作業員待機中
13時25分現在、近くの作業員が最短30分〜でお伺いできます。
排水管の水漏れ・つまり

排水管の清掃を定期的に行わなければ、つまりの原因になってしまうため、業者に依頼したり自身で掃除したりしなければいけません。

 

そこで今回は、排水管清掃の方法や業者に依頼した場合の料金について解説します。排水管からの異臭を感じたり、つまりをがある場合は、まず掃除してみましょう。

 

また、排水管が詰まる原因、業者の選び方もあわせて解説します。

排水管を詰まらせる主な原因

排水管のつまりは、汚れが原因です。こまめに排水管の汚れを清掃しておかなければ、つまってしまう可能性があります。

 

しかし、ひとえに汚れといっても、場所によって汚れの種類は異なります。

 

以下で主に汚れが残りやすい3つの部分を見ていきましょう。

キッチン排水管の主な汚れ

キッチン排水管の汚れは、主に以下の3つです。

  • 油汚れ
  • 食材の残りカス
  • 洗剤の残りカス

とくに厄介なのが、油汚れです。油は排水管にまとわりつき、食材の残りカスや汚れカスを吸着してしまいます。

 

一度排水管にまとわりつくと、簡易的な掃除では落としきれない可能性があるので、普段から油を流さないように気を付けましょう。

浴室排水管の主な汚れ

浴室排水管の主な汚れは、以下の2つです。

  • 皮脂汚れ
  • カビ
  • 髪の毛

浴室の汚れは、基本的にはお湯と一緒に流れていきます。しかし、髪の毛のような固形物は、簡単に流れていきません。

 

さらに、髪の毛が排水管に残ると、石鹸カスや皮脂汚れが付着しやすくなってしまい、つまりの原因となります。

トイレ排水管の主な汚れ

トイレ排水管の主な汚れは、以下の3つです。

  • ヘドロ
  • 尿石
  • トイレットペーパー
  • 排泄物

基本的には水で流れていきますが、一度排水管に付着してしまうと、清掃しなければ落としきれません。

 

経年とともに少しずつ蓄積されているケースもあるので、つまりが表面化していなくても、定期的な清掃を行うべきです。

自分でできる排水管掃除

トイレの排水管トラブルにお困りの方へ

排水管の汚れは、自分で掃除して落とせる場合があります。いずれも簡単にできる方法ですが、多少の知識とコツは必要です。

 

以下では、自分でできる5つの排水管掃除方法を解説するので、ぜひ行ってみてください。

 

自分で掃除しても、つまりが解消されなかったり異臭がしたりする場合は、業者へ依頼しましょう。

45~50℃のお湯を流す

手軽な方法は、45~50℃のお湯を流す方法です。お湯を流すだけで、油が浮いて流れていきます。

 

ただし、熱湯は流さないように注意してください。

 

排水管は主に塩化ビニール管という素材が使われており、耐熱温度が約60~70℃です。そのため、熱湯を流すと排水管そのものが変形してしまう可能性があります。

市販のパイプクリーナーを使う

こびりついた汚れには、市販のパイプクリーナーも効果的です。薬局などで購入でき、排水管に注ぐだけなので、手が汚れる心配もありません。

 

目安の使用量は商品に記載されていますが、あまりにもつまりがひどい場合は、一本丸々使用して様子を見ても良いでしょう。

 

ただし、市販のパイプクリーナーは業者用と比べると洗浄力が弱いので、一定の効果しか期待できません。

重曹+クエン酸

家にある、重曹とクエン酸を使った掃除も可能です。家にない場合は、100円ショップでも購入できるので、安価に抑えられます。

 

掃除のやり方は簡単です。

  1. 排水口全体に重曹をかける
  2. 重曹の上からクエン酸をかける
  3. ぬるま湯でゆっくり流す

お湯で流した後は、30分~1時間待って、最後にもう一度流します。

 

つまりの解消方法としてはパイプクリーナーよりも効果は低いものの、簡単な汚れ程度であれば効果が期待できるでしょう。

ペットボトルで汚れ除去

ペットボトルを使った排水管掃除方法もあります。空気を排水管へ送りこんで、つまっていた汚れを除去する方法です。

 

掃除のやり方は、以下のとおり。

  1. 排水口のフタやゴミ受けなどをすべて外す
  2. むき出しになった排水管の口にペットボトルの口を差し込む
  3. ペットボトルを数回押しつぶす

上手くいくと、つまっていた汚れが浮いてきます。空気の量も関係してくるので、2リットルのペットボトルが望ましいです。

ワイヤーブラシで掃除

ワイヤーブラシは、排水管のつまりや汚れを除去するための、専門的な器具です。ホームセンターなどで購入できます。

 

使い方は、ワイヤーブラシを排水管に挿入して、回転させたりこすったりするだけです。

 

ただし、ワイヤーブラシを使うにはコツがいるので、使い方が難しい場合には無理に自分でやらないようにしましょう。無理にワイヤーブラシを使うと、トラブルが悪化する可能性があります。

 

業者に依頼した場合の排水管清掃作業

しつこい排水管の汚れは、業者に依頼した方が良いです。家庭で行える掃除では、どれだけやっても汚れを除去できない可能性があります。

 

業者は、専門的な器具や薬剤を使った排水管洗浄ができるので、自分で掃除をするよりも、確実な効果に期待できるでしょう。

 

以下では、業者に依頼した場合にどのような排水管清掃を行うのかについて解説します。

ワイヤーブラシを使った清掃

家庭と同じように、業者もワイヤーブラシを使った排水管清掃を行います。ただし、業者が扱うワイヤーブラシは、市販のものよりも強力であり、強度も高いです。

 

また、ワイヤーブラシの使い方を熟知しているので、ワイヤーブラシのみで汚れを除去できる可能性もあります。

 

ワイヤーブラシのみの排水管清掃であれば安価で依頼できるので、軽度のつまりはワイヤーブラシで清掃を行ってもらいましょう。

高圧洗浄機を使った清掃

業者の排水管清掃のなかで最も効果が期待できるのは、排水管洗浄です。専門の機器を使って、排水管高圧洗浄を行ってくれます。

 

高圧洗浄の機器は一般の方でも購入できますが、出力には大きな差があるため、一般の機器では大きな効果は期待できないでしょう。また、高圧洗浄は機器の扱いに慣れていなければ、効果的な洗浄は行えません。

 

薬剤を使った清掃

業者には、業者専用の汚れを除去する薬剤があります。軽度の汚れであれば、薬剤だけで除去できるでしょう。

 

しかし、業者専用であるため、とても強力なもので危険性もあります。薬剤を使用した後の扱いについては、業者からしっかり説明を受けておきましょう。

排水管の分解清掃

どうしても排水管のつまりや汚れが解消できない場合は、排水管を分解して清掃する方法があります。分解清掃自体は自分でも不可能ではありません。

 

しかし、分解した後に元に戻せなくなったり、別のトラブルの原因になったりする場合もあるので、必ず業者に依頼してください。

排水管清掃を業者に依頼した際の料金相場

排水管清掃を業者に依頼した際の料金は、作業内容によって異なります。数千円の場合もあれば、数万円になる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

 

たとえば、ワイヤーブラシや薬剤のみの排水管清掃であれば、3,000円~9,000円程度です。高圧洗浄機を使ったり排水管分解をしたりする場合は、10,000円~30,000円になります。

 

つまりや汚れの度合いによっても異なるので、事前に現場で見積もりをとってもらうと良いでしょう。

排水管清掃後の注意ポイント

一度排水管を清掃しても、安心してはいけません。清掃後の日常生活で気を使わなければ、すぐに汚れはたまってしまいます。

 

以下で排水管清掃後の注意ポイントについて解説するので、日常生活から心がけてみてください。

 

少し意識して生活するだけで、排水管からの異臭やつまりの可能性を下げられます。

排水トラップの定期的な清掃

排水管に汚れが落ちていかないように、排水トラップは定期的に清掃してください。基本的な汚れは、一度排水トラップに溜まります。

 

しかし、汚れをそのままにして使い続けてしまうために、排水管まで流れてしまうのです。

 

排水トラップを常に清潔にしておけば、排水管まで汚れが流れなくなります。毎日掃除をする必要はありませんが、月に1回程度、排水トラップを確認しておきましょう。

固形物を流さない

排水管がつまる大きな原因は、固形物です。大きな固形物はもちろん、小さな固形物を流してしまうと、つまりの原因となります。

 

たとえば、キッチンであれば、食材の種や皮などです。一つひとつは小さいですが、排水管をつまらせる大きな要因となってしまうので、流さないようにしてください。

排水管清掃業者を選ぶポイント

排水管清掃業者を選ぶ際は、安心できる優良な業者を選びましょう。なかには、高額な請求をする業者もいるため、注意しなければいけません。

 

以下では、どのようなポイントで排水管業者を選ぶか、いくつかのポイントを解説します。スムーズにトラブルを解決してもらうために、参考にしながら業者を探してみてください。

料金のわかりやすさ

費用面で安心して依頼するために、料金表を確認しておきましょう。料金がわかりにくい場合、高額な請求をされる可能性があります。

 

基本的には公式サイトに料金表が掲載されているので、細かく記載されている業者を選んでください。もし料金が記載されていない場合は、お問い合わせで確認してみましょう。

 

電話やメールでも料金がわかりづらい場合は、他の業者を選んだ方が良いです。

口コミ評価

一つの参考として、口コミ評価も確認しておくと良いでしょう。口コミは、実際に依頼した経験のあるリアルな意見です。

 

口コミからは、以下の内容がわかります。

  • スタッフの対応
  • 丁寧な作業説明
  • 適切な料金設定
  • 作業時間
  • 作業の丁寧さ

いずれも、実際に経験しなければわからない内容ですが、口コミである程度の情報は収集できます。ただし、口コミは主観的な意見がほとんどなので、あくまで参考程度としてください。

損害賠償保険の有無

必須ではありませんが、もしものときのために、損害賠償保険に加入している業者を選ぶと良いでしょう。損害賠償保険とは、業者が作業時に何かしらを破損した際に適用される保険です。

 

優良な業者であれば、家のなかの物を破損するということはありませんが、万が一を考えると、損害賠償保険に加入している方が安心できます。

排水管清掃作業監督者の有無

必須ではありませんが、排水管清掃作業監督者の講習を受けている業者であれば、確実に安心して作業を依頼できます。排水管清掃作業監督者とは、排水管の清掃作業の監督としての必要技能を習得している証です。

 

厚生労働省認定の資格なので、非常に安心できる業者といえます。

排水管のつまりを業者に依頼するなら

排水管の定期的な清掃は、できるだけ業者に依頼した方が良いです。自分での掃除は、あくまで軽度の汚れ対策であり、完全に綺麗にはなりません。

 

もし、排水管清掃を業者に依頼するのであれば、ぜひ私たちクリーンライフまでご相談ください。クリーンライフは、排水管清掃はもちろん、水漏れからつまりまで対応しています。

 

定期的な清掃から突然のトラブルまで、排水管のお悩みは、ぜひお気軽にご相談ください。

 

⇒クリーンライフに排水管のつまりを相談をしてみる

2022.09.28
2022.10.04

排水管のつまりは、基本的に業者に依頼することをおすすめします。しかし、急な排水管のつまりは、自身で対処したい人もいるでしょう。

 

そこで今回は、排水管つまりの原因や対処法について解説します。

 

業者に依頼した場合の料金相場や業者の選び方についても解説するので、排水管のつまりにお困りの際は、ぜひ参考にしてください。

 

また、自身でできる解消法も解説するので、軽度のつまりであれば実践してみましょう。

【箇所別】排水管つまりの原因

排水管つまりの原因といっても、つまりの箇所によって異なります。

 

以下では5つの箇所による原因について解説するので、排水管のつまりを予防するための参考にしてください。

 

台所の排水管つまりの原因

台所の排水管の主なつまりの原因は、以下の3つです。

 

  • 油汚れ
  • 食べ物のカス
  • 洗剤の溶け残り

 

台所の排水管つまりの原因はいくつかありますが、主な原因は油です。油は粘度が高く、排水管にへばりついてしまいます。さらに油が食べ物のカスなどを吸着してしまうため、つまりの大きな原因となってしまうのです。

お風呂場の排水管つまりの原因

お風呂場の排水管の主なつまりの原因は、以下の3つです。

 

  • 髪の毛
  • 石鹸カス
  • 皮脂

 

主な原因となるのは、髪の毛類です。直接排水口に毛を流していると、排水管のなかで絡まって、つまりの原因になります。

 

ネットなどを使っていれば簡単に予防できるので、つまる前に取り除くようにするのも大事です。

洗面所の排水管つまりの原因

洗面所の排水管の主なつまりの原因は、以下の2つです。

 

  • 髪の毛類
  • 小さい固形物

 

洗面所の排水管つまりの原因は、主に髪の毛です。

 

また、洗面所はボトルキャップのような、小さい固形物をうっかり落としてしまう場所でもあります。固形物を流した際には、排水管を取り外す作業が必要になるため、注意すべき部分です。

洗濯機の排水管つまりの原因

洗濯機の排水管の主なつまりの原因は、以下の4つです。

 

  • 糸くず
  • 洗剤カス
  • 髪の毛
  • カビ

 

洗濯機は、排水管がつまる原因の多い場所です。糸くずや繊維などと洗剤カスが混じり、ヘドロ状態となって排水管をつまらせます。

 

放置すると臭いの原因にもなるので、早い段階で対処した方が良いでしょう。

トイレの排水管つまりの原因

トイレの排水管の主なつまりの原因は、以下の3つです。

 

  • 大量のトイレットペーパー
  • 固形物
  • 溶けにくい紙やペットの砂

 

トイレは、大量のトイレットペーパーでも、つまりの原因となってしまいます。その他、主なつまりの原因となるのが、お掃除シートなどの溶けにくい紙類やペットの砂です。

 

基本的に排泄物やトイレットペーパー以外のものは溶けにくいため、少しの不注意でつまらせてしまう可能性があります。

自分でできるワイヤーブラシを使った排水管つまり解消法

トイレの排水管トラブルにお困りの方へ

排水管のつまりは、ワイヤーブラシを使えば、自分でも対処できます。ただし、決して簡単ではありません。

 

以下でワイヤーブラシの選び方から使い方までを解説するので、参考にしながら行ってみてください。

 

ワイヤーブラシの使い方がわからなかったり、対処できなかったりする場合は、業者への依頼をおすすめします。

 

ワイヤーブラシの選び方

まずは、ワイヤーブラシの選び方について知っておきましょう。ワイヤーブラシには家庭用と業務用があります。

平均の長さ 平均価格 手動・自動
家庭用ワイヤ―ブラシ 1~10m 2,000~3,000円 手動
業務用ワイヤーブラシ 15~30m 1万~30万円 手動・自動

家庭用ワイヤーブラシは、素人でも扱えるような作りになっており、ホームセンターなどで手軽に購入できます。ただし、家庭用ワイヤーブラシを選ぶ際は、以下のポイントを確認しておきましょう。

 

  • 排水管に入る太さ
  • 奥まで届く長さ
  • ワイヤーの強度

 

とくに大事なのは、強度と長さです。長さがなければ、奥にあるつまりの原因を解消できません。また、排水管はS字やP字のようなカーブがあるので、長くても強度が弱い場合は、カーブ部分で折れてしまう可能性があります。

 

もしどのようなワイヤーブラシが良いか不安な場合は、ホームセンターのスタッフと相談しながら購入すると良いでしょう。

ワイヤーブラシの使い方

ワイヤーブラシの具体的な使い方について解説します。自身で排水管のつまりを解消する際は、以下のステップを参考にしてください。

 

  1. 壁や床などが汚れないように養生
  2. ワイヤーブラシを行き止まりまで差し込む
  3. ブラシが止まった部分で、回転させたり前後させたりして汚れを除去
  4. 汚れがとれて貫通したら、ワイヤーブラシを引き抜く
  5. 水を流してつまりが解消されているか確認

 

基本的には上記の方法でつまりは解消されますが、排水管がビニール素材の「蛇腹ホース」である場合は、ワイヤーブラシでのつまり解消は行えません。蛇腹ホースの耐久力が弱いため、穴が開いてしまう可能性があります。

 

ワイヤーブラシを使用する前に、排水管の素材についても確認しておきましょう。

その他自分でできるつまり解消法

ワイヤーブラシを使用する方法の他にも、排水管のつまりを解消する方法はいくつかあります。主な方法は、以下のとおりです。

 

  • ラバーカップ
  • 薬剤
  • 重曹とクエン酸
  • 高圧洗浄

 

箇所別の排水管つまり解消方法については、以下の記事で解説しているので、そちらも参考にしてください。

 

 

排水管つまりを業者に依頼した場合の料金相場

良質な水道業者

排水管のつまり解消を業者に依頼した場合の、料金相場について解説します。

 

業者に依頼するとなると、やはり多くの人は料金が気になるのではないでしょうか。

 

料金は業者によって異なりますが、クリーンライフの場合は以下の料金設定となっています。

作業内容 料金目安
軽度の排水管つまり 5,500円
中度の排水管つまり 16,500円
高度の排水管つまり 27,500円

 

以下では、排水管の調査料金、高圧洗浄機を使用した場合の料金相場などについて解説します。

排水管の調査の料金相場

排水管のつまりを業者に依頼すると、つまりの有無や現状を調査する場合があります。その際には「調査費用」がかかります。

 

調査費用は内容によって異なりますが、平均8,000~10,000円です。

 

さらに、漏水調査や専用機材を使った調査を行う場合は、10,000円以上かかる場合があります。不安な場合は、調査前に見積もりを出してもらってください。

高圧洗浄機を使用した場合の料金相場

排水管のつまり解消で高圧洗浄機を使用する場合は、10,000~30,000円が相場です。

 

ただし、マンションや戸建ての2階、つまりがひどい場合には、10万円を超える可能性もあるので、必ず見積もりをとっておきましょう。

 

参考としてクリーンライフの事例では、以下のようになります。

基本料金 3,300円
作業料金 27,500円
部品代 0円
合計 30,800円(Web割引適用で27,800円)

 

作業内容によって大きく料金が異なるので、事前に業者と相談しておきましょう。

トーラーを使用した場合の料金相場

トーラーというのは、業者用のワイヤーブラシのようなものです。ワイヤーの先端に金具がついており、つまりの原因を削ったり取り除いたりします。

 

トーラーを使った際の料金相場は、10,000~30,000円程度です。ただし、排水管の長さによって料金は変動します。

 

つまりが起きている箇所までの距離が長くなると、距離に応じて1,000~3,000円の追加料金がかかってしまうので、事前に追加料金についても確認しておいたほうが良いでしょう。

排水管つまりを頼む業者の選び方

ユニットバスの詰まりがひどい場合は業者に依頼

排水管がつまったときに業者に依頼する際には、業者の選び方にも注意してください。排水管のつまりを修理してくれる水道修理業者を検索すればいくつも出てきますが、なかには悪質な業者もいます。

 

実際に事前の見積もりよりも高額な請求をされたケースなどもあるので、注意しなければいけません。

 

その他、優良な業者を見つけるためには、以下のポイントを参考にしてください。

 

  • 相見積もりをとる
  • スピーディーに駆けつけてくれる業者を選ぶ
  • 安心できる業者を選ぶ

 

なぜそれぞれのポイントが重要なのか、以下で解説します。

 

相見積もりをとる

業者に依頼する際には、いくつかの業者から相見積もりをとっておきましょう。必ずしもすぐに一つの業者に決める必要はありません。

 

相見積もりをとった上で、一番安かったり料金に納得できたりする業者に決めましょう。ただし「安い」だけで選ぶと、追加オプションなどで高額請求されるケースもあるので、細かく内訳などについて説明してくれる業者を選ぶと良いです。

スピーディーに駆けつけてくれる業者を選ぶ

排水管のつまりは、いつ起きるかわかりません。早朝や夜中など、急につまりが発生する場合もあります。

 

そのため、迅速に対応してくれる業者を選びましょう。また、その際には、早朝料金や深夜料金、休日料金などが設定されているか確認してください。場合によっては、時間外料金だけで高額になる可能性があります。

 

さらに、最短の対応時間についても確認しておくと良いでしょう。基本的には修理業者の公式サイトに記載されています。

安心できる業者を選ぶ

水道修理業者には悪質な業者もいるので、安心できる業者を選びましょう。

 

安心できる業者を見つけるためには、以下のポイントを確認してください。

 

  • 水道局指定工事店
  • 実績
  • 口コミ

 

それぞれを確認しておけば、悪質な業者を避けられるでしょう。なお、水道局指定工事店とは、給水装置工事を適切に行えると認められた業者のことです。

 

ただし、口コミについては、個人の感想による悪評もあるので、参考程度としてください。

 

排水管のつまりを業者に依頼するなら

排水管のつまりを業者に依頼するなら、安心でき、かつスピーディーに対応してくれる業者を選びましょう。排水管のつまりはすぐに対処しないと、どんどん悪化してしまいます。また、水道局指定工事店であり、明朗会計の業者を選んでください。

 

私たちクリーンライフは、24時間365日駆け付ける、水道局指定工事店の業者です。

 

最短30分で駆け付け、高度なつまりの解消にも対応しています。急な排水管のトラブルでお悩みの際は、ぜひクリーンライフにご相談ください。

 

⇒クリーンライフに排水管のつまりを相談をしてみる

2022.09.28
2022.10.04

排水管の重度のつまりは、高圧洗浄で解消できる可能性があります。しかし、一般的なご家庭で、自身で高圧洗浄を行うのは難しいですよね。

 

そこで今回は、排水管の高圧洗浄を業者に依頼した場合の費用や流れについて解説します。

 

排水管つまりの原因についても解説するので、自身でできる予防も行っておきましょう。

排水管の高圧洗浄が必要なケース

トイレの排水管トラブルにお困りの方へ

排水管の高圧洗浄が必要なケースは、主に以下の2とおりです。

 

  • 排水管のつまり除去
  • 排水管のつまり予防

 

必ずしも、つまった場合に高圧洗浄が必要なのではありません。排水管つまりの予防にも高圧洗浄はおすすめです。

 

以下で、高圧洗浄には実際にどのような効果があるのかについて解説します。

排水管のつまり除去

排水口から汚水が逆流したり、異臭がひどかったりする場合には、排水管のつまりが原因となっている可能性があります。

 

しかし、排水管のつまりがあるからといって、すぐに高圧洗浄をするわけではありません。まずはワイヤーなどを使って排水管のつまりを除去します。

 

ワイヤーなどでつまりが改善されない場合に、高圧洗浄を行います。

排水管のつまり予防

高圧洗浄は、排水管のつまり予防にも適しています。

 

排水管内は、日常生活のなかで汚れが蓄積してしまう部分です。知らないうちに汚れが蓄積され、放置した結果、頑固なつまりになってしまいます。

 

排水管の高圧洗浄を定期的に行っておけば、蓄積された汚れが落ち、つまりの原因を防げるのです。大体3年~5年に1度、高圧洗浄を行ってもらうと良いでしょう。

排水管つまりの主な原因

排水管つまりの原因は、箇所によって異なります。

 

排水管の主なつまりの原因を、以下の表にまとめました。

箇所 つまりの原因となる主な物 排水管つまりの対処法
洗面所 ・石鹸カス
・髪の毛
・ヒゲ
・ヘアオイル
・ヘアワックス
・ヘアピンなどの異物
・お湯とクエン酸
・ワイヤー式パイプクリーナー
・真空式パイプクリーナー
詳しくはコチラ
お風呂 ・髪の毛
・皮脂
・石鹸カス
・カミソリなどの異物
・薬剤
・ラバーカップ
・真空式パイプクリーナー
・ワイヤーブラシ
・針金ハンガー
詳しくはコチラ
キッチン ・油
・洗剤
・食材の皮や種など
・タオルとお湯
・パイプクリーナー
・重曹とクエン酸
・ラバーカップ
・ワイヤーブラシ
詳しくはコチラ
トイレ ・トイレットペーパー
・ペットのフンや砂
・小物などの異物
・重曹とクエン酸
・食器用洗剤
・ラバーカップ
・真空式パイプクリーナー
・ワイヤーブラシ
・専用の薬剤
詳しくはコチラ

いずれも、日常生活で排水管に流すものが汚れとして蓄積していきます。軽度なものであれば自身で対応できますが、重度のつまりは業者に依頼すべきです。

【箇所別】排水管の高圧洗浄を業者に依頼するケース

排水管のつまりは、軽度なものであれば自身で対処できます。しかし、重度のつまりになってしまうと、自身での対応は難しくなるでしょう。

 

以下で、箇所別にどのようなトラブルが発生した際に業者へ高圧洗浄を依頼すべきか解説します。

トイレの排水管つまり

トイレのつまりは、以下のような場合に業者に依頼してください。

 

  • トイレの水があふれる
  • 異物を落としてしまった
  • つまりの原因がトイレの奥にある

 

上記のようなトイレトラブルは、自身での対処が難しいので、業者に依頼しましょう。一時的につまりが解消されたとしても、今後つまってしまう可能性があります。

 

トイレの奥に汚れなどが溜まってつまりが起こっていると、高圧洗浄を提案されるかもしれません。

 

キッチンの排水管つまり

キッチンのつまりは、以下のような場合に業者に依頼してください。

 

  • 水を流すと上がってくる
  • 異物を流してしまった
  • 完全に水が流れない
  • キッチンの老朽化

 

上記のようなキッチントラブルは、業者によるチェックが必要です。

 

老朽化の場合は高圧洗浄だけで解消されない可能性があるので、業者に確認してみましょう。

 

お風呂の排水管つまり

お風呂のつまりは、以下のような場合に業者に依頼してください。

 

  • 排水を流すと溢れる
  • 異物を流してしまった

 

髪の毛などで排水管がつまっている場合は、薬剤や高圧洗浄などを使えば一時的につまりは解消されます。

 

しかし、つまるだけではなく溢れてしまったり、慢性的につまるようであれば、業者へ依頼してください。

 

排水桝のトラブル

排水桝(はいすいます)とは、戸建ての敷地内にある小さいマンホールのようなものです。戸建て住宅の排水管は、それぞれの配管が、外にある排水桝を通って下水道に繋がります。

 

排水桝からの掃除やつまりも自身で対応できますが、構造を理解した上で行わなければいけません。また、排水桝は外にあるため、土や木の根がつまっている場合もあります。

 

排水桝のつまりは、軽度なものであっても構造の理解などが必要になるので、業者への依頼をおすすめします。

自分で排水管の高圧洗浄はできる?

市販の高圧洗浄機で、ある程度の洗浄は可能です。しかし、市販の高圧洗浄機だけでつまりを完全に解消するのは、不可能といえます。

 

排水管は複雑な形状をしているため、奥まで洗浄するには業者の技術が必要です。また、市販の高圧洗浄機は、業者の使用する高圧洗浄機と比べてパワーが弱くなっています。

 

多少のつまりは解消するかもしれませんが、基本的には業者に依頼してください。

業者に排水管の高圧洗浄を依頼するメリット

業者に排水管の高圧洗浄を依頼するメリットは、以下の2つです。

 

  • 業務用の威力が強い洗浄機を使用
  • 原因に合わせた作業を行ってもらえる

 

排水管の軽度なつまりを解消するならば清掃程度でも良いですが、重度のつまりは業者だからこそ改善できます。

 

以下で業者に依頼するメリットについて詳しく解説します。

業務用の威力が強い洗浄機を使用

市販の高圧洗浄機と水道修理業者の高圧洗浄機では、威力が大きく違います。

 

排水管の清掃程度はできるかもしれませんが、つまりの解消には、市販の高圧洗浄機は向いていません。

 

市販の高圧洗浄機は、排水管用ではなく車や外壁掃除用のものがほとんどであるため、水道修理業者の高圧洗浄機とは比較にならないレベルです。

 

強い威力で洗浄できるのは、業者に依頼する大きなメリットといえるでしょう。

原因に合わせた作業を行ってもらえる

水道修理業者は、高圧洗浄のみを行っているわけではありません。水道トラブルに合わせた作業を行ってくれます。

 

排水管のつまり具合によっては、高圧洗浄を行わず、ワイヤーブラシなどで対応してくれる場合もあるでしょう。このように水道修理業者は、水道トラブルを現地で確認した上で、適切な修理を行います。

 

自身で対処する場合、どのようなトラブルに対してどのような対処が適切かわからず、悪化させてしまう可能性もあるでしょう。

 

トラブルに合わせた対応をしてくれる点も、業者に依頼するメリットといえます。

排水管の高圧洗浄の基本的な流れ

排水管の高圧洗浄を行う流れは、集合住宅と戸建て住宅、排水管洗浄を行う箇所によっても異なります。

 

以下では、3つのケースによる排水管の高圧洗浄の流れについて解説するので、参考にしてください。

集合住宅の場合

マンションや公共の団地などの場合、管理者が年に数回、排水管の高圧洗浄を行っている場合があります。そのため、自身で高圧洗浄を依頼する必要がない場合もあるので、確認しておくと良いでしょう。

 

ただし、排水管の高圧洗浄を行っていない集合住宅の場合は、個々で業者に依頼するか管理者に依頼してください。

 

集合住宅は排水管が繋がっている構造なので、まずは一度相談してから依頼しましょう。管理者が承諾した場合は、管理費などから支払われます。

戸建て住宅の場合

戸建て住宅の場合は、以下の流れで排水管の高圧洗浄が行われます。

 

  1. つまりの状況確認
  2. 高圧洗浄機で排水管を掃除
  3. 室外の排水管の洗浄

 

つまりの状況を確認する際には、何が原因となっているかも調べてもらえます。その上で、高圧洗浄を行うかどうか決めるので、必ずしも高圧洗浄を使用するとは限りません。

 

業者と相談しながら、最適な方法で対処してもらいましょう。

トイレ

トイレの排水管の高圧洗浄を行うのは、とても手間がかかります。トイレは便器口からの高圧洗浄機の挿入が難しいため、排水管洗浄はほとんど行われません。

 

ただし、どうしても高圧洗浄を行わなければいけないという場合は、一度便器を取り外して行います。便器を取り外す場合は、高圧洗浄の料金と別に、便器の脱着工事費用がかかってしまうので、注意してください。

排水管の高圧洗浄を業者に依頼した際の費用相場

トイレの詰まりを解消する方法

高圧洗浄を業者に依頼した場合の費用相場も、集合住宅か戸建て住宅かで異なります。前述したように、集合住宅の場合は管理費から支払われるケースがほとんどです。

 

しかし、もちろん水道修理業者に支払い費用が発生しないわけではありません。

 

以下では、集合住宅で依頼した場合と戸建て住宅で依頼した場合の費用相場について解説します。

集合住宅で依頼した場合の費用相場

集合住宅で排水管洗浄を行う場合は、個々に支払う必要はなく、基本的には管理費から支払われます。管理組合やマンション管理会社などは、以下の費用を参考にしてください。

 

  • 小さい集合住宅(~15戸)…1戸あたり5,000円
  • 規模の大きい集合住宅(30戸~)…1戸あたり4,000円

 

たとえば、15戸の集合住宅であれば、単純計算で約75,000円になります。

 

あくまで住民から集めている管理費を使用するので、管理組合やマンション管理会社は、住民の理解を得ておきましょう。

戸建て住宅で依頼した場合の費用相場

戸建て住宅で排水管の高圧洗浄を行う場合の費用相場は、25,000円~35,000円です。

 

クリーンライフの事例から紹介すると、内訳は以下のようになります。

 

  • 基本料金:3,300円
  • 作業料金:27,500円
  • 合計:30,800円(WEB割引-3,000円で27,800円)

 

40,000円以上になる場合はほとんどないので、あまりにも高額だと感じる場合は、他の業者に依頼した方が良いです。

排水管高圧洗浄の業者トラブルに注意

排水管の高圧洗浄を業者に依頼する際は、トラブルに注意してください。

 

実際に国民生活センターで、排水管の高圧洗浄トラブルについて注意喚起がされており、以下のような事例も公表されています。

 

「排水管の高圧洗浄3千円」というチラシを見て、電話で依頼した。来訪した業者から渡された見積書は2万円を超えていたが、自分が家に呼んだので断ったら申し訳ないと思い、契約書にサインした。その後、同じ業者の別の人が家に来て、「排水設備が老朽化しているので、全部交換したほうがいい。交換しないと家が傷んでしまう」と言われ、20万円の排水工事の契約を結んでしまった。(80歳代 女性)

引用元:排水管の高圧洗浄トラブルに注意|国民生活センター

 

チラシ等で低価格をうたっていても、実際の契約では別のオプションなどをつけられてしまう場合があります。そのため、排水管の高圧洗浄を行う際は「安い」だけでは決めず、必ず安心できる業者かどうかを見極めてから依頼しましょう。

排水管の高圧洗浄を業者に依頼するなら

排水管の高圧洗浄を業者に依頼するなら、クリーンライフまでご相談ください。排水管の高圧洗浄を行っている業者のなかには、悪質な業者もいます。

 

クリーンライフは水道局指定工事店として登録されており、明朗会計を行っているので、安心してご依頼いただけます。

 

24時間365日対応しておりますので、急な排水管のつまりでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

⇒クリーンライフに排水管高圧洗浄を相談をしてみる

2022.09.28
2022.10.04
水道トラブル
ならなんでも
クリーンライフご相談ください
水道のトラブルはなんでもご相談ください。水漏れやつまり、部品交換修理などクリーンライフでは水道に関わるあらゆるトラブルを解決いたします。漏水場所が判明しない場合でも水漏れ箇所の特定からご対応することが可能です。お困りごとがありましたら是非クリーンライフにご相談ください。
お電話1本
駆けつけます!
13:25 現在、お電話いただけましたら即日修理対応可能です!
24時間・365日対応
お見積無料
0120-423-152

\ 24時間・365日対応・出張お見積無料 /

0120-423-152

\最短30秒でご返信/

\専門スタッフが即対応!/