作業員待機中
13時25分現在、近くの作業員が最短30分〜でお伺いできます。
排水管トラブルの対処法・修理

料理や皿洗いなどで使った汚水を下水道管まで送り出す「排水管」は、快適な暮らしを送るうえで欠かせないものです。

 

そんな排水管ですが、寒くなってくると凍結し、水を流せなくなってしまう恐れがあります。破裂して高額な修理費用が発生する場合もあるため、日頃からの注意が肝心です。

 

今回は、排水管の凍結を防ぐための4つの予防策のほか、万が一凍結してしまったときに役立つ対処法などをご紹介します。

排水管が凍結する原因

排水管凍結の原因を考える人 冬が近づくにつれて発生リスクが高まる排水管凍結は、次のような原因から生じています。

外気の低下

排水管が凍結する最大の原因は、気温の低下によるものです。一般的には、外気がマイナス4℃を下回ると凍結のリスクが高まるといわれています。

 

万が一、排水管が凍結してしまうと、日常生活を送るのも大変です。家で使用した水が排出できなくなるので、料理や皿洗いといった家事ですら、ままならなくなってしまいます。

風が強い

たとえ外気がマイナス4℃を多少上回っても、油断は禁物です。

 

風が強い日や日陰では、排水管周辺の気温が下がりやすくなるため、凍結のリスクが高まります。 特に、自宅の北側や風通りの良い位置にある排水管は、要注意です。

 

昼間でも冷たい風が吹きつけると、かなり肌寒く感じられるので、夕方から夜にかけて排水管が凍結してしまう可能性は大いにあり得ます。

 

排水管の凍結防止方法

排水管の凍結防止方法 排水管凍結の予防策には、大きく分けて4つの方法が存在します。

水道管を保温する

手軽に実践できるのが、水道管を保温する方法です。排水管や給水管を直接保護し、外気の影響を受けにくくすることで、未然に凍結のリスクを抑えられます。

 

ドライヤーや温めたタオルなど、自宅にあるものを使い、簡単に排水管凍結を予防することが可能です。

水抜きしておく

そもそも排水管が凍結する理由は、水道管内部に水が溜まっているからなので、水抜きによる防止方法は非常に効果的です。

 

具体的には、次のような手順で進めていきます。

  1. 家中の蛇口を締める
  2. 水道栓を締める
  3. 高い位置から順に、全ての蛇口を開ける
  4. 再度、家中の蛇口が締まっているか確認する

水を完全に抜くには、開いた状態の蛇口に空気を取り込ませる必要があります。最後は必ず蛇口に手を当てて、空気を吸い込んでいるかどうか確認しましょう。

水を流しっぱなしにする

絶えず流動する川が凍りにくいという原理を活かし、蛇口から水を流しっぱなしにしておくのも凍結防止に有効です。水の量は、チョロチョロと流れ出るくらいを保つ必要があります。

 

ただし、大寒波では水を流しっぱなしにしても凍結する可能性が高いので、寒冷地域に住む方は他の対策での予防を検討するのが無難でしょう。また、流しっぱなしにした分の水道代が高騰する点にも注意が必要です。

 

家計への負担が気になるのであれば、他の方法で凍結の解消を目指すようにしてください。

寒冷地用蛇口に交換

従来の蛇口から、耐寒性能に優れた製品への交換によって、排水管凍結のリスクを軽減できるケースも多いです。

 

最近は、機能性とデザイン性を併せ持つ商品が多数展開されているので、蛇口の老朽化が気になりだしたタイミングでの買い替えをおすすめします。

 

商品選びの際は、コマとスピンドルが一体型になった「固定コマ」水が内部に溜まりにくい形状のものを選ぶと、より効果を実感しやすいでしょう。

 

排水管が凍結した際の対処法

排水管凍結時の対処法十分な対策をしても、排水管が凍結してしまう可能性があります。ここでは、実際に排水管が凍結してしまった場合、手軽に試せる対処法をいくつかご紹介します。

ドライヤーの温風を当てる

比較的簡単に排水管の凍結を解決できるのが、ドライヤーの温風を当て続ける対処法です。ドライヤーを使い、時間をかけてじっくり温めることで、排水管内部の解凍を目指します。

 

ただ、外気が低いとあまり効果を期待できない可能性もあるので、念のために別の対処法も検討しておくのがおすすめです。

お湯で溶かす

ドライヤーの温風で解凍できなかった場合は、お湯で溶かす対処法が効果的です。具体的には、排水管にタオルを巻きつけ、上からぬるま湯をかけます。

 

ただし、周囲に電気配線のある環境で後からお湯をかけるのは、非常に危険です。漏電する可能性があるので、命に関わる事故を防ぐためにも絶対にやめましょう。代替法として、あらかじめぬるま湯に浸しておいたタオルを当てるようにしてください。

 

また、冷えたタオルをすぐに交換することも大切です。そのまま同じものを使い続けると、排水管内部の冷えを助長し、凍結状態を悪化させる要因になりかねません。

排水管が凍結した際の注意点

排水管が凍結した際の注意点排水管が凍結したときの対処法についてご紹介しました。いくつか注意点もあるので、必ず目を通しておきましょう。

無理に蛇口を開かない

排水管が凍結したときは、無理に蛇口を開かないようにしてください。給水管から水が流れるからといって、排水管に到達するまで水を流してしまうと、流した分だけ排水管の凍結範囲を広げてしまう可能性があります。

 

また、水は個体になると体積が大きくなる特徴があるため、凍結範囲が拡大するにつれ、排水管が膨張していく点も要注意です。膨らみ過ぎた結果、破裂して高額な修理費用が必要になるケースもあります。

直接熱湯をかけない

排水管に直接お湯をかけると、急激な温度変化によって凍結部分が膨張し、破裂する恐れがあります。「熱湯をかけて一気に凍結を解消したい」と思う方もいるかもしれませんが、絶対にやめてください。

 

お湯をかけるときは、必ず50℃くらいのぬるま湯を使い、間接的に排水管を温めるように注意しましょう。また、万が一破裂してしまった場合には、できるだけ早く業者に修理を依頼するのがおすすめです。

 

素人が無理に触ると凍結の症状が悪化し、修理費用がさらに高額になってしまうケースもあります。

排水管の凍結防止グッズ

排水管凍結が起こる環境排水管凍結を未然に防止するうえで、ひと役買ってくれる代表的なグッズをご紹介します。

タオルやスポンジ

日頃より、自宅にあるタオルやスポンジを排水管に巻き付けておくことで、いざ外気が低下した日にも凍結を防げます。より大きな効果を得るためには、隙間を一切つくらないのがコツです。

 

排水管を覆うように巻き付けた後、上から水に強いビニールテープやラップ等でしっかり固定してください。屋外の排水管に施す際には、雨対策として上からビニール袋等をかぶせるといった工夫も必要です。

 

いずれも相当の数を要することになりますが、一つひとつの値段はそれほど高くありません。さまざまな凍結防止グッズの中でも家計への優しさが特徴です。

配管保温材

タオルやスポンジよりも保温性が高く、見栄えも良い配管保温剤は、見た目重視の方におすすめです。主な種類には、次のようなものが挙げられます。

  • ロックウール
  • ポリスチレンフォーム
  • グラスウール

そしてこれらは、用途や予算別に使い分けられています。排水管の凍結防止に重宝されているのが、3つの中でも安価に購入できるグラスウール素材です。

 

最近では、ネットショッピングやホームセンターなどでも販売されており、早急に取り付けたい場合も簡単に入手できます。

 

タオルやスポンジ同様、雨対策は欠かせません。屋外の排水管に施す際には、ビニールテープやラップ等でしっかり防水対策をしましょう。

凍結防止ヒーター

配管保温材以上の保温性を求める場合は、凍結防止ヒーターの導入を検討してみてください。

 

凍結防止ヒーターとは、自動で外気を感知して保温機能を作動させる便利なグッズです。さらには、一定の気温に達すると、自動で通電を停止させる機能まで持ち併せています。初期投資が必要ではあるものの、一度購入すれば、約10年~20年に渡り活躍してくれるのがポイントです。

 

消費電力が15Wや12Wなどさまざまなタイプを展開しているので、購入時は選び間違いのないように注意しましょう。一般的に、消費電力が大きい方が優れた保温性能を発揮し、値段も高い傾向にあります。

 

寒冷地では12Wだと保温性能が足りず、凍結してしまう可能性があるので、注意してください。

排水管が凍結した際は業者に依頼

排水管の凍結は、自力で解消できる可能性もあります。いずれの方法でも問題解決まで至らなかった場合には、専門業者に依頼することをおすすめします。

専門業者がおすすめの理由

これまであらゆる水回りのトラブルを解決してきた業者は、プロの目線で最適な対処法を実践し、早期に排水管の凍結を解消してくれます。凍結部分に膨張や破裂が見られ、緊急を要する問題にも迅速に対応してくれて安心です。

 

料理や皿洗いなど、日常生活において水を使うシーンは非常に多く、なかなか解決できずにいると衛生環境の悪化に発展してしまう恐れもあります。自力の対応に限界を感じ次第、早期に業者への依頼を検討しましょう。

排水管の凍結修理の料金相場

排水管の凍結修理を業者に依頼する場合の料金相場は、20,000円~50,000円程度と幅広いです。

 

凍結の症状によって費用は前後しますが、作業しやすい場所で20,000円~30,000円程度、作業が困難な場所で30,000円~50,000円程度を見積もっておくと良いでしょう。

 

また、依頼時間が早朝や深夜だと、通常の料金に深夜料金が上乗せされる場合もあります。後に業者との間で齟齬が生じないよう、事前に見積もりを出してもらって納得したうえで、修理をお願いするように注意してください。

排水管の凍結に困ったら

排水管排水管が凍結すると普段の生活にも支障をきたすため、早期解決を目指すのがベストです。トラブルの発生場所や症状の具合によって業者に依頼した方がいい場合もあるので、適宜判断してプロにお任せしましょう。

 

私たちクリーンライフでも排水管凍結時のご相談を受け付けています。他の水道に関わるさまざまなトラブルにも対応しているので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

⇒クリーンライフに排水管凍結トラブルの相談をしてみる

2022.11.25

排水管のつまりは、基本的に業者に依頼することをおすすめします。しかし、急な排水管のつまりは、自身で対処したい人もいるでしょう。

 

そこで今回は、排水管つまりの原因や対処法について解説します。

 

業者に依頼した場合の料金相場や業者の選び方についても解説するので、排水管のつまりにお困りの際は、ぜひ参考にしてください。

 

また、自身でできる解消法も解説するので、軽度のつまりであれば実践してみましょう。

【箇所別】排水管つまりの原因

排水管つまりの原因といっても、つまりの箇所によって異なります。

 

以下では5つの箇所による原因について解説するので、排水管のつまりを予防するための参考にしてください。

 

台所の排水管つまりの原因

台所の排水管の主なつまりの原因は、以下の3つです。

 

  • 油汚れ
  • 食べ物のカス
  • 洗剤の溶け残り

 

台所の排水管つまりの原因はいくつかありますが、主な原因は油です。油は粘度が高く、排水管にへばりついてしまいます。さらに油が食べ物のカスなどを吸着してしまうため、つまりの大きな原因となってしまうのです。

お風呂場の排水管つまりの原因

お風呂場の排水管の主なつまりの原因は、以下の3つです。

 

  • 髪の毛
  • 石鹸カス
  • 皮脂

 

主な原因となるのは、髪の毛類です。直接排水口に毛を流していると、排水管のなかで絡まって、つまりの原因になります。

 

ネットなどを使っていれば簡単に予防できるので、つまる前に取り除くようにするのも大事です。

洗面所の排水管つまりの原因

洗面所の排水管の主なつまりの原因は、以下の2つです。

 

  • 髪の毛類
  • 小さい固形物

 

洗面所の排水管つまりの原因は、主に髪の毛です。

 

また、洗面所はボトルキャップのような、小さい固形物をうっかり落としてしまう場所でもあります。固形物を流した際には、排水管を取り外す作業が必要になるため、注意すべき部分です。

洗濯機の排水管つまりの原因

洗濯機の排水管の主なつまりの原因は、以下の4つです。

 

  • 糸くず
  • 洗剤カス
  • 髪の毛
  • カビ

 

洗濯機は、排水管がつまる原因の多い場所です。糸くずや繊維などと洗剤カスが混じり、ヘドロ状態となって排水管をつまらせます。

 

放置すると臭いの原因にもなるので、早い段階で対処した方が良いでしょう。

トイレの排水管つまりの原因

トイレの排水管の主なつまりの原因は、以下の3つです。

 

  • 大量のトイレットペーパー
  • 固形物
  • 溶けにくい紙やペットの砂

 

トイレは、大量のトイレットペーパーでも、つまりの原因となってしまいます。その他、主なつまりの原因となるのが、お掃除シートなどの溶けにくい紙類やペットの砂です。

 

基本的に排泄物やトイレットペーパー以外のものは溶けにくいため、少しの不注意でつまらせてしまう可能性があります。

自分でできるワイヤーブラシを使った排水管つまり解消法

トイレの排水管トラブルにお困りの方へ

排水管のつまりは、ワイヤーブラシを使えば、自分でも対処できます。ただし、決して簡単ではありません。

 

以下でワイヤーブラシの選び方から使い方までを解説するので、参考にしながら行ってみてください。

 

ワイヤーブラシの使い方がわからなかったり、対処できなかったりする場合は、業者への依頼をおすすめします。

 

ワイヤーブラシの選び方

まずは、ワイヤーブラシの選び方について知っておきましょう。ワイヤーブラシには家庭用と業務用があります。

平均の長さ 平均価格 手動・自動
家庭用ワイヤ―ブラシ 1~10m 2,000~3,000円 手動
業務用ワイヤーブラシ 15~30m 1万~30万円 手動・自動

家庭用ワイヤーブラシは、素人でも扱えるような作りになっており、ホームセンターなどで手軽に購入できます。ただし、家庭用ワイヤーブラシを選ぶ際は、以下のポイントを確認しておきましょう。

 

  • 排水管に入る太さ
  • 奥まで届く長さ
  • ワイヤーの強度

 

とくに大事なのは、強度と長さです。長さがなければ、奥にあるつまりの原因を解消できません。また、排水管はS字やP字のようなカーブがあるので、長くても強度が弱い場合は、カーブ部分で折れてしまう可能性があります。

 

もしどのようなワイヤーブラシが良いか不安な場合は、ホームセンターのスタッフと相談しながら購入すると良いでしょう。

ワイヤーブラシの使い方

ワイヤーブラシの具体的な使い方について解説します。自身で排水管のつまりを解消する際は、以下のステップを参考にしてください。

 

  1. 壁や床などが汚れないように養生
  2. ワイヤーブラシを行き止まりまで差し込む
  3. ブラシが止まった部分で、回転させたり前後させたりして汚れを除去
  4. 汚れがとれて貫通したら、ワイヤーブラシを引き抜く
  5. 水を流してつまりが解消されているか確認

 

基本的には上記の方法でつまりは解消されますが、排水管がビニール素材の「蛇腹ホース」である場合は、ワイヤーブラシでのつまり解消は行えません。蛇腹ホースの耐久力が弱いため、穴が開いてしまう可能性があります。

 

ワイヤーブラシを使用する前に、排水管の素材についても確認しておきましょう。

その他自分でできるつまり解消法

ワイヤーブラシを使用する方法の他にも、排水管のつまりを解消する方法はいくつかあります。主な方法は、以下のとおりです。

 

  • ラバーカップ
  • 薬剤
  • 重曹とクエン酸
  • 高圧洗浄

 

箇所別の排水管つまり解消方法については、以下の記事で解説しているので、そちらも参考にしてください。

 

 

排水管つまりを業者に依頼した場合の料金相場

良質な水道業者

排水管のつまり解消を業者に依頼した場合の、料金相場について解説します。

 

業者に依頼するとなると、やはり多くの人は料金が気になるのではないでしょうか。

 

料金は業者によって異なりますが、クリーンライフの場合は以下の料金設定となっています。

作業内容 料金目安
軽度の排水管つまり 5,500円
中度の排水管つまり 16,500円
高度の排水管つまり 27,500円

 

以下では、排水管の調査料金、高圧洗浄機を使用した場合の料金相場などについて解説します。

排水管の調査の料金相場

排水管のつまりを業者に依頼すると、つまりの有無や現状を調査する場合があります。その際には「調査費用」がかかります。

 

調査費用は内容によって異なりますが、平均8,000~10,000円です。

 

さらに、漏水調査や専用機材を使った調査を行う場合は、10,000円以上かかる場合があります。不安な場合は、調査前に見積もりを出してもらってください。

高圧洗浄機を使用した場合の料金相場

排水管のつまり解消で高圧洗浄機を使用する場合は、10,000~30,000円が相場です。

 

ただし、マンションや戸建ての2階、つまりがひどい場合には、10万円を超える可能性もあるので、必ず見積もりをとっておきましょう。

 

参考としてクリーンライフの事例では、以下のようになります。

基本料金 3,300円
作業料金 27,500円
部品代 0円
合計 30,800円(Web割引適用で27,800円)

 

作業内容によって大きく料金が異なるので、事前に業者と相談しておきましょう。

トーラーを使用した場合の料金相場

トーラーというのは、業者用のワイヤーブラシのようなものです。ワイヤーの先端に金具がついており、つまりの原因を削ったり取り除いたりします。

 

トーラーを使った際の料金相場は、10,000~30,000円程度です。ただし、排水管の長さによって料金は変動します。

 

つまりが起きている箇所までの距離が長くなると、距離に応じて1,000~3,000円の追加料金がかかってしまうので、事前に追加料金についても確認しておいたほうが良いでしょう。

排水管つまりを頼む業者の選び方

ユニットバスの詰まりがひどい場合は業者に依頼

排水管がつまったときに業者に依頼する際には、業者の選び方にも注意してください。排水管のつまりを修理してくれる水道修理業者を検索すればいくつも出てきますが、なかには悪質な業者もいます。

 

実際に事前の見積もりよりも高額な請求をされたケースなどもあるので、注意しなければいけません。

 

その他、優良な業者を見つけるためには、以下のポイントを参考にしてください。

 

  • 相見積もりをとる
  • スピーディーに駆けつけてくれる業者を選ぶ
  • 安心できる業者を選ぶ

 

なぜそれぞれのポイントが重要なのか、以下で解説します。

 

相見積もりをとる

業者に依頼する際には、いくつかの業者から相見積もりをとっておきましょう。必ずしもすぐに一つの業者に決める必要はありません。

 

相見積もりをとった上で、一番安かったり料金に納得できたりする業者に決めましょう。ただし「安い」だけで選ぶと、追加オプションなどで高額請求されるケースもあるので、細かく内訳などについて説明してくれる業者を選ぶと良いです。

スピーディーに駆けつけてくれる業者を選ぶ

排水管のつまりは、いつ起きるかわかりません。早朝や夜中など、急につまりが発生する場合もあります。

 

そのため、迅速に対応してくれる業者を選びましょう。また、その際には、早朝料金や深夜料金、休日料金などが設定されているか確認してください。場合によっては、時間外料金だけで高額になる可能性があります。

 

さらに、最短の対応時間についても確認しておくと良いでしょう。基本的には修理業者の公式サイトに記載されています。

安心できる業者を選ぶ

水道修理業者には悪質な業者もいるので、安心できる業者を選びましょう。

 

安心できる業者を見つけるためには、以下のポイントを確認してください。

 

  • 水道局指定工事店
  • 実績
  • 口コミ

 

それぞれを確認しておけば、悪質な業者を避けられるでしょう。なお、水道局指定工事店とは、給水装置工事を適切に行えると認められた業者のことです。

 

ただし、口コミについては、個人の感想による悪評もあるので、参考程度としてください。

 

排水管のつまりを業者に依頼するなら

排水管のつまりを業者に依頼するなら、安心でき、かつスピーディーに対応してくれる業者を選びましょう。排水管のつまりはすぐに対処しないと、どんどん悪化してしまいます。また、水道局指定工事店であり、明朗会計の業者を選んでください。

 

私たちクリーンライフは、24時間365日駆け付ける、水道局指定工事店の業者です。

 

最短30分で駆け付け、高度なつまりの解消にも対応しています。急な排水管のトラブルでお悩みの際は、ぜひクリーンライフにご相談ください。

 

⇒クリーンライフに排水管のつまりを相談をしてみる

2022.11.25
水道トラブル
ならなんでも
クリーンライフご相談ください
水道のトラブルはなんでもご相談ください。水漏れやつまり、部品交換修理などクリーンライフでは水道に関わるあらゆるトラブルを解決いたします。漏水場所が判明しない場合でも水漏れ箇所の特定からご対応することが可能です。お困りごとがありましたら是非クリーンライフにご相談ください。
お電話1本
駆けつけます!
13:25 現在、お電話いただけましたら即日修理対応可能です!
24時間・365日対応
お見積無料
0120-423-152

\ 24時間・365日対応・出張お見積無料 /

0120-423-152

\最短30秒でご返信/

\専門スタッフが即対応!/