作業員待機中
13時25分現在、近くの作業員が最短30分〜でお伺いできます。
排水管トラブルの対処法・修理

排水管のつまりは、基本的に業者に依頼することをおすすめします。しかし、急な排水管のつまりは、自身で対処したい人もいるでしょう。

 

そこで今回は、排水管つまりの原因や対処法について解説します。

 

業者に依頼した場合の料金相場や業者の選び方についても解説するので、排水管のつまりにお困りの際は、ぜひ参考にしてください。

 

また、自身でできる解消法も解説するので、軽度のつまりであれば実践してみましょう。

【箇所別】排水管つまりの原因

排水管つまりの原因といっても、つまりの箇所によって異なります。

 

以下では5つの箇所による原因について解説するので、排水管のつまりを予防するための参考にしてください。

 

台所の排水管つまりの原因

台所の排水管の主なつまりの原因は、以下の3つです。

 

  • 油汚れ
  • 食べ物のカス
  • 洗剤の溶け残り

 

台所の排水管つまりの原因はいくつかありますが、主な原因は油です。油は粘度が高く、排水管にへばりついてしまいます。さらに油が食べ物のカスなどを吸着してしまうため、つまりの大きな原因となってしまうのです。

お風呂場の排水管つまりの原因

お風呂場の排水管の主なつまりの原因は、以下の3つです。

 

  • 髪の毛
  • 石鹸カス
  • 皮脂

 

主な原因となるのは、髪の毛類です。直接排水口に毛を流していると、排水管のなかで絡まって、つまりの原因になります。

 

ネットなどを使っていれば簡単に予防できるので、つまる前に取り除くようにするのも大事です。

洗面所の排水管つまりの原因

洗面所の排水管の主なつまりの原因は、以下の2つです。

 

  • 髪の毛類
  • 小さい固形物

 

洗面所の排水管つまりの原因は、主に髪の毛です。

 

また、洗面所はボトルキャップのような、小さい固形物をうっかり落としてしまう場所でもあります。固形物を流した際には、排水管を取り外す作業が必要になるため、注意すべき部分です。

洗濯機の排水管つまりの原因

洗濯機の排水管の主なつまりの原因は、以下の4つです。

 

  • 糸くず
  • 洗剤カス
  • 髪の毛
  • カビ

 

洗濯機は、排水管がつまる原因の多い場所です。糸くずや繊維などと洗剤カスが混じり、ヘドロ状態となって排水管をつまらせます。

 

放置すると臭いの原因にもなるので、早い段階で対処した方が良いでしょう。

トイレの排水管つまりの原因

トイレの排水管の主なつまりの原因は、以下の3つです。

 

  • 大量のトイレットペーパー
  • 固形物
  • 溶けにくい紙やペットの砂

 

トイレは、大量のトイレットペーパーでも、つまりの原因となってしまいます。その他、主なつまりの原因となるのが、お掃除シートなどの溶けにくい紙類やペットの砂です。

 

基本的に排泄物やトイレットペーパー以外のものは溶けにくいため、少しの不注意でつまらせてしまう可能性があります。

自分でできるワイヤーブラシを使った排水管つまり解消法

トイレの排水管トラブルにお困りの方へ

排水管のつまりは、ワイヤーブラシを使えば、自分でも対処できます。ただし、決して簡単ではありません。

 

以下でワイヤーブラシの選び方から使い方までを解説するので、参考にしながら行ってみてください。

 

ワイヤーブラシの使い方がわからなかったり、対処できなかったりする場合は、業者への依頼をおすすめします。

 

ワイヤーブラシの選び方

まずは、ワイヤーブラシの選び方について知っておきましょう。ワイヤーブラシには家庭用と業務用があります。

平均の長さ 平均価格 手動・自動
家庭用ワイヤ―ブラシ 1~10m 2,000~3,000円 手動
業務用ワイヤーブラシ 15~30m 1万~30万円 手動・自動

家庭用ワイヤーブラシは、素人でも扱えるような作りになっており、ホームセンターなどで手軽に購入できます。ただし、家庭用ワイヤーブラシを選ぶ際は、以下のポイントを確認しておきましょう。

 

  • 排水管に入る太さ
  • 奥まで届く長さ
  • ワイヤーの強度

 

とくに大事なのは、強度と長さです。長さがなければ、奥にあるつまりの原因を解消できません。また、排水管はS字やP字のようなカーブがあるので、長くても強度が弱い場合は、カーブ部分で折れてしまう可能性があります。

 

もしどのようなワイヤーブラシが良いか不安な場合は、ホームセンターのスタッフと相談しながら購入すると良いでしょう。

ワイヤーブラシの使い方

ワイヤーブラシの具体的な使い方について解説します。自身で排水管のつまりを解消する際は、以下のステップを参考にしてください。

 

  1. 壁や床などが汚れないように養生
  2. ワイヤーブラシを行き止まりまで差し込む
  3. ブラシが止まった部分で、回転させたり前後させたりして汚れを除去
  4. 汚れがとれて貫通したら、ワイヤーブラシを引き抜く
  5. 水を流してつまりが解消されているか確認

 

基本的には上記の方法でつまりは解消されますが、排水管がビニール素材の「蛇腹ホース」である場合は、ワイヤーブラシでのつまり解消は行えません。蛇腹ホースの耐久力が弱いため、穴が開いてしまう可能性があります。

 

ワイヤーブラシを使用する前に、排水管の素材についても確認しておきましょう。

その他自分でできるつまり解消法

ワイヤーブラシを使用する方法の他にも、排水管のつまりを解消する方法はいくつかあります。主な方法は、以下のとおりです。

 

  • ラバーカップ
  • 薬剤
  • 重曹とクエン酸
  • 高圧洗浄

 

箇所別の排水管つまり解消方法については、以下の記事で解説しているので、そちらも参考にしてください。

 

 

排水管つまりを業者に依頼した場合の料金相場

良質な水道業者

排水管のつまり解消を業者に依頼した場合の、料金相場について解説します。

 

業者に依頼するとなると、やはり多くの人は料金が気になるのではないでしょうか。

 

料金は業者によって異なりますが、クリーンライフの場合は以下の料金設定となっています。

作業内容 料金目安
軽度の排水管つまり 5,500円
中度の排水管つまり 16,500円
高度の排水管つまり 27,500円

 

以下では、排水管の調査料金、高圧洗浄機を使用した場合の料金相場などについて解説します。

排水管の調査の料金相場

排水管のつまりを業者に依頼すると、つまりの有無や現状を調査する場合があります。その際には「調査費用」がかかります。

 

調査費用は内容によって異なりますが、平均8,000~10,000円です。

 

さらに、漏水調査や専用機材を使った調査を行う場合は、10,000円以上かかる場合があります。不安な場合は、調査前に見積もりを出してもらってください。

高圧洗浄機を使用した場合の料金相場

排水管のつまり解消で高圧洗浄機を使用する場合は、10,000~30,000円が相場です。

 

ただし、マンションや戸建ての2階、つまりがひどい場合には、10万円を超える可能性もあるので、必ず見積もりをとっておきましょう。

 

参考としてクリーンライフの事例では、以下のようになります。

基本料金 3,300円
作業料金 27,500円
部品代 0円
合計 30,800円(Web割引適用で27,800円)

 

作業内容によって大きく料金が異なるので、事前に業者と相談しておきましょう。

トーラーを使用した場合の料金相場

トーラーというのは、業者用のワイヤーブラシのようなものです。ワイヤーの先端に金具がついており、つまりの原因を削ったり取り除いたりします。

 

トーラーを使った際の料金相場は、10,000~30,000円程度です。ただし、排水管の長さによって料金は変動します。

 

つまりが起きている箇所までの距離が長くなると、距離に応じて1,000~3,000円の追加料金がかかってしまうので、事前に追加料金についても確認しておいたほうが良いでしょう。

排水管つまりを頼む業者の選び方

ユニットバスの詰まりがひどい場合は業者に依頼

排水管がつまったときに業者に依頼する際には、業者の選び方にも注意してください。排水管のつまりを修理してくれる水道修理業者を検索すればいくつも出てきますが、なかには悪質な業者もいます。

 

実際に事前の見積もりよりも高額な請求をされたケースなどもあるので、注意しなければいけません。

 

その他、優良な業者を見つけるためには、以下のポイントを参考にしてください。

 

  • 相見積もりをとる
  • スピーディーに駆けつけてくれる業者を選ぶ
  • 安心できる業者を選ぶ

 

なぜそれぞれのポイントが重要なのか、以下で解説します。

 

相見積もりをとる

業者に依頼する際には、いくつかの業者から相見積もりをとっておきましょう。必ずしもすぐに一つの業者に決める必要はありません。

 

相見積もりをとった上で、一番安かったり料金に納得できたりする業者に決めましょう。ただし「安い」だけで選ぶと、追加オプションなどで高額請求されるケースもあるので、細かく内訳などについて説明してくれる業者を選ぶと良いです。

スピーディーに駆けつけてくれる業者を選ぶ

排水管のつまりは、いつ起きるかわかりません。早朝や夜中など、急につまりが発生する場合もあります。

 

そのため、迅速に対応してくれる業者を選びましょう。また、その際には、早朝料金や深夜料金、休日料金などが設定されているか確認してください。場合によっては、時間外料金だけで高額になる可能性があります。

 

さらに、最短の対応時間についても確認しておくと良いでしょう。基本的には修理業者の公式サイトに記載されています。

安心できる業者を選ぶ

水道修理業者には悪質な業者もいるので、安心できる業者を選びましょう。

 

安心できる業者を見つけるためには、以下のポイントを確認してください。

 

 

それぞれを確認しておけば、悪質な業者を避けられるでしょう。なお、水道局指定工事店とは、給水装置工事を適切に行えると認められた業者のことです。

 

ただし、口コミについては、個人の感想による悪評もあるので、参考程度としてください。

 

排水管のつまりを業者に依頼するなら

排水管のつまりを業者に依頼するなら、安心でき、かつスピーディーに対応してくれる業者を選びましょう。排水管のつまりはすぐに対処しないと、どんどん悪化してしまいます。また、水道局指定工事店であり、明朗会計の業者を選んでください。

 

私たちクリーンライフは、24時間365日駆け付ける、水道局指定工事店の業者です。

 

最短30分で駆け付け、高度なつまりの解消にも対応しています。急な排水管のトラブルでお悩みの際は、ぜひクリーンライフにご相談ください。

 

⇒クリーンライフに排水管のつまりを相談をしてみる

2022.08.31
水道トラブル
ならなんでも
クリーンライフご相談ください
水道のトラブルはなんでもご相談ください。水漏れやつまり、部品交換修理などクリーンライフでは水道に関わるあらゆるトラブルを解決いたします。漏水場所が判明しない場合でも水漏れ箇所の特定からご対応することが可能です。お困りごとがありましたら是非クリーンライフにご相談ください。
お電話1本
駆けつけます!
13:25 現在、お電話いただけましたら即日修理対応可能です!
24時間・365日対応
お見積無料
0120-423-152

\ 24時間・365日対応・出張お見積無料 /

0120-423-152

\最短30秒でご返信/

\専門スタッフが即対応!/