13:25 現在、お電話いただけましたら即日修理対応可能です!
24時間・365日対応
お見積無料
0120-423-152